フォト
無料ブログはココログ

« コスパ50mmレンズで天の川 その1  | トップページ | 南の星雲 彼岸花と出目金 »

2019年5月17日 (金)

コスパ50mmレンズで天の川 その2

今回は天の川の一番濃く皆さんのお好きなバンビの横顔近く。

M16、M17、M18~M8そして輝く木星と賑やかなエリアを

50mmレンズで切り撮ってみました。

夏の天の川ならではのゴージャスで見飽きない? 撮り飽きない

エリアではないでしょうか。


Amanogawa-9835-201955-xa
 2019.5.5 01h37m~
CANON EF50mm f1.8 STM
CANON EOS X2 SEO-SP3
VIXEN GPD ノータッチガイド ISO1600 120sx8枚
ステライメージ PSCC DPPで処理
妙義山にて


最近使い始めたSequatorで処理をしてみました

Seq-9835-201955-vav


ウ~ン!微妙というか人それぞれの好みというか、チラ見ではウォーと

思いますがやっぱり好みでしょう。

Sequatorから排出された画像をPhotoScapeで簡単自動レベル調整し

PhotoShop CCで化粧直し、その間の時間は10分と時短処理でここまで

濃淡のある画像となるのは驚きです。

お使いの方も多いと思いますが星野画像ではあのNIK Collectionの効果に近い

画像になるのでは。

場面々で使用していきたいと思います。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

« コスパ50mmレンズで天の川 その1  | トップページ | 南の星雲 彼岸花と出目金 »

コメント

も少しコントラストが欲しいなぁ!
と思って画面スクロールしたら・・・!?
あ、コントラスト行き過ぎッ!って、ま、私の好みですが!(笑)
でもメリハリが欲しい時にはエェかもで、ガス!
Sequator!?エェ感じのソフトですねぇ!
今度、使ってみたいと思いますッ!

テナーさん、こんばんは。

これはまた、天の川の美味しい所を総なめした画像ですね。
大迫力のバンビ周辺ですね。
Sequator以降の仕上げも良かったのかな?
私も前回記事でテナーさんに言われた通り、次回は80mmの画角でこの辺りを総なめしてみます!
('◇')ゞ

こんばんは。
一番賑やかところですね。
私も大好きな領域です。
Sequatorって知りませんでしたが、
良い仕上がりですね。
結構カラフルになるのでしょうか。

じぃ様
ありがとうございます。
最近画像は減塩薄塩仕立てを心掛けています。
星景写真用に取り入れたsequatorはホント簡単、ですが出来上がる画像は好み分かれるのでここからどんな味付けにするかが
腕の見せどころでしょう。
じぃ様もおひとつsequatorを味わってください。

layout3さん
今が撮り頃の天の川、80mmで切り撮れば迫力の逸品が作れると思いますよ。
切り撮るサイズで顔を変える天の川を沢山楽しんで下さい。

viewru3103さん
天の川のこのエリアを撮ると夏が来た〜って感じます。
sequatorは星景の星空と背景の簡単分離合成にと使い始めましたが星空全般に使えます。
なにしろ時短、簡単が魅力面白いソフトです。
お試し下さい。

こんばんは
結果を見ているとsequatorというソフト、画像処理初心者マークとしてはそそられます。
ノイズだらけの画像量産をしているので、救いの神になりますかねえ。

悠々遊さん
ソフトに複数枚の画像を放り込むと1、2分で自動コンポジットされるだけでも有難いです。
星景写真では星空と背景の境目も自然な仕上がり。
ただステライメージとの相性が悪そうなのが気になるところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コスパ50mmレンズで天の川 その1  | トップページ | 南の星雲 彼岸花と出目金 »