フォト
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月27日 (水)

星座を撮ってみた カシオペア座・ぎょしゃ座

東京オリンピックの第一次申し込みは時間切れで申し込みを逃し、というか

あまり関心も無くTV観戦すればよしと思っていました。

しかし、マラソン等の問題でグッグッとにわかに興味がわき、昨日の第二次抽選申込み締め切り

ギリギリに滑り込みのセーフで申し込み。

ただ勢いで申し込んだ結果、全部当選するとな、な、なんと赤道儀の買い替えが

出来るほどの金額に!!!!

まあ、一次抽選の時TVなどでも外れた話ばかり、今回の二次抽選もそんなもんでしょう。

とは言うもののアレとアレぐらいは是非見てみたい。

55年前TVの前で応援した女子バレー東洋の魔女を思い起こします。

魔女といえばそろそろ横顔の方に目を向けなければ。。。。。



星座2題です。

ぎょしゃ座

2019111
 2019.11/1 00h25m~
Canon Eosx2 Seo-Sp3 ISO1600 180sx16枚
Canon EF50mm f1.8
VIXEN GPD  ノータッチガイド

カシオペア座
20191101
 2019.11/1 01h29m~
CANON Eosx2 Seo-SP3  ISO1600 180sx16枚
CANON EF50㎜ f1.8
VIXEN GPD ノータッチガイド


どちらも赤いヤツは薄っすら模様で迫力皆無、反面星団はアレもコレも

まあ判別できるくらいに写っているのでしめしめといったところ。



東京オリンピック第二次申し込みが全部当たってしまったらどうしましょう!!

ID登録者は800万人超、二次対象のチケット枚数は100万枚、ひとりが18セッション等

申し込むと。。。。。。う~む!計算できないが当選率ははかなり低く期待薄。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年11月23日 (土)

今度は間違いなくIC405 勾玉星雲!!!

今回はぎょしゃ座の大きな散光星雲IC405(勾玉星雲)です。

前回IC410をとっ散らかってご記載してしまいましたが

今度は間違いなくIC405.。。。。。。

この星雲の形状が勾玉というかクエッションマークのドットなしの

ような姿で、また大きくR200SSでは全景が入りきれません。


Ic405-2019114-x
  2019.11/5  00h50m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO3200 240sx16枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
群馬山の中


星雲の明るい輝星によって青白く発色するガスに魅力がありますね。

また、この星雲はIC410と同写野に収めたほうがより魅力が上がると思います。








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年11月18日 (月)

ぎょしゃ座 IC410

この夜は深夜を過ぎてやっと夜露も落ち着きガイドも安定し

露光時間もほどほどに延ばして撮影。

長尺反射鏡で狙うにはターゲットが限られますが

今回は頭上に移動してきたぎょしゃ座の散光星雲を

 IC405     IC410 (ぎょしゃ座)
Ngc405-2019111-x
  2019.11/1 01h27m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN SXP SS-One AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO3200 300sx14枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
奥秩父山の中






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年11月15日 (金)

バラ来たりなば冬遠からじ!?!NGC2237

バラが咲くと冬到来か?といっても今回の対象を撮影したのは

11月1日、撮影対象の南中時刻は03時30分とまだまだ冬遠からじ

2か月後の元旦の南中時刻は23時30分と見ごろ撮りごろになるでしょう。


今回はいっかくじゅう座のばら星雲NGC2237

Rosette-nebula-2019111
 2019.11/1 02h57m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改) ISO3200 240sX16枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
奥秩父山の中

800㎜、APS-Cサイズではギリギリか、いや少しはみだし気味。

こうなるとフルサイズのカメラが欲しくなりますね。自重自重!

これだけ大きく明るい散光星雲、まして姿はばらに似ているところから

多くの天文ファン人気の散光星雲でしょう。

広角レンズでオリオン座を入れた星野写真には必ず小さく写り込むので

楽しめます。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年11月10日 (日)

綺麗なティアラを思わせるM33

今日は午後3時から天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が

晴れ渡る秋空の下で行われ私はテレビの前でその時を過ごしました。


今回は夜露まみれの奥秩父山の中で撮りましたM33をご紹介。

太陽系から300万光年離れアンドロメダ銀河のように肉眼で見える

最も遠い銀河です。

とは言っても私にはアンドロメダ銀河もこのM33も肉眼で見ることは

かないません。

それにしても見事なフェイスオン銀河ですね。


M33-20191031-ss
 2019.10/31  23h48m~
VIXEN R200SS コマコレ3
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO3200 300sx16枚
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
奥秩父山の中






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年11月 6日 (水)

秋の夜長は。。。プレアデス星団 (M45)

ベストな星空から見放されてヤキモキしている中、やっと秋らしい

天気予報となり、また台風の爪痕も修復されたようなので10月31日に

奥秩父山の中へ出かけてみました。


衣替した秋冬の星空の中でやっぱりご挨拶代わりに筒を向けたのは

プレアデス星団です。
M4520191031-s 
  2019.10/31  22h22m~
VIXEN R200SS コマコレ3
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO1600 300sx8枚
ZWO ASI120MM D60 f250ガイド鏡
LPR-Nフィルター
奥秩父山の中

現地では久しぶりにお会いしたWRXさんと朝まで撮り放題

湿度99%の夜露攻撃も夜半には湿度も低下し、気温3度と冬の

入り口を感じた夜遊びでした。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
 ↑ここを押していただけると少し幸せ

 

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »