フォト
無料ブログはココログ

« 皆既月食 其ノ2 | トップページ | しし座 トリオTHE銀河 M65 M66 NGC3628 »

2018年2月 3日 (土)

皆既月食 其ノ3 処女作です

まだ皆既月食に未練を残しています。というかネタがない(;ω;)


今回は一度は作ってみたい地球の影を醸し出すあの画像です。

皆さまにとっては お茶の子さいさい、朝飯前、赤子泣いても蓋取るなって

感じだと思いますが、アナログ爺ぃの信条は機材も画像処理も

「習うより慣れろ」精神なので果たしてどうなる事やら!

まして初めてご対面する処理ソフトどうしましょ。


「習うより慣れろ」精神で苦節ウン時間の成果はこんなもんです。



  皆既月食 
Gextushoku_9pxxtrsss
 2018 1/31  20h42m~

日食ではこういう表現を日食ハイライトと言ってますが月食では

「いこい」か「セブンスター」と呼ぶのか。。。まさか!

画像を注視すると細かい点が気になりますが皆様におかれましては

気にすることなく「アアァ・・」と納得してただければ幸いです。


これより先、アナログ爺ぃの処理奮戦記となるので御用とお急ぎの方は

スルーして下さい。


何しろ初めての画像処理、右も左もわからずソフト画面のどこをどう

いじれば良いのか皆目見当もつかず、まぁ何となくイメージは湧くので

台紙に切り貼りすればと用意したものは糊とハサミと台紙、台紙ですか!

台紙はダークフレームを使用。


先ずは「ファイル」から「レイヤーとして開く」 ここからが地獄の始まり

使用する月の画像の下ごしらえ。

あっちのソフトで調整、こっちのソフトで修正、また

あっちのソフト、こっちのソフトとたらい回しでまるで頭の中は東京の

地下鉄案内図のよう。何処へむかっているのか。。。。。。


台紙に貼った月が突然消えてしまった!

それもどこを触って消えたかわからない、それはまるで仮想通貨のように。

ウ~ン!唸っているとTVから 貴乃花親方、理事選で落選のニュースが、

テナーは月が消えて落胆。

そういう時の「習うより慣れろ」精神はスタートラインに戻る、これが一番ですが

3歩進んで2歩下がるのでなかなか先が見えません。


途中珈琲やトイレ、煙草に風呂、食事に音楽鑑賞と寄り道も多彩

処理に右往左往している時に流れていた曲は何故か!!!

   ♫ How High the Moon  by Les Paul & Mary Ford


ソフト画面の記号や言葉が分からない

可視レイヤーがどうのとか選択範囲エディター、描画ツールってなんだ。

マウスを握ったまま考えることウン分、どこかクリックすれば何とかなる

だろう。。。。。

これを繰り返していると

TVでは タモリ倶楽部のオープニングが、チラッと見るとあのプルプル

しているものが月に見えてきた。

PCの画面に視線を戻すと月があのプルプルしたお尻に見えてきた。

最早、頭の回路がショート気味。

頭の回路がショートしても「習うより慣れろ」精神は着実にゴールへ

導いてくれおり、先に光が見えたが最後の一手に迷いと不安が入り混じる

こと数分、指して手は王手、飛車取りで無事にゴール保存が出来ました。


行程を忘れないうちに最初からもう一局パターンを変えて「習うより慣れろ」


Gextushoku_7pab_trs


まあ何とかみられる画像になったかと思います。


機材も画像処理も「習うより慣れろ」精神はアナログ爺ぃにとって苦では

有りませんが何しろ画像処理のスキルアップには時間が掛ります。

ほどほどのスキルでこれからの天体写真を楽しんでいきますので

皆さまにおかれましたは余り期待せずにブログ訪問頂ければ

幸いです。

  長々と作文にお付き合いいただき有難うございました。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 皆既月食 其ノ2 | トップページ | しし座 トリオTHE銀河 M65 M66 NGC3628 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
どちらも綺麗ですよ。こんな画像をいつかは作ってみたいです。
今回の月食は奇跡的に見れて良かったですね。
小生は疲れてモチベーションも無く、迷わず寝ました(苦笑)

テナーさん!こんにちは!!

おぉ〜おぉ〜おぉ〜!
こっ、こっ、コレは!
天文雑誌でよく見る画像構成じゃあないですか!
もの凄い勢いでスキルアップしてませんか?
星雲や銀河イイけど、お月様もイイもんでしょう!
たまぁ〜にはお月様と遊んでくださいねぇ〜。

テナーさんこんにちは。
自力解決お見事でしたね。前から自分もこのような処理どうやって作るんだろうレイヤー処理だろうとまでは理解できたのですがその先が???撮った写真をレイヤーで読み込んだもののどうしても上手く行きません。ネットで探しても方法を見つけることが出来ずさんざん迷うこと半日。いい加減嫌になった頃、読み込んだレイヤーの比較明の順序を逆にすれば出来るんだということが分かったのです。こんな簡単な事でも知らないとハードル高しですね。
Photoshop用の天体処理解説本出版してくれないかなあ、と思っていますよ。

こんばんは
自力解決お見事! そしてお疲れ様でした。
私自身は地球の影写真は「作る人」ではなく「作られた作品を見る人」ですが(笑)。

Gさん、天文ガイドでおなじみの誠文堂新光社から、
「Photoshop Elementsではじめる 天体写真のレタッチテクニック」定価2000円+税
という本が出ているのをご存知でしょうか。
本家のPhotoshop用ではないですが、Elementsで出来ることは本家でもできるのでしょうね。
私はPaintShop Proを使っているので、それ用の天体処理解説本が欲しいです。

ヤマボウシさん
日食や月食がある度にこんな画像を作りたい
と前々から思っていたんで今回は意を決して
挑んでみました。
今回は天気予報に躍らされましたが良い目が
出たのでラッキーでした。

layout3さん
夢に見ていた画像が作れて満足です。
奮闘記を書く位ですからこの画像作りへの
思い入れが自分で言うのも何ですが強かったんで
しょうね。
月は身近なお友達にしたいですね。

Gさん
イメージは出来てもなかなかそこにたどり着かない
画像処理ですが手法は色々あると思います。
ただそれまでの手探りが奥が深い。
教則本も多々ありますがピンポイントでの解説が
中々見当たりませんね。

悠々遊さん
書店にご指摘の書籍他の存在は知ってますし、
時々立ち読みですがお世話になってます。
今回photoshopで出来るのは知っていましたが
挫折し、星友さんに聞いたGIMP-2でやってみました。
どちらも同じ様なスタイルですが今回の作業はGIMP2
の方が理解しやすかったです。
ステライメージはじめ各処理ソフトは処理の部分部分で
使い回すため各ソフトの内容を広く深くは理解出来ていませんね。
まぁあとはネットからヒントを頂くのが今風ですが
アナログ爺いは結構遠回りしてます(≧∀≦)

おはようございます。

これは地球の影がわかる素晴らしい画像ですね。
いろいろと試行錯誤されたご様子。
私も何種類かのソフトを使っていますが、使い慣れないとすぐに忘却してしまいます。
最終的な仕上がりはその人のセンスが出ると思いますがナイスですね。

先日はPhotoScape教えて頂きありがとうございます。
フリーとは思えないほど多機能のソフトですね。

demioさん
ありがとうございます。
皆既中の色彩はチョット盛り過ぎです。
画像処理の探究心は強いのですが中々スキルは上がりません。
今回の処理もつぎの月食の時には多分忘れていると
思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既月食 其ノ3 処女作です:

« 皆既月食 其ノ2 | トップページ | しし座 トリオTHE銀河 M65 M66 NGC3628 »