フォト
無料ブログはココログ

趣味

2017年6月28日 (水)

続 暗黒星雲 B92、93!

前回の暗黒星雲B142-3に続き今回はB92、B93です。

天の川の「いて座スタークラウド」と呼ばれる微恒星雲の中にB92、93はあります。

と言うよりも皆さん「バンビの横顔」でお馴染みの目に当たるところですね。

B92ccs2
  2017 5/30  02h52m~
タカハシ FS60CB  355mm フラットナー
VIXEN  SXP     SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60xf240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 180Sx8枚
(薄明開始2h50m12枚中最後の4枚はボツ)
奥秩父山の中

355mmでは画面いっぱいに広がるバンビの横顔になり、もう少し輪郭を

出したいのですがこれ以上進めるとバンビがゾンビに変身しそうなので首飾り

(IC1284)がほど良いところで処理は終了です。


B92ccs2_2


M24については他のメシエ天体とは異なり特定の天体ではなく、NGC6603

領域に含まれる小さな散開星団(Wikipedia)という事ではたして上に示した

小さい散開星団がM24なのか資料を読むにつれて?になります。

  



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月25日 (日)

わし座暗黒星雲B142-3

赤い散光星雲の派手さと比べると地味な暗黒星雲ですが、夏の天の川には

へびつかい座のS字状星雲をはじめ大小さまざまな暗黒星雲が見られます。

今回はわし座の暗黒星雲B142ー3 ギリシャ文字 ξ (クシー・ギリシャ読み)の形に

似ています。

まぁ似ているといっても普段身近に感じることのない文字ですね。



わし座 B142-3(暗黒星雲)

B143ctr_300x8_170529
  2017 5/30   02h00m~
タカハシ FS60CB 355㎜ フラットナー
VIXEN  SXP    SS-oneAutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60X240㎜(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX8枚
奥秩父山の中


わし座アルタイルの北西3度の位置にありあります。
B143
   はくちょう座と夏の大三角形

B143_tra

 お馴染みコートハンガー(Cr399星団)の方が目立ちますね。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月23日 (金)

猫に手はあるのか? IC4681他

4月30日に撮影したM8&M20には猫の手が入らない構図で

撮ってしまったので丁度一か月後の5月29日に撮り直してみました。

“猫の手”。。。。猫に手が?  猫の足ではなかろうか!

“猫の手も借りたい”なんていう言葉もあるので、まぁそんな事を気にしても

しょうがないし、あちこちでそう呼ぶので猫の手なんでしょう。



M8 M20 (NGC6559 IC4681 IC1274)
M8m20ic1274_170529
  2017 5/29  23h23m~
タカハシ FS60CB 355mm  フラットナー
VIXEN  SXP   SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60x240mm(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 300sX8枚
奥秩父山の中



調べてみると猫の手!の構成はNGC6559 IC4681 IC1274になるようです。

Ic4681_ic1274_170529


爪のあたりがIC1274、ミニカリフォルニア星雲のようなNGC6559

そして手のひらあたりがIC4681。


元画像を見ると猫の手部分は赤くしてやったりと思いましたが処理をしてみると

思うように姿が浮かび上がって来ません。

これ以上進めるとM8、M20が爆発しそうなので無理は禁物ってところで

抑えました。



  元画像300s ISO1600 1枚Jpeg
Ic1274_170529x_2










にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月20日 (火)

天の川を溯っていくとM31

梅雨の中休みか、GPVを見ると久しぶりに関東地方は黒々。

騙されたつもりで出かけてみると夜半に近づくにつれ天の川は濃くなり、

双眼鏡でサソリの尻尾からはくちょう座へと濃淡のある天の川を楽しむことが

出来ました。

しかし、はくちょう座からカシオペア座に目を移すともうそこには濃淡の世界は

無く、かわりに二重星団hーχがくっきりと、カシオペア座の東側には真綿の

ように見えるあの大きな銀河がもう見えるんですね。

月が出て1時間ほど経過してますがとりあえず撮ってみました。


M31 アンドロメダ銀河
M31_170621a
  2017 6/20  01h52m~
VIXEN R200SS  F4 コマコレ3
VIXEN SXP      SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM   D60x240mm(ガイド鏡)
Canon EosX7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 3分X4枚
県民の森


今シーズンお初の撮影なのにガイドが、月明かりが、撮影の行く手を阻み

使用出来た画像は4枚のみと残念な結果ですが本番は一か月後です。

 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月17日 (土)

さそり座の男の見上げる先は

  ♫ いいえ、私はさそり座の。。。。。♫

さそり座の男はやはりこの時期南の夜空に強く魅かれます。

さそり座からいて座、へびつかい座、たて座と流れる天の川は

美しくとても賑やかな撮影対象が点在し個別に撮るも良し

まとめて星野写真も良し、時間を忘れさせてくれるエリアですね。


  いて座付近の天の川
Amanogawa42mm170521_zzx
  2017 5/21  02h12m~
Canon Eosx2 Seo-Sp3  ISO1600 180sX4枚
SIGMA 17-70 42mm f3.5 プロソフトンフィルター付
VIXEN GPD ノータッチガイド
戦場ヶ原


