フォト
無料ブログはココログ

« M50を見つめるIC2177 | トップページ | 冬の横綱星雲 M42&IC434 »

2020年1月11日 (土)

沈むすばる、そして沈む。。。。

元旦の朝といえば初日の出ですが

夜遊び星族の元旦の定番は沈むすばると三ツ星。

そんな話は聞いたことがありませんが初日の出の3時間前の

西空です。



群馬の山陰に落ちるすばる
2020




参拝客で賑わう神社の先に沈むオリオン座三ツ星
2020_20200111135901


 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

« M50を見つめるIC2177 | トップページ | 冬の横綱星雲 M42&IC434 »

コメント

こんにちは。
望遠による星景写真も面白いですね。
開放時間が長くなるので難易度が高いですが。
最近の高感度カメラならうまく撮れるのでしょうか。

テナーさん、こんにちは。

いよいよスバルもオリオン座も見納めの季節になってきましたね。
なんだか寂しく、名残惜しいです。

ヤマボウシさん
あまりの寒さに気を紛らせるためにGPDでカメラ撮影、60mmほどで2分x8枚のすばるとJPEG1枚の三ツ星と無計画の撮影です。
山蔭に姿を消していく星座をみるのは何となく。。。。な気持ちになりますね。

layout3さん
いつもコメントありがとうございます。
たまたま思いつきで撮ったので味のない画になってしまいました。
季節の移り変わりは。。。。な感じですね。

こんにちは
「沈む」お題で2点。
やはり何となく哀愁が漂ってきます。
なんでだろ?

悠々遊さん
何故か西空に沈む星座を見ると哀愁を感じますね。
また反面朝方、東の空には春、夏の星座が昇って来ると春近しを感じ季節感が麻痺しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« M50を見つめるIC2177 | トップページ | 冬の横綱星雲 M42&IC434 »