フォト
無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

カシオペア座と流星

今年のペルセウス座流星群には撃沈し、落ち込む気持ちを切り替えて

一週間後には夜遊び決行。

現地には10名ほどの同好者が久しぶりの星空を求めて終結し満員御礼の

状態。しかし風は強く寒さに泣かされ設置した20㎝反射は諦め小型屈折で

仕切り直し。

仕切り直した鏡筒での画像は後日ということで、ポタ赤で無作為で撮って

いた中に。。。

Ryuusei8p_1p_x_zz
  2018 8/18 02h48m~
Canon EosX2 seo-sp3 ISO1600 60sx8枚+1枚(比較明)
SIGMA 17-70 f2.8 17mm  プロソフトンA
ポラリエ使用 県民の森

デネブ方向からカシオペア座下方向に流れ星か?

同好者が 「ウォ~でかい! もしかしたら写っているかも」

写っていましたヽ(´▽`)/


薄明開始が03h30m、東の空にはすばるが登場

M45_2018817kenmin_a
  2018 8/18 02h14m~

いや~それにしても寒かった。

寒さに負けて車内でヌクヌクしながら聞いていたのは

 ♬ Dream A Little Dream of Me

                 by Mama Cass & Elliott





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月29日 (水)

秋 序章 早生物アンドロメダ銀河

地元さいたま市は猛暑日22日、真夏日57日と平年値を

大幅に上回り、県内あの熊谷市ではさらに猛暑日36日、真夏日66日。

全国的に鬼のような暑さの夏でした。

いやいや、まだ暑い夏は終わっていませんね。



星空は地上の暑さをよそに秋の星座が広がり、あの星雲星団も

顔を出し始めました。


M31 アンドロメダ銀河
M31_201889_xv
  2018.8/9  23h58m~
タカハシ FS60CB F6 フラットナー
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240mm (ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sX7枚
妙義山


秋の銀河もまだ色付く前の8月の収穫なのでバルジは育っているが

ディスクの部分は今ひとつ迫力に欠けます(笑い

露光、枚数不足で銀河を強調すると背景に難が出てしまうので

早生ものアンドロメダ銀河ということで旬が来るまでもう少し

待ちましょう。



PS 過去の画像を見返していたら

New1m31_2013810a

2013年 .8/10に戦場ヶ原で3分X4枚画像

怖さ知らずで無理やりの協調画像、撮影地の環境の違いもありますが

5年の歳月が保守的な画像処理にしてしまったのかは分かりません。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

にほんブログ村

2018年8月24日 (金)

ペリカン星雲

この夜はペルセウス座流星群の極大日に近く多くの流星を

見ることでき、夜半を過ぎてから鏡筒を載せ替えて惑星から

星雲撮影へ。

薄明開始までの1時間を使って筒を向けたのはペリカン星雲

Ic5067
  2018 8/10  02h32m~
タカハシ FS60CB フラットナー
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sx8枚
妙義山

ペリカン星雲が引き立つには矢張りあの星雲が必要でしょう。

5月に撮影した北アメリカ星雲をICEで合体させてみました。

C_2a_stitchxxzzaabb


そうですね、ペリカン星雲の立ち位置はこうでなければいけませんね。

ペリカン星雲は相棒があってこそ存在感が増します。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月23日 (木)

真夏の夜の正夢 VIXEN X1.9EXTENDER

真夏の夜の正夢は突然やってきました。

以前よりR200SS用のエクステンダーを探していましたが

メーカーでは製造終了、ヤフオクにもまず出てこない。

VIXENでは新たにエクステンダーPH X1.4が発売になるらしいが

多分手が出せない価格になると思います。

その諦めていたエクステンダーが。。。。。。

越後の雄 雲上さんよりエクステンダーを譲っていただけるという

お話をいただきました。


Img_1193vixen_extender

雲上さんありがとうございます。

中々試写も出来ずにいましたが、昨夜風は強いが

火星はギラギラ輝いているので火星を試写対象に。

CMOSで電子観望兼ねて筒を向けるが揺らぎが止まらずピントも

決まらないので対象を月に変更

Moon_22_54_04_nijinoirie  
   2018 8/21 22h54m
VIXEN R200SS Extender X1.9 1.500mm
VIXEN SXP
ZOW ASI120MC SharpCap3 AutoStakkert3 RegiStax6 SI7で処理 
田圃畦道にて


私、恥ずかしながら月面は素人で何処を撮影したかもわからないので

調べました。

「虹の入り江」という風向明媚なとこらしい(笑い)

ほかにも絶景、景勝地があるようなので時々月に筒を向け拡大撮影を

楽しめそうです。



改めて雲上さんありがとうございます。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月21日 (火)

夏休み自由研究 田んぼアート

夏休みもあとわずか。

今回の自由研究は以前から気になっていた「田んぼアート」in行田に

行ってきました。

場所は行田市古代蓮の里 今年のテーマは

「大いなる翼とナスカの地上絵」 色彩の異なる稲を植え付け絵柄を

ダイナミックに田んぼで表現するのはまさに芸術。


E_img_1296_xx
地上50mのタワーから見下ろすと迫力満点

Img_1273_stitchab

14mmでは全容が収まらないので2枚モザイクで

窓ガラスへの映り込みがが難点

F_img_1312_xx

古代蓮の里の園内にある展望タワー

古代蓮の里ということで蓮池を散策

H_a_img_1299xx

回廊式の蓮池を回るが蓮の開花は7月中旬が最盛期で

午前中が見ごろ。

私が訪れたのは午後3時(;ω;)

Img_1305xx

花が終わって果托がたくさん見られますが

どうもこの果托が。。。。

子供の見たSF映画の宇宙人の触覚に見えて後を引きます。

Img_1322xx


見事な田んぼアート

来年が楽しみです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月19日 (日)

初めての。。。火星

火星の大接近から3週間近く経過し火星熱も冷め気味なんでしょうか。

いえいえ、庭先から見上げる火星はまだまだ鋭い輝きを放って

見る人の目をくぎ付け。

前々回のCMOSで撮影した木星の後に南の空高く昇ってきた火星を

撮ってみました。



20188922_33_52_lapl6_ap66_rg6
  2018 8/9 22h33m~
VIXEN FL80S X5バロー 3.200mm
ZWO ASI120MC SharpCap3.1
AutoStakkert3.0  Registax 6  SI7他
妙義山

PCモニターにも写っていた薄黒い模様も浮き出てこの機材では

納得の出来、といってもやはり漫画チックな感じです。



前の木星はマーブルチョコのような色合いだったのでチョット化粧直しを

してみました。

201889_20_51_45_rs6_a

少しはらしくなったかも!


 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

21P/ジャコビニ・チンナー彗星

8月17日のジャコビニ・チンナー彗星はカシオペア座を離れ

天の川の淵をペルセウス座方向へ移動中です。

ここ数日はハート&胎児星雲の側を通過中。

21p_giacobini10p_b44_2 
 2018 8/17 22h50m~
タカハシ FS60CB  RD C0.72X 255mm
VIXEN SXP  彗星追尾
Canon Eosx7i (改) ISO1600 60sX10枚
県民の森

17日のGPVを見て急遽赤道儀のコントローラー・スターブックテンに

彗星軌道をVIXENホームページより取り込み準備完了。

彗星追尾なのだから何も遠慮せず、もう少し露光時間を延ばしても

よかったかと。

その点は次回の21P撮影で。


それにしても風も強く寒い夜だった。


寒さから逃れて車中で聞いていた曲は

  ♬星に祈りを by ジャッキー吉川とブルーコメッツ



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月15日 (水)

初めての。。。木星

まぁ、そんなわけでGPVが疑わしい中、先日妙義山で

夜遊びを決行。

決行の理由はCMOSカメラによる初めての惑星の試写、木星は見ごろ

火星は大きく今がチャンス。

普段の夜遊び道具と違い鏡筒、カメラはもちろんPCを持ち込むなんて

先ずあり得ない荷物。



この夜は夜半まで星空は絶好調、天の川は濃く時、折流れる流れ星に

周りから歓声が。。。。。

私、PCモニターに釘付けで天の川も撮らず、流星を見ることも無く

ひたすらモニターとにらめっこ!