Amanogawa42mm
  ステラナビゲーター9より




天の川を遡上するとそこにははくちょう座が

Bxxzs_2
  2017 5/21  01h20m~
Canon Eosx2 Seo-Sp3  ISO1600  180sX6枚
SIGMA  17-70  42mm f3.5 プロソフトンフィルター付
VIXEN GPD ノータッチガイド
戦場ヶ原


プロソフトンフィルターを装着したのが正解か否か悩みどころなので次回再チャレンジ。




天の川を見上げるさそり座の男
P5210004_kokounoroujinn
 この日ご一緒したlayout3さんの盗撮より(o^-^o)

 layout3さんありがとうございます。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月14日 (水)

網状星雲 NGC6960

はくちょう座の網状星雲NGC6960です。

前回のNGC6992の西側にある超新星の残骸でNGC6992と比べると

細いフィラメント構造が絡み合いまるで天女の羽衣のように見えます。

と言っても天女の羽衣も網嬢の悩める姿も見たことがありません。(^-^;


 NGC6969(網状星雲) はくちょう座
Ngc6960_20170521
  2017 5/21  02h23m~
VIXEN  R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP    SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60x240mm(ガイド鏡)
Canon Eosx7i (改) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX8枚
戦場ヶ原


前回のNGC6992は背景、微恒星を意識し星雲全体がボケた感じでしたが

今回は星雲を強調してみました。

   “案の定!との当然!あの唖然”の背景です。

残念ながらモザイクは考えていなかったので単品での掲載になりましたが

今月初旬に短焦点で2つの星雲を一緒に撮っているので近日中の公開を

目指し画像処理中です。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月11日 (日)

網状星雲 NGC6992

夏の星雲の風物詩

網状星雲NGC6992ははくちょう座の翼の近くにあり超新星の残骸星雲です。

残骸星雲としてNGC6992の西側にはNGC6960があり両方ともフィラメント

構造の美し星雲ですが今回は東側のNGC6992を単体で撮ってみました。


NGC6992(網状星雲) はくちょう座
Ngc6992_170520_3006si7_3
  2017  05/21  01h10m~
VIXEN  R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP      SS-one AutoGuider Light&ZWO ASI120MM
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200   300sX8枚
日光戦場ヶ原

微恒星を目立たなくしましたが余り効果が無いようで星雲のフィラメント構造など

がぼやけ気味になってしまいました。

いつも感じるんですが、有頭大正海老か有頭ブラックタイガーに見え、伊勢海老と

いうには豪華すぎますね。

(絵心がないので残念ながら海老の絵は描けません)


当然、次回は網状星雲の片割れNGC6960です。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年6月 7日 (水)

男体山を覆う天の川 

年に数回夜遊びで利用する奥日光ですが標高1500mの高所は

星の数が違います。

勿論、天の川も肉眼で楽しむことが出来、男体山を覆うような天の川を

撮ってみました。


95363
  2017 5/21  00h23m35s
  VIXEN GPD赤道儀
 CANON EOSX2 Seo-Sp3  ISO1600 180秒 RAW1枚処理
 SAMYANG 14mm F2.8  フィルターレス



夏の天の川 夏の三角

9533si7a_180x8_1600
 2017 23h48m~
VIXEN  GPD赤道儀
Canon EosX2 Seo-SP3 ISO1600  180sX8枚
SAMYANG  14mm F2.8  フィルターレス

夏の三角を強調するにはフィルターを使用すれば良かったんですが

このSAMYANG14mmに手作りアダプターでレンズ前にフィルター付けると

ケラレが出るのであえてフィルターレスにしました。


ご存知の方も多いかと思いますがここは 奥日光・戦場ヶ原 三本松駐車場です。

Img_0236






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年6月 4日 (日)

S字状星雲(へびつかい座)

天の川に点在する暗黒星雲の中でアルファベットのSの様に見える

B72(S字状星雲)を今回は800mmの焦点距離を使って大文字でSの字

撮ってみました。


B72(S字状星雲) へびつかい座
B72_s_b_20175
 2017 5/21  00h04m~
VIXEN  R200SS F4 コマコレ3
VIXEN  SXP      SS-one AutoGuider Light  ZWO ASI120MM
Cano Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 300sx8枚
戦場ヶ原にて


Sの字の左下にはバーナードカタログナンバーB68、B69、B70が見えます。




  だいたいこの辺です
B72_s_2
  ステラナビゲーターより

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年6月 2日 (金)

おとめ座M58と衝突銀河

タイトルをM58と衝突銀河としましたが、この夜は衝突銀河NGC4567、NGC4568を

主役に狙っています。

遠目に見ると蝶の舞のような姿のふたつの銀河は12等級と暗く地味なためM58を

センターに寄せ気味の構図にしてみました。まあ何となく締まった感じかも!

あとからメシエ天体ビジュアルガイド(中西昭雄著)を見ると同じような構図で

掲載されていました。



NGC4567+NGC4568 M58(おとめ座)Ngc4567_2017520
  2017 5/20  21h45m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN SXP       SS-oneAutoGuider Light & ZWO ASI120MM
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3600 360sX10枚
日光 戦場ヶ原

有名な衝突銀河としてブログにも登場するアンテナ銀河(NGC4038、NGC4039)

などがありますが、あのアンドロメダ銀河も天の川銀河と衝突するというのは有名な

お話、ただ40億年後なのでどうなるのか想像もつきませんね。


Ngc4567_2017520b




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけるとチョット幸せ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー