フォト
無料ブログはココログ

« 新たな撮影地で 天の川 | トップページ | あぁ~やってしまった電池切れ IC1396 »

2018年6月21日 (木)

あぁ~やってしまった設営場所 M101

今日は夏至 一年で最も夜が短い日。

地元では薄明終が20h51m、薄明始は02h35m 

夜遊び有効時間は5時間45分ほど


梅雨の時期でもあり月没は00h30mと星空見上げる人には影響は

なく、これから夜の部が日に日に長くなることは大歓迎。

今回も機材設置場所が裏目となりお目当ての対象は諦め、天頂付近で

お茶を濁してしまいました。


用意していた筒で撮るのは無理も承知、手ぶらで帰るよりは良いかと!


今更ながらのおおぐま座の渦巻銀河M101



M101_14psi_a
    2018 5/19  23h13m~
タカハシ FS60CB F6 フラットナー
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Ligh
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon EosX7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX14枚
栃木初めての撮影地〇〇峠


小さぁ!回転花火というよりもねずみ花火


先日の夕方新たに庭先で撮ったフラットフレームを使用してみましたが

まぁほどほどに使えたのでひと安心。


ねずみ花火をトリミング拡大してみました。


M101_14psi_aaa

渦巻きに見られるM101独特の色彩は表現できずト、ホ、ホです。
気を取り直して 天の川を


Amanogawa_mars_2018519_8128


徐々に明るさを増してきている火星と夏の三角、そしてはくちょう座まで




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 新たな撮影地で 天の川 | トップページ | あぁ~やってしまった電池切れ IC1396 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
FS60CBがいい仕事していますね。
この小ささがまたいいんですよね。
広い宇宙にぽっかり浮かんでいる感じが好きです。
ねずみ花火銀河もいいネーミングですね(笑)

テナーさん、こんにちは。

「あぁ〜やってしまった」?
撮りたい対象が撮れなかったってことですね。
びっくりした。
だってM101は、小さく撮っても、ぐるぐるぐるぐる…。
(@_@)
渦渦巻き巻きでいい感じじゃあないですか!
天の川も色濃いし!
またココに行くかどうかは別として、良い空でしたね。

こんにちは。
低い位置に難がある撮影地なんですね。
暗い空でなお且つ条件が良い天頂付近が撮影できる、とアクティブに考えるしかないですね。
バンビの横顔からはくちょう座まで、くっきり天の川がいい感じですね。
天の川銀河がレンズを横から見た形、というのがよくわかります。

ヤマボウシさん
無理矢理単焦点で狙ってしまいました。
銀河は800mmでいつも撮っているので銀河の
小ささに唖然!
仰しゃる通り宇宙に浮かぶ感は出ているので
これはコレで有りかも。

layout3さん
そうなんです、前回秩父山の中でもイザあれを
撮ろうと計画してましたが木立に邪魔されそして
今回も。
ここのところ読み違い、凡ミスが多いです。
そんなこんなで意図していない対象を山のように
撮っています(^。^)
梅雨明けが待ち遠しいですね。

悠々遊さん
折角の夜遊びなので撮れるものは何でも撮る。
筒がダメならカメラでって事で天の川狙いですが
チョット湿度が高いか星像が。。。
数撃てば何とかなるかなぁってアバウトな
撮影が朝まで続きました。

でっかい天の川ですね~~
迫力ありますね。
これレンズ何ミリなんですか???

道端小石さん
相変わらず愚作放出中で処理の技は進歩が
ありません。
この時レンズはSAMYAMG 14mm F2.8です。
ディフュージョンフィルター使う時はSIGMA 17mmですが
ノンフィルターの時はSAMYAMGに頼ってしまいます。
天の川には丁度良いサイズかもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/73723879

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ~やってしまった設営場所 M101:

« 新たな撮影地で 天の川 | トップページ | あぁ~やってしまった電池切れ IC1396 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30