フォト
無料ブログはココログ

趣味

2018年9月23日 (日)

土曜の夜は星空観望会

9月22日 土曜の夜は‟星空カフェ 観望会”に参加してきました。

中秋の名月を前に怪しい空模様でしたが雲間からのぞく火星、土星に

一喜一憂。

中秋の名月一歩手前の月齢22の月も雲間に見え隠れ。

皆さん辛抱強く月や火星、土星が出てくるのを待つ間は

ネット販売の社長の月旅行やはやぶさ2の話題で盛り上がっていました。


雲の間から姿を見せた火星を指さし

P1060542_a


天候はイマイチでしたが2時間ほどの観望会を楽しむことができました。


よっし~さん、demioさんお世話になりました。


    


そして今日はダブルで墓参り。

Img_1209


あぁ~夜遊びは来月に持ち越し模様(;ω;)




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年9月16日 (日)

二重星団(h-χ) 

雲間のジャコビニ・チンナー彗星を撮った後、天頂付近の

雲の切れ間に30分1本勝負の賭けに出ました。

狙いはカシオペア座付近の有名処 二重星団(h-χ)

NGC884&869そしてNGC957とSt2

Hawb_201895_2

   2018.9.6  02h40m~
タカハシ FS60CB RD0.72X
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60 f240ガイド鏡
Canon Eosx7i改 LPR-Nフィルター ISO1600 180sX6枚
いつもの森


二重星団の延長線上右手にはNGC957、そして左下隅には

大型でまばらな散開星団St2の一部と思われる星々が。

肉眼でも見える二重星団と言われますが爺イには無理というもの

そこは双眼鏡のお世話になりましょう。
 



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年9月14日 (金)

番外 ク・クルマが!リコール

電話が。。。。ピンポンパンポン♬ピンポンパンポン♬

朝刊でP車のリコール記事を目にしていたのでもしかしたら!

ビンゴ! ディーラー担当者から「お車、リコールです」

愛車はP車をベースにしている部分が多いのでもしかしたらと思っていたんですが。

P1060538bb_toyota_chr


半年点検と一緒に対応をしてもらいました。

内容的には緊急性は低度で電装ケーブルの被覆強化のために

保護材で強化、作業所要15分程度とはいえ最悪車両火災に至るおそれと

言われれば余り良い感じはしないもんです。

今朝の朝刊にもS社、M社のリコール記事がありましたね。



盗撮された愛車(o^-^o)

008chr_a

8/17 ご一緒したlayout3さんに知らない間に盗撮された愛車と

天の川と火星。

盗撮ありがとうございました。(o^-^o)







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年9月 9日 (日)

ハート&ソウル 鋭い謎の閃光

先月のお盆明けに新規導入のレデューサーのお試しで

夜遊びに出かけましたが、イヤー寒いのなんのって参りました。

北アメリカとペリカン星雲は良い塩梅に収まり続いて選択したのが

カシオペア座のハート&ソウル星雲を同一画角に。。。。。

One_15p_1p_wwbbcc
  2018  8/18  01h03m~
タカハシ FS60CB  RD 0.72x
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240mmガイド鏡
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 180sX15枚+1枚
いつもの森

直焦点で撮影している中に閃光が飛び込んできたのは初めての

出来事!

ペルセウス座方向から来たとすればペルセウス座流星群の最後っ屁

みたいなもんでしょう。

それにしてもポタ赤で撮影した中にもひとつ、直焦点でもひとつ、

レデューサー使用してなければ写らなかったでしょう。

ラッキー!!!



  寒さから逃れて車中で聞いていた曲は

    

♬ Amapola  by Ennio Morricone





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

にほんブログ村

2018年9月 6日 (木)

ぎょしゃ座を通過するジャコビニ・チンナー彗星

強烈な台風21号は去り台風一過の夜空とはなりませんでしたが

少しの期待をGPVに賭けいつもの森へ。

現地で先客のお二人に挨拶し北極星が見えるうちにセッティング完了。

先客のお一人はなんと天体こたつのヒントをいただいたWRXさん

久しぶりのご対面。

セッティング終了後もうひと方が到着。

初めてお会いするあのSkyMax(改)+C-14を操る☆男さん。


なかなか雲が消えない中で雲のすきまから

ジャコビニ・チンナー彗星を

B_8p_sn_a
 2018 9/6 02h01m~
タカハシ FS60CB RDX0.72
VIXEN SXP
Canon Eosx7i(改) ISO1600 60sX8枚 彗星追尾
いつもの森

GPVでは夜中のお昼を過ぎるころから夜空一面星星星の予報でしたが

そうは問屋も卸さず時々見え隠れするぎょしゃ座のカペラを見ながら

雲間の彗星を狙ってみました。

晴れ待ちの間WRXさん、☆男さんの公設天体観測施設のお話など

経験談に時間を忘れる思いでした。


結局、森から月齢26の月が顔を出すころ星空が広がりましたが

もはやアフター・THE・カーニバル。



お土産代わりに撮った月

Img_0184_zz


地球照も
Img_0195_z

手ぶらでは帰れなかったのでこれで良しとしますが

それ以上にWRXさん、☆男さんにお会いできたのは

大きな収穫でした。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年9月 4日 (火)

遅ればせながらNGC7000と。。。

今年の夏の猛暑は正常な判断力もを惑わす異常な

天候でした。

判断力を失った結果手にしたものはレデューサーC0.72x

FS60CB専用のレデユーサーで焦点距離を355㎜→255㎜(f/4.2)

望遠レンズ並みの焦点距離となり撮影対象の幅も広がるってもんです。

レデューサー導入初日に鏡筒を向けた先は定番の

Ngc7000_2018817_rd072a
  2018 8/17 23h45m~

タカハシ FS60CB RDX0.72
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60 f240㎜ガイド鏡
Canon Eos7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 180sX12枚
いつもの森


レギュラーの焦点距離では北アメリカ星雲のみの画像となりますが

0.72倍の焦点距離では影の薄いペリカン星雲も撮り込めます。

露光時間も普段5分ほどを掛けていましたが3分でヒストグラムも

ほど良いグラフになり今後時短枚数増の撮影が可能。



Img_1191


それなりにメリット、恩恵は受けますが。。。。。。。

¥00.000は高~~~い!


戦備拡充はこれで打ち止め!



  この夏に発売されたタカハシ FC/FSマルチフラットナー1.04X


  謳い文句は ‟時代の流れに対応し高性能化した”。。。。


  なかなか良さそう、価格も。。。。。お手頃か!

  いや~もう腹いっぱいです。



 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月31日 (金)

カシオペア座と流星

今年のペルセウス座流星群には撃沈し、落ち込む気持ちを切り替えて

一週間後には夜遊び決行。

現地には10名ほどの同好者が久しぶりの星空を求めて終結し満員御礼の

状態。しかし風は強く寒さに泣かされ設置した20㎝反射は諦め小型屈折で

仕切り直し。

仕切り直した鏡筒での画像は後日ということで、ポタ赤で無作為で撮って

いた中に。。。

Ryuusei8p_1p_x_zz
  2018 8/18 02h48m~
Canon EosX2 seo-sp3 ISO1600 60sx8枚+1枚(比較明)
SIGMA 17-70 f2.8 17mm  プロソフトンA
ポラリエ使用 県民の森

デネブ方向からカシオペア座下方向に流れ星か?

同好者が 「ウォ~でかい! もしかしたら写っているかも」

写っていましたヽ(´▽`)/


薄明開始が03h30m、東の空にはすばるが登場

M45_2018817kenmin_a
  2018 8/18 02h14m~

いや~それにしても寒かった。

寒さに負けて車内でヌクヌクしながら聞いていたのは

 ♬ Dream A Little Dream of Me

                 by Mama Cass & Elliott





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月29日 (水)

秋 序章 早生物アンドロメダ銀河

地元さいたま市は猛暑日22日、真夏日57日と平年値を

大幅に上回り、県内あの熊谷市ではさらに猛暑日36日、真夏日66日。

全国的に鬼のような暑さの夏でした。

いやいや、まだ暑い夏は終わっていませんね。



星空は地上の暑さをよそに秋の星座が広がり、あの星雲星団も

顔を出し始めました。


M31 アンドロメダ銀河
M31_201889_xv
  2018.8/9  23h58m~
タカハシ FS60CB F6 フラットナー
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240mm (ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sX7枚
妙義山


秋の銀河もまだ色付く前の8月の収穫なのでバルジは育っているが

ディスクの部分は今ひとつ迫力に欠けます(笑い

露光、枚数不足で銀河を強調すると背景に難が出てしまうので

早生ものアンドロメダ銀河ということで旬が来るまでもう少し

待ちましょう。



PS 過去の画像を見返していたら

New1m31_2013810a

2013年 .8/10に戦場ヶ原で3分X4枚画像

怖さ知らずで無理やりの協調画像、撮影地の環境の違いもありますが

5年の歳月が保守的な画像処理にしてしまったのかは分かりません。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

にほんブログ村

2018年8月24日 (金)

ペリカン星雲

この夜はペルセウス座流星群の極大日に近く多くの流星を

見ることでき、夜半を過ぎてから鏡筒を載せ替えて惑星から

星雲撮影へ。

薄明開始までの1時間を使って筒を向けたのはペリカン星雲

Ic5067
  2018 8/10  02h32m~
タカハシ FS60CB フラットナー
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sx8枚
妙義山

ペリカン星雲が引き立つには矢張りあの星雲が必要でしょう。

5月に撮影した北アメリカ星雲をICEで合体させてみました。

C_2a_stitchxxzzaabb


そうですね、ペリカン星雲の立ち位置はこうでなければいけませんね。

ペリカン星雲は相棒があってこそ存在感が増します。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月23日 (木)

真夏の夜の正夢 VIXEN X1.9EXTENDER

真夏の夜の正夢は突然やってきました。

以前よりR200SS用のエクステンダーを探していましたが

メーカーでは製造終了、ヤフオクにもまず出てこない。

VIXENでは新たにエクステンダーPH X1.4が発売になるらしいが

多分手が出せない価格になると思います。

その諦めていたエクステンダーが。。。。。。

越後の雄 雲上さんよりエクステンダーを譲っていただけるという

お話をいただきました。


Img_1193vixen_extender

雲上さんありがとうございます。

中々試写も出来ずにいましたが、昨夜風は強いが

火星はギラギラ輝いているので火星を試写対象に。

CMOSで電子観望兼ねて筒を向けるが揺らぎが止まらずピントも

決まらないので対象を月に変更

Moon_22_54_04_nijinoirie  
   2018 8/21 22h54m
VIXEN R200SS Extender X1.9 1.500mm
VIXEN SXP
ZOW ASI120MC SharpCap3 AutoStakkert3 RegiStax6 SI7で処理 
田圃畦道にて


私、恥ずかしながら月面は素人で何処を撮影したかもわからないので

調べました。

「虹の入り江」という風向明媚なとこらしい(笑い)

ほかにも絶景、景勝地があるようなので時々月に筒を向け拡大撮影を

楽しめそうです。



改めて雲上さんありがとうございます。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー