フォト
無料ブログはココログ

« 南の二重星団の片方を M46 | トップページ | 回って回って いつものフレーズ M101 »

2018年2月16日 (金)

良く見える渦巻銀河 M106

おおぐま座やりょうけん座の周辺には有名処の銀河が多くあります。

M51・子持ち銀河、M101・回転花火、M81&M82、惑星状星雲M97を

撮ると近くにはM108、ひまわり銀河と呼ばれているM63と。。。。。。


今回は中心部にブラックホールの存在が確認されているM106です。

M1062018213mitumine
 2018 2/14  03h11m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f 240㎜(ガイド鏡)
Canon Eosx7i (改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sX10枚
奥秩父山の中

視直径は11.13X5.4 と二桁の数値が示すように渦巻銀河の 中では

大きい方でしょう。

この銀河の周囲にはよく見ると小さな銀河が認められ、画像の端には

12等級のNGC4217、M106のすぐ上には小さなNGC4248がアクセントに

なっています。

この銀河思いのほか、中心部は明るいですが周辺の腕は薄く、強調し彩度ほか

をいじってもバルジには色が乗って来ません。ISOを上げ撮影時間を短縮したせいかも!


  撮影中流れていた曲は
        ♫Fantasy  by Earth,Wind&Fire

今回は天体コタツを設置したものの撮影中は車中で寝袋にくるまり

じっと我慢の爺ぃに徹していました。










にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 南の二重星団の片方を M46 | トップページ | 回って回って いつものフレーズ M101 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
1日遅れの15日夜にこの銀河を撮りました。
テナーさんの写真をお手本に、今から処理してみようかな。
どんな仕上がりになることやら・・・。

こんにちは。
淡い部分まで、きれいに写っていますね。
ちかくにある大小の銀河もアクセントになって
おもしろい絵になっているのではないでしょうか。
やっぱり、一つじゃ、寂しいですかね。
長焦点の銀河祭りには強風は天敵ですね。

テナーさん、こんにちは。

まだまだ寒い秩父の山の中…。
こたつにもいれなかったって事は、相当寒かったんですね。
お疲れ様でした。
でも、その寒さの中で赤道儀とカメラは、頑張って仕事してくれましたね。
イイ写真ですね。
来月の撮りたいリストに書いときます!
(苦笑)

悠々遊さん
明るく大きな銀河ですから処理も難しくは無いでしょう。
こういう銀河をCMOSカメラで撮ったらどうなんでしょうね?
悠々遊さん一度試してくれませか?

viewru3103さん
銀河や星団しか狙いようの無い今の時期で
さて何を撮ろうかと悩むと矢張り大き目な銀河を
選択して結局毎年同じものを撮ってしまいます。
あまり芸がありません(≧∀≦)

layout3さん
−6度の山の中、風もなく好環境の中での夜遊びになりました。
コタツに入っても上半身は寒いので車中で待機!
年々寒さに立ち向かう気力が削がれていきます。
ですが、寒くても暑くても外で遊んでいるのが
1番です。^_^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良く見える渦巻銀河 M106:

« 南の二重星団の片方を M46 | トップページ | 回って回って いつものフレーズ M101 »