フォト
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

M8 M20 赤出し禁欲処理

夏の星雲の定番は沢山ありますが今回は比較的明るい星雲M8&M20

明るい撮影地で南天を狙うのは難しいですが撮れるときに

撮っておかないと。。。。。。

薄明が始めるまであと30分、夜が短くなったもんだとため息を

つきながらシャッターを押すが露光時間は2分が限界。



M8m20-20p-b-6
 2019.5/8  02h33m~
タカハシ FS60CB x0.72RD 255mm
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO1600 120sx20枚
ZWA ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
県民の森


最近赤出しを抑え薄味調理を心がけていますが時として

赤い悪魔のささやきに負けてしまいそうになります。

しかしテナーの意志は強い子よい子元気な子で負けず

今回も赤出しを強調した画像はゴミ箱にポイしこんな感じで

完成としました。


天の川も撮ってみました。

明るい撮影地ですが薄明開始直前から20秒で28枚撮影し

Sequatorで処理してみました。

さそり座もこの時間になると南西の空低く位置し薄明とともに

姿を隠してしまいます。

Milkyway95-201958-b
 2019.5.8  03h12m~
Canon EosX2 Seo-Sp3
SIGMA 17-70 ISO1600 20sx28枚
VIXEN GPD ノータッチガイド
Sequator photoshop CC  DPPで処理
県民の森






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月27日 (月)

見上げてごらんはくちょう座γ星(Sadr)付近

今日も気温は30度を超えて真夏日になりました。

新月期もこの天気が続いてくれればと危険な思いを抱いています。


今回は星友の電子観望派朝霞のFさんが新機材を導入されたということで

layout3さんと県民の森へ。

現地では顔なじみの皆さんと友好を深めて朝まで夜遊び。

最近、奥秩父や群馬山の中へ出掛けることが多く県民の森の夜空の

明るさがチョット悩みの種。

なるべく暗いエリアに鏡筒を向けてはくちょう座のサドル周辺を


Sadr-32p201958b
 2019.5/7  23h52m~
タカハシ FS60CB x0.72RD 255mm
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
Canon Eosx7i(改)ISO1600 120sx32枚
ZWA ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
県民の森

せめて3分ほどの露出をかけたかったのですがヒストグラムは中央より

右に寄りあえなく2分で枚数を稼いでみました。しかし2分の露光では

炙り出してもこの程度苦戦です。


暗くなる前に現場の様子を

Img_1612a



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月24日 (金)

コスパ50mmレンズで天の川 その3

5月だというのに昼間は30度超え

ここ数日続くようで5月の気温としては全国的に記録を

塗り替えるとニュースでは報じています。

近くの小学校からは大きな歓声が沸き上がり多分運動会の

練習なんでしょう。

熱中症には気を付けましょう。




今回は50㎜レンズで撮る天の川の最後のパーツ、たて座からへび座にかけて。


Milkyway-9854201955
  2019.5/5  02h16m~
Canon EF50mm f1.8 STM f4
Canon EosX2 Seo-sp3 iso1600 120sx8枚
VIXEN GPD ノータッチガイド


50㎜レンズでランダムに3か所を切り撮ってみましたが

上手くすればモザイクで表現できるかもということでICEを使って

3枚を結合、計算して撮っていないので斜めってしまい、またつなぎ目も

大目に見ていただきましょうか!


Milkyway-ice-stitch-b-201955






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月20日 (月)

南の星雲 彼岸花と出目金

ゴールデンウイーク後半の素晴らしい星空なのに夜遊び先は

数えるほどの星屋さん。

南天の見晴らしもグゥ~

さそり座もグゥ~

ということで普段なかなか狙えない彼岸花星雲と出目金星雲です。


  NGC6334&NGC6357
Ngc6357-ngc6334-201955
  2019.5.5  02h54m~
タカハシ FS60CB x0.72RD 255mm
Canon Eos7i(改)ISO1600 180sx12枚
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
妙義山


のんびり穏やかに夜遊び楽しめましたが同じようにのんびり

楽しんでいたテン泊組

Seq-tent-a


何故か林にライトを当てて歩く人

まぁ、いろいろな楽しみ方をして夜を過ごす人がいるもんです。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月17日 (金)

コスパ50mmレンズで天の川 その2

今回は天の川の一番濃く皆さんのお好きなバンビの横顔近く。

M16、M17、M18~M8そして輝く木星と賑やかなエリアを

50mmレンズで切り撮ってみました。

夏の天の川ならではのゴージャスで見飽きない? 撮り飽きない

エリアではないでしょうか。


Amanogawa-9835-201955-xa
 2019.5.5 01h37m~
CANON EF50mm f1.8 STM
CANON EOS X2 SEO-SP3
VIXEN GPD ノータッチガイド ISO1600 120sx8枚
ステライメージ PSCC DPPで処理
妙義山にて


最近使い始めたSequatorで処理をしてみました

Seq-9835-201955-vav


ウ~ン!微妙というか人それぞれの好みというか、チラ見ではウォーと

思いますがやっぱり好みでしょう。

Sequatorから排出された画像をPhotoScapeで簡単自動レベル調整し

PhotoShop CCで化粧直し、その間の時間は10分と時短処理でここまで

濃淡のある画像となるのは驚きです。

お使いの方も多いと思いますが星野画像ではあのNIK Collectionの効果に近い

画像になるのでは。

場面々で使用していきたいと思います。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月15日 (水)

コスパ50mmレンズで天の川 その1 

この夜は短焦点屈折で撮影しながらカメラレンズで天の川を

切り撮ってみました。

夜半を過ぎて赤道儀GPDを設置し試写をすると微妙に流れるので

極軸の再調整・・〇$#&⁂@▲⁈+。。。どうもおかしい?