そんなこんなでCMOSカメラで撮ることができた木星がこちら

20_59_12vrs6
  2018.8/9  20h59m

VIVEN FL80S  X5バロー (3.200mm)
VIXEN SXP
ZWO ASI 120MC (借り物) SharpCap 3.1 
AutoStakkert 3.0 RegiStax 6  SI7他 若干トリミング
(撮影データはどこまで記載すれば?)

8cm屈折に5倍バローはどちらかというと無謀なセッティングですが

何とか写り初心者にありがちな濃いめの仕立てはお許しいただければ

幸いというもの。



対象天体の導入、ピントそして処理ソフトの使い方と何もかも初めて

デジ1の動画で土星を撮影処理をしたことがありますがCMOSカメラの力は

大したものだと痛感した次第、これは何となくはまりそう!


危ない、危ない、危ない!!!




COMSを拝借した星友layout3さん

お知恵を拝借した星友demioさん ありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し涼しい
にほんブログ村

2018年8月14日 (火)

21P/ジャコビニ・チンナー彗星

星空が顔を見せない夜が続きますが気になる彗星

21P/ジャコビニ・チンナーを追ってみました。

夜半に姿を現し6~7等級と短時間露光でも写り、

これから星雲星団と一緒に撮ることも出来そうなので目が離せません。

21P/ジャコビニ・チンナー彗星
21py22
 2018 8/10 02h02m~
タカハシ FS60CB F6 フラットナー
VIXEN SXP
Canon Eosx7i (改造) ISO6400 30sX4枚
妙義山にて


雲の切れ間を狙って短時間で撮影しましたが程々に写っているので

これからが楽しみな彗星です。



妙義山に沈む白鳥座
Aa
2018 8/10 03h04m
Canon Eosx2 Seo-Sp3 プロソフトンA
SIGMA 17-70 f2.8 ISO1600 120sX8枚
ポラリエ使用
 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し涼しい!
にほんブログ村

2018年8月11日 (土)

夏の林間学校 屋久島 2

屋久島といえば屋久杉

屋久杉といえば縄文杉
縄文杉を見るには往復10時間の山歩きをしなければならないので

今回は、いやこれからも見ることは出来ないでしょう。

Img_1084_taki3

屋久島にある杉は全部屋久杉だと思ったらそうではないらしい。

屋久杉の定義と言っていいのかわからないが

標高500m以上に自生し樹齢1,000年以上の杉を「屋久杉」

1,000年未満のすぎを「小杉」、ブラックマヨネーズの頭髪を気にしているのも

小杉、植林された杉を「地杉」と呼ぶようです。



名もなき屋久杉
Yakusugi_b

著名な屋久杉 2点
A

屋久杉 二代大杉  標高 730m  樹齢不明

屋久杉 仏陀杉   標高1,010m  樹齢1,800年 幹周8m 樹高21.5m

今回の杉巡りの中でのBIG 1はこちら

X

屋久杉 紀元杉  標高1,100m 樹齢3,000年 幹周8.1m 樹高19.5m 

下から見上げた紀元杉は一枚に収まらないので3分割で撮影し

1枚ものに加工してみました。

Img_0985_stitch_sugi

迫力の紀元杉を見てしまうと、No1の縄文杉、No2の大王杉、No3の弥生杉

を見たくなるのが世の常! 因みにこの紀元杉はNo4 

脚力、体力をつけて縄文杉に会いに行ってみようか!?



MISTY

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し涼しい
にほんブログ村

2018年8月 8日 (水)

夏の林間学校 屋久島 1

8月某日 午後 鹿児島・南ふ頭から高速船で屋久島を目指し

出発。

勿論、星撮り機材は一切持たず屋久島の自然にどっぷりつかり

太古からの生命の力強さを感じてきました。

Ship_island_a

鹿児島市内から屋久島まで135km、高速船で2時間弱、フェリーで4時間

飛行機で40分

2時間弱の船旅は快適そのもの、シートベルトに拘束され2時間じーっと我慢の子。

見えてきた屋久島は雲に覆われ、上陸すると蒸し暑いが東京のまとわりつく

じっとり感はなく、ましてさ爽やかに感じます。

     船内で聞いていた曲は

 ♬ Island in The Stream by kenny Rogers&Dolly Parton

屋久島の自然  水

3


上左 千尋の滝 大きな一枚岩を落ちる落差60mの滝

下   迫力の水量で水しぶきを直接あびる大川の滝(おおこのたき)


