フォト
無料ブログはココログ

« 夏の水菓子のようなM27 亜鈴星雲 | トップページ | 本日よりみずがき天文愛好会写真展オープン »

2019年7月 4日 (木)

やってしまった日の丸弁当 IC5146

梅雨入り前の最後の撮影は

分かっていたんですが、やってしまいました。

薄明開始時間に追われてたなんて言い訳はしませんが

不徳の致すところでございます(笑


暗黒帯をどんぶらこっこと流れる桃を表現したかったのですが。。。。

まぁ見てやってくださいよ。

弁当箱の蓋を開けると

Ic5146-201966-b 
   2019.6/6  02h26m~
VIXEN R200SS コマコfレ3
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60 f240mm(ガイド鏡)
ISO 3200 240sX10枚
LPR-Nフィルター 
奥秩父山の中 薄明開始02h39m

日の丸弁当というよりものり弁に白ごまをまぶしたセンターに

ドーンと梅干が。


少し近づいてみると

Ic5146-201966-b_20190704151501
 
赤い反射雲の周りに淡い分子雲があるようですが、ウゥ~ム!

難しい。

でも赤い星雲は7月の誕生石ルビーのように美しい。

ルビーといえば指輪、最近寺尾聡が何度目かのマイブームで

散歩中も車の中も寺尾聡の日々が続いています。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑ここを押していただけると少し幸せ

« 夏の水菓子のようなM27 亜鈴星雲 | トップページ | 本日よりみずがき天文愛好会写真展オープン »

コメント

おはようございます~
「日の丸弁当」いいんじゃないですか。
私、中学生時代に一度、本当に日の丸弁当を持って行ったことがあります。
のり弁に白ごまなんて豪華なものでなく、真っ白なご飯の真ん中に、でんと赤い梅干しひとつ。
級友の視線を集めた実にシンプルで美しい弁当でした(笑)。
そんな記憶を呼び覚ましてくれた、豪華なのり弁日の丸ですね。
確かに、梅干しの転がった後が黒くうねうねと続く絵も好きですけどね(笑)。

テナーさん、こんにちは。

日の丸弁当に海苔をのせて、白ごま振った「豪華版日の丸弁当」ですね。
出来れば唐揚げが欲しかった!
って話しが違いましたね。
私も昨年、薄明直前に撮りましたけど、暗黒帯もあって、撮って楽しい部分ですよね。梅雨明け新月期にもう一回撮ろうっと!

悠々遊さん
懐かしの日の丸弁当。
昔のランチボックスは軽量、耐食性の高いアルマイト
の弁当箱でしたね。
ただ酸、アルカリに対して腐食しやすいので
日の丸弁当は要注意でした。
楽◯で探すとアルミの弁当箱沢山売ってますね。。

layout3さん
弁当に唐揚げ外せませんね。
まゆ星雲は比較的明るいので撮って楽しい、処理しては
楽しい魅惑の梅干しです。
暗黒帯をじっくり画角に入れて次回挑戦して
下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の水菓子のようなM27 亜鈴星雲 | トップページ | 本日よりみずがき天文愛好会写真展オープン »