フォト
無料ブログはココログ

« そうだ、月を見に行こう | トップページ | 独特の色が 38/P ステファン・オテルマ彗星 »

2018年11月 1日 (木)

そうだ、月を見に行こう Vol.2

11月になり今年も残すところ2か月。

11月1日 何となく並びがいいのでチョット調べると

紅茶の日、泡盛の日、寿司の日、家具の日、友の日など

業界団体が記念日としたところが多いですがもっともらしいのが

『犬の日』 だいたい察しがつきますね。

「ワン・ワン・ワン」 ペットフード協会が1987年に設定

これでは猫の立場はどうなるの(・_・)エッ....?


先日、田圃畦道で撮影したお月さまから

北側

23_53_40gmozaikuab

強烈なクレーター「コペルニクス」と大きな「雨の海」が印象的な北側


中央

23_59_03gmozaikuv2

南側

23_56_56gmozaikuv3

1億年前に衝突でできたクレーター「ティコ」放射状に広がる筋は圧巻でしょう。

この三点の元画像をICEでモザイク合成してみました。

23_53_40gmozaikua_stitchaaaccc

   月齢20のモザイク画像


月の地形ハンドブックを見ながら今まで頭に入っていなかった

クレーターなど地形名をお勉強することで月が少し身近に感じるように

まりました。

最初の画像のデータ

[ZWO ASI120MM]
Pan=0
Tilt=0
Output Format=AVI files (*.avi)
Binning=1
Capture Area=1280x960
Colour Space=MONO8
Temperature=18.5
Discard Split Frames=Off
High Speed Mode=Off
Turbo USB=96
Flip=None
Frame Rate Limit=30 fps
Gain=51
Exposure=0.00034
Timestamp Frames=Off
Brightness=8
Auto Exp Max Gain=100
Auto Exp Max Exp M S=31983
Auto Exp Target Brightness=121
Apply Flat=None
Subtract Dark=None
#Black Point
Display Black Point=0
#MidTone Point
Display MidTone Point=0.475937314759929
#White Point
Display White Point=1
TimeStamp=2018-10-29T14:53:40.4188510Z
SharpCapVersion=3.1.5203.0

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« そうだ、月を見に行こう | トップページ | 独特の色が 38/P ステファン・オテルマ彗星 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

テナーさん、こんばんは。

ほほぉ〜。
やはり動画で処理したお月様は、めちゃクリアーですね!
コレで月面X &Vを撮ったら、いい感じに見えますね!
是非、お月見に飽きずにイベント事に参加してくださいね!
しかし綺麗だぁ〜。
ちょっと悔しい&羨ましいです。
(苦笑)

こんにちは
前の画像もそうですが素晴らしい解像度ですね。
RegiStaxのパラメターの使い方ですかねえ。こんな美しい月を撮ってみたいものです。
ICEもいい仕事をしてくれてます。

おはようございます
無理な強調もなく自然な仕上がりがとてもいいですね。
拡大画像が楽しみです。

layout3さん
ありがとうございます。
デジイチの動画より解像度は高く楽しめますね。
新月期以外の夜遊び楽しみ方として
時々お月見もありかなって思っています。

Gさん
ありがとうございます。
Registaxのパラメータといってもモニター確認しながら
チョコチョコ動かし滑らかさ優先、ICEは勝手に合体
してくれるので月に関してはお手軽作業ですね。
やはり問題は鏡筒のピントが命でしょう。

悠々遊さん
ありがとうございます。
月の全景を6cmと8cmで比較すると8cmに軍配が
上がります。
8cmにエクステンダーなど装着してより拡大し
月面の名所旧跡を探訪撮影も有りかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、月を見に行こう Vol.2:

« そうだ、月を見に行こう | トップページ | 独特の色が 38/P ステファン・オテルマ彗星 »