屋久島の自然  植物
Gajumaru_a_2

上左 ハイビスカス・原種

上右 ガジュマル 何とも言えない雰囲気の南洋常緑高木


屋久島の自然  動物

Sarukanisikatonbo_a

屋久島は人2万,サル2万、鹿2万といわれるほどサルと鹿が多く生息。

サルと鹿は世界遺産のエリアでも多くみられ、奥秩父で目にする鹿より

どことなく高貴な鹿に見えるのは気のせいかも (^-^;


世界遺産エリアの山肌には余分な雑草が無く手入れの行き届いた管理と

思ったら、人の手を入れることはできず全て鹿が雑草を餌としているため

綺麗な樹林帯になっているとのこと。


もうひとつ屋久島で有名な動物として ウミガメ 産卵時期は終わっていますが

浜まで行ってみました。

Img_1062_stitch_v


ここ永田いなか浜は日本一のウミガメの産卵地、夜の神秘を見たかったが

残念シーズンは5~7月。

産卵が終わり海へ戻っていくウミガメの姿にはククッとしますね。



屋久島といえば屋久杉、紙面の都合で次回ということで。

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し涼しい
にほんブログ村

2018年8月 5日 (日)

こりゃ参りま した!IC5146ほか 

この夜の妙義山は到着時は晴れていたが、イザ月が落ちると

湿度の高い空気がどんより。

時々山から薄いベールが漂い撮影したカメラモニターを見ると

星像が滲んでいます。

月が落ちて最初のターゲットはIC5146 まゆ星雲ですが


Ic5146_mayu_as_2
   2018 7/20 23h53m~

輝星は斜鏡のスパイダーによる回折像の悪戯で小さな銀河に!



次に撮影したこちらでは新しい銀河が生まれたかと

M31_passz
  2018 7/21 02h39m~

アンドロメダ銀河の伴銀河M32の右下に新たな伴銀河を発見か!

どちらもこれ以上強調処理しても良いことがないのでこの程度で

許してやろうと思いますが、教訓 何事も無理は禁物

大気の状態の良い夜に撮り直しってことで


  M31を撮影中に流れていた曲は

   ♬ Help Me Make It Through the Night
        by Kris Kristofferson and Rita Coolidge

  お後がよろしいようで!






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年8月 1日 (水)

暗黒星雲B143 だが!

猛暑の続いた7月でしたが星空に恵まれることもなくも新月期は終わってしまいました。

そんな状況の中でもGPVに一抹の希望を託し7/20~北関東から秩父方面が

月の落ちるころから黒くなっていたので迷いに迷い妙義山へGo!

週末というのにおひとり様貸し切り状態、ただ到着時には月も木星も

見えていたが。。。。。。。。

まずは暗黒星雲B143

B143_a1_sss2
 2018 7/21 01h42m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3

VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60 f240(ガイド鏡)

Canon EosX7i (改) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX8枚
妙義山

星空も天の川も確認できる中での撮影でしたが輝星は滲み暗黒帯は

コントラスト上げてもメリハリなく大気の状態がイマイチのようでした。





6月の戦場ヶ原で撮ったB143
B143_x_300x6_ccc

タカハシ FS60CBでの撮影ですが少々トリミングしています。



午前2時頃には妙義山中腹付近を雲が覆い出しB143撮影の後半には
影響を受けていたのかも。

Img_8252sanntyou_kumo

 2018 7/21 002h01m

Canon Eosx2 Seo-Sp3
Canon EF50mm f1.8 (f2) 15s Jpeg1枚


天の川がよく見える割には湿度が高く薄いベールで被われているような

中で次に選んだターゲットは。。。。

   To be continued


星待ち車中待機中に聞いていたのは
    ♬ DREAM   The Danny Orchestra



 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »