フォト
無料ブログはココログ

« コスパ50mmレンズで天の川 その3 | トップページ | M8 M20 赤出し禁欲処理 »

2019年5月27日 (月)

見上げてごらんはくちょう座γ星(Sadr)付近

今日も気温は30度を超えて真夏日になりました。

新月期もこの天気が続いてくれればと危険な思いを抱いています。


今回は星友の電子観望派朝霞のFさんが新機材を導入されたということで

layout3さんと県民の森へ。

現地では顔なじみの皆さんと友好を深めて朝まで夜遊び。

最近、奥秩父や群馬山の中へ出掛けることが多く県民の森の夜空の

明るさがチョット悩みの種。

なるべく暗いエリアに鏡筒を向けてはくちょう座のサドル周辺を


Sadr-32p201958b
 2019.5/7  23h52m~
タカハシ FS60CB x0.72RD 255mm
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO1600 120sx32枚
ZWA ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
県民の森

せめて3分ほどの露出をかけたかったのですがヒストグラムは中央より

右に寄りあえなく2分で枚数を稼いでみました。しかし2分の露光では

炙り出してもこの程度苦戦です。


暗くなる前に現場の様子を

Img_1612a



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

« コスパ50mmレンズで天の川 その3 | トップページ | M8 M20 赤出し禁欲処理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
県民は他の暗い観望地と比較するとどうしても物足りなさを感じてしまいますね。
これから透明度が低下する季節なので余計に空の明るさが目立ってしまいます。
先日も友人のNinja400のテストで同行しましたが眼視でも全然物足りない空でした。
近場なのでそれなりに利用していますが、気合いを入れて撮る時は多少遠くても暗い空を求めてしまいます。

demioさん
天体写真を始めたころは県民の森で満足してましたがより暗い所を経験すると矢張りね。。。。
ただ暗い所へ行くには時間とお財布を乗り越え、至福の時間を求めるのは趣味の世界では仕方がないでしょう。
サア、新月期には暗い所へGoです。

こんにちは、上手な人の写真が頭の中にあって
自分のがいかにさえないことか・・・
暗い所遠いけどいきたいな。
露出を稼げば色が出るようになりますかね。

tnkさん
当夜は楽しい時間をありがとうございました。
県民の森も明るく感じ2分露光が限界だったので枚数を増やして少しは強調処理に耐えられたのではと思います。
県民の森から1時間走ればより暗い三峰まで行けます。

テナーさん、こんにちは!

当夜はお世話になりました。
テナーさんの眼視のお仲間に加えて、県内の星屋さんでにぎやかで楽しかったですね。
サドル付近は、赤い部分と暗黒部分(?)が入り乱れていて、撮って楽しいエリアですね。
但し・・・。
やはり県民は明るいですかね。
これからの撮影地に悩みますね。
経費ばっかり掛かっちゃうので、お財布に厳しいですよねぇ~。
さあ、新月期!
どこ行きましょうか?
ってかどこが晴れる??

layout3さん
当夜はご近所さんの集まりのようで楽しめました。
また、お世話になりました。
サドル付近は高級な雲丹をぶちまけたようにいつも見えてしまうのは食い意地が張っているからでしょうか!
出来ればもう一度暗い所で充分時間をかけて撮ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コスパ50mmレンズで天の川 その3 | トップページ | M8 M20 赤出し禁欲処理 »