コードを確認すると 恥ずかしながらヨ〇イさん 赤緯と赤経のコードが!

という訳で、どうゆう訳か分かりませんがサソリの尻尾がよく見えるので

先ずは天の川の南側を


Iteza-9846-201955
 2019.5/5  01h59m~
Canon EF50mm f1.8 STM
Canon Eosx2 Seo-Sp3 ISO1600 120sx8枚
VIXEN GPD ノータッチガイド
妙義山にて


M8から南のエリアを観望するのはなかなか無いのでメシエ、NGCナンバーを

付けてみました。

Iteza-9846-201955b

気になっていた未撮影のH12もこの場所であればチャレンジ出来そうなので

今季中にはH12を手にしたいですね。


50㎜レンズから17-70㎜に変更した画像の中に流星が紛れ込んでいた画像があったので

Seq-milkyway-9882-201955   
  2019.5/5 03h24m~
SIGMA 17-70 17mm f4
Canon EosX2 Seo-Sp3 ISO1600 120sx8枚
VIXEN GPD ノータッチガイド

6日がみずがめ座η流星群の極大日ですが写っている流星ははぐれ流星

でしょう。

ステライメージでコンポジットすると流星の輝度が低くなってしまうので

お試しでSequatorで処理すると気持ち流星の輝きが増したように思い

時短、簡単、大胆に処理できるSequatorの活用がこれからも増えそうです。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月12日 (日)

天の川流域 M16 M17

夕方の雷雨でGPVの予報は裏切られ見事な星空の一夜。

しかし狙いどころが姿を現すまで指をくわえてじっ~と我慢も

出来ずにスカイフラットとダークを撮ってお茶を濁していました。


時々流れるみずがめ座η流星群のものと思われる流星を横目に

短焦点でM16、M17を撮ってみました。


M16m17-201955ab
  2019.5/5  00h32m~
タカハシ FS60CB x0.72RD 255mm
Canon Eosx7i(改)ISO1600 180sx16枚
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
LPR-Nフィルター
妙義山にて

写角にふたつのメシエが収まりましたが今は色彩の派手さ

抑えることに努めているため見栄えが今ひとつってところです。



天の川とさそり座、なかなかいつも出掛ける夜遊び先ではここまで

さそり座が見えないのでカメラレンズで撮ってみました。


Milkywai-201955
  2019.5/5  02h44m~
SIGMA 17-70 17 f4 プロソフトンA 
Canon Eosx2 seo-sp3 ISO1600 120sx8枚
VIXEN GPD  ノータッチガイド


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月 9日 (木)

天の川流域 スタークラウド(バンビの横顔)

令和元年最初の?夜遊びはGPVを見ながら妙義山へ。

ゴールデンウイーク後半の4日は晴れ模様なのでさぞ多くの星屋さんが

押し寄せるのではと早めに出発、途中高速上で雷と豪雨の洗礼を受けながらも

現地に着いてみると車も人も誰もいない。

今夜はおひとり様の 貸し切り状態か。。。。。。


Img_1594



まあ世の中そんなに甘くはなく、夕暮れ頃から三々五々と

最終的には星屋さん7~8組、テン泊さん1組

Img_1601


Img_1602


        ☆

        ☆

        ☆
今回も短筒を用意して臨みましたが狙いどころが昇ってくるまでの時間

「人見知り」のテナーはご近所さんとお話しすることも無く只々指をくわえて

じっと我慢の子。



天の川流域の濃いところ、スタークラウド「バンビの横顔」です。

M17-201954
  2019.5/5  02h05m~
タカハシ FS60CB 0.72xRD 255mm
Canon Eosx2 Seo-Sp3 ISO1600 180sX12枚
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
LPR-Nフィルター
群馬妙義山


レデューサー装着の255㎜ではM17オメガ星雲、IC1284首飾りなどがほど良く収まり

納得の一枚になりましたが処理ではバンビをいじり倒すとM17が飽和の繰り返しとなり

この辺が落としどころ。


Milky-way-jupiter-17mm-201954
  2019.5/5  03h02m~
SIGMA 17-70 17mm f4 プロソフトンA
Canon Eosx2 Seo-Sp3 ISO1600 120sX8枚
VIXEN オールドGPD ノータッチガイド
photoshopCC


夕方の雷雨で大気が洗われ綺麗な天の川を所望することが出来ました。 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

  ↑ここを押していただけると少し幸せ

2019年5月 6日 (月)

天の川流域のあのエリアを

ゴールデンウイークの最終日 GW中に”令和”最初の遠征に出掛けた方も多いと思います。

私もご多分に漏れずGPVと相談しながら夜遊びしてきましたが、今回は平成の忘れ物をひとつ。

昨年ポラリエ用に導入したお手軽格安canon EF50mm f/1.8 STM をこれも蘇らせたGPDに

載せて天の川流域や星座を撮るには楽しいもんです。

Sasoriza-50mm-2019412
 2019.4/13 01h45m~
Canon Eosx2 Seo-Sp3 ISO1600 120sx16枚
Canon EF50mm f/1.8 STM 
VIXEN オールドGPDノータッチガイド
群馬山の中


GPDを復活させて恐ろしいのがレンズ沼

CanonのLレンズ 24-70や24-105に食指が。。。。。。

令和の初ポチリにならないように

気を付けよう甘い誘いに注意一秒怪我一生、赤子泣いてもポチリ押すな(笑い
 




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
   ↑
 ここを押していただけると少し幸せ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »