フォト
無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

オリオン座、です。

早いもので1月も終わりですね。

年々、一週間、一カ月が超特急で過ぎ去っていきます。

考え方によっては待ち遠しい新月期もイライラしながら

待つことなく、サァ~と来てサァ~と去っていく物足りなさを

感じています。


今回は少し左に寄った オリオン座、 です。


Orion-201911-xvw
  2020 1/1 00h46m~
Canon Eosx2 seo-sp3 ノンフィルター
Canon EF24-105 f4 50mm ISO1600 120sX12枚
VIXEN OLD GPD 

先ほど年末に受診した人間ドックの結果を聞きに病院へ行ってきましたが

アンの定、トの当然、アの唖然 メタボは自覚もあり馬耳東風ですが

胃に、胃に!炎症があり再検査のご招待を受けてしまいました。

まあ、年齢を考えればよくあることでしょう。

あまり得意ではない胃カメラ・オェ~オェ~をまたやるとは

参った参ったです。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 ↑ここを押していただけると少し幸せ

2020年1月25日 (土)

さるとクラゲ。。。

新月期の一番おいしい時期の天気予報は

曇り、雨、雪のオンパレード。

早くもあきらめムード!


今回は年越し夜遊びで撮ったさるとクラゲ。。。。

サル、クラゲ、馬にカニとマア動物の名前で呼ばれる

対称の多いこと。

よく見ればそれなりに見えるから摩訶不思議。


M42と馬頭星雲を撮った後、鏡筒を北東方向に

持ち上げてさるとクラゲを無理やり写角内に導入。


202011
  2020 1/1  03h39m~
タカハシ FS60CB x0.72RD
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改)ISO1600 240sx8枚
群馬山の中で年越し


毎度のことですがクラゲの頭はもっこり浮き上がりますが

足の表現が中々難しく、今回はちょっと強めにググっと。

結果、背景に赤みが残った感じが残念。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 ↑ここを押していただけると少し幸せ

2020年1月21日 (火)

パンスターズ彗星  hχに接近

昨日は二十四節気のひとつ大寒で1年中で一番寒い時季。

本当に寒いかどうかここはひとつ夜遊びで確認。

今週から来週中にかけての天気予報は期待できず

パンスターズ彗星の動きも撮れるときに撮らねばと

イザ奥秩父山の中へ。


2020-120
 2020.1.20 22h01m~
タカハシFS60CB フラットナー 355mm
VIXEN SXP  
Canon Eos x7i(改)ISO6400 120sX8枚
奥秩父山の中

二重星団近くを今週から来週にかけて移動するパンスターズ彗星

24日~26日が見ごろのようですがどうも天気がいま一つ!

ということで少し早めに二重星団とのコラボ撮影です。


もうひとつ。

山の木の葉に摘ままれそうなパンスターズ彗星

R200ss-2020120
 2020.1.21 01h36m~
VIXEN R200SS コマコレ
VIXEN SXP
Canon Eosx7i(改)ISO6400 60sX8枚
奥秩父山の中

 


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 ↑ここを押していただけると少し幸せ

2020年1月16日 (木)

冬の横綱星雲 M42&IC434

年が明けて早くも冬の横綱星雲M42(オリオン星雲)は午後9時半を

過ぎると子午線を超えてしまい午前3時半には西の地平線に沈んでしまいます。

オリオン座を楽しむのもあと僅か、チャンスがあれば長焦点で撮っておきたい

ものです。


今回はFS60Bにレデューサーを装着してM42と馬頭星雲を絡めて

撮ってみました。

M42-ic434-2020-11
  2020 1/1  02h09m~
タカハシ FS60CB X0.72RD 
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改) ISO1600 240sX16枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
群馬山の中で年越し


横綱級の星雲を一画面に複数撮り込むとマアなんと処理が大変

M42の飽和は計算済みですがここまでなるとは。

マスクをしても風を引く位ですからこちらのマスクも限度を超えた

強調処理には参った参ったです。


 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2020年1月11日 (土)

沈むすばる、そして沈む。。。。

元旦の朝といえば初日の出ですが

夜遊び星族の元旦の定番は沈むすばると三ツ星。

そんな話は聞いたことがありませんが初日の出の3時間前の

西空です。



群馬の山陰に落ちるすばる
2020




参拝客で賑わう神社の先に沈むオリオン座三ツ星
2020_20200111135901


 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

2020年1月 7日 (火)

M50を見つめるIC2177

大みそかの夜、強風の中でのR200SSによる撮影は荷が重いと考え

FS60CBを設置したもののイザ撮影対象を考えると。。。。。。

FS60CBによる撮影メニューは用意していなかったので行き当たりばったり

無謀な年越し撮影。


令和元年のトリにシャッターを切ったのは、そして令和2年最初にトリ込んだ

対称はIC2177(かもめ星雲)とM50(散開星団)


Ic2177-m50
   2019 12/31 23h14m~
タカハシ FS60CB x0.72RD(255㎜)
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO1600 180sx16枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
群馬山の中


255㎜であれば近くにあるM50も画角内に入るのではと

IC2177を移動させてM50を見つめるかもめ星雲の姿としてみました。


除夜の鐘を聞きながら年越しと行きたかったんですが

近くにあるのは大きな神社、残念ながらお寺ではないので

除夜の鐘は鳴らず残念、108の煩悩を祓うことなく令和2年も

煩悩まみれの年になるんでしょう。


最近では除夜の鐘が騒音だとのクレームもあり除夜の鐘を撞かない

お寺もあるとか無いとか。。。。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2020年1月 2日 (木)

初めての年越し夜遊びは。。。。

皆様、あけましておめでとうございます


毎年元旦の午前0時にブログで新年のご挨拶をさせて頂きましたが

今年は何を血迷ったか大晦日から元旦にかけてお出掛けしてみました。

行き先は奥秩父山の中か群馬山の中、どちらも由緒ある神社に

近く初詣の車渋滞が心配。

悩んだ挙句群馬山の中へ。。。。。

2019年の撮り収めはパンスターズ彗星 C/2017T2

Panstarrs-c2017t220191231
   2019.12/31  22h24m~
タカハシ FS60CB X0.72RD(255mm)
VIXEN SXP  彗星核追尾
Canon Eosx7i(改)ISO6400 60x16枚
群馬山の中


群馬山の中に到着した時は強風の真っ只中、とりあえず風の影響も考え

短筒を設置し様子を見てR200SSに載せ替えかなんて考えていると

星友のDemioさんが到着。


短筒で狙うには無理があると思いながら本命が南中するまで

ウォーミングアップ代わりに彗星を。


Panstarrs-c2017t220191231-b

ペルセウス座の南を移動するパンスターズ彗星の光度は10等級を

切るぐらいの明るさで徐々に減光しています。



次回は年をまたいで撮影した赤い星雲になります。


今年もよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »