フォト
無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月24日 (土)

西にオリオン 東にさそり

昨年10月にオリオン座を撮ってから4か月、そのオリオン座も午前0時

過ぎると西に落ち星空の姿も変わっていきます。

オリオン座にはM42を始め馬頭星雲、M78、魔女の横顔そして周囲を包む

バーナードループと賑やかで撮影のし甲斐のある星座です。


S_p
  2017 2/13 23h58m~
Canon Eosx2 seo-sp3 ISO1600 60sX12枚
SIGMA 17-70 21㎜ f3.2 プロソフトン使用
ポラリエ使用
奥秩父山の中

この夜は到着時氷点下2度、深夜になっても氷点下6度から下がることなく

また風も無く霜の降りることも無く久しぶりの好コンディションで過ごせました。

昨年末から風に悩まされ溜まったストレスも今回の夜遊びで解消(o^-^o)


この夜は薄明開始が5時、2時には夏の星座の代表格である

さそり座が南東の空に昇ってきます。

先月の残雪がまだ残る斜面の向こうに4時ごろから見えるようになり

これから夏の星座の出番となりますね。


B_si1
  2018 2/14  04h10m~
Canon Eosx2 seo-sp3  ISO1600  30sx11枚
SIGMA 17-70 21㎜ f3.2 プロソフトン使用
ポラリエ使用
奥秩父山の中 


さそり座の近くには火星、木星もあり惑星ファンにとっては忙しい

季節になってきますね。

さぁ!夏の天の川を撮るのは何時なのか!

Bb_si1





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月20日 (火)

回って回って いつものフレーズ M101

朝から晩までピョンチャン五輪漬、日本のメダルも金2個をはじめ

合計10個で長野大会に並びましたね。

これから終盤、期待できる競技があるので楽しみです。

特に今回は男女カーリングのTV観戦が多く、TV画面上の赤と黄色の

ストーンの並び方に、Oh斜めに3個 オリオン三ツ星、ストーンがひとつ

はじかれてふたご座に!

中心部に赤、黄色のストーンが集まりOh今度はすばるか!。。。。

もはやカーリング症候群を発症中。

男女ともに予選を突破してほしいものです。


今回はストーンの回転ではなく、回って回ってでお馴染みのM101「回転花火」

大型のフェイスオンの銀河です。


M101_xabdefg
  2018  2/13  23h26m~
VIXEN  R200SS F4  コマコレ3
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240㎜(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 300sX16枚
奥秩父山の中
 *画像差し替え「フラット不良」

  撮影中に車中で流れていた曲は
      ♫ Blue Star   by The Shadows

久しぶりにM101のおりおんショット

Img_1144_m101xa
  2018 2/14 00h01
Canon Eos 40D(ノーマル) SIGMA 18-200 18㎜ ISO1600 30sX1枚Jpeg  







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月16日 (金)

良く見える渦巻銀河 M106

おおぐま座やりょうけん座の周辺には有名処の銀河が多くあります。

M51・子持ち銀河、M101・回転花火、M81&M82、惑星状星雲M97を

撮ると近くにはM108、ひまわり銀河と呼ばれているM63と。。。。。。


今回は中心部にブラックホールの存在が確認されているM106です。

M1062018213mitumine
 2018 2/14  03h11m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f 240㎜(ガイド鏡)
Canon Eosx7i (改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sX10枚
奥秩父山の中

視直径は11.13X5.4 と二桁の数値が示すように渦巻銀河の 中では

大きい方でしょう。

この銀河の周囲にはよく見ると小さな銀河が認められ、画像の端には

12等級のNGC4217、M106のすぐ上には小さなNGC4248がアクセントに

なっています。

この銀河思いのほか、中心部は明るいですが周辺の腕は薄く、強調し彩度ほか

をいじってもバルジには色が乗って来ません。ISOを上げ撮影時間を短縮したせいかも!


  撮影中流れていた曲は
        ♫Fantasy  by Earth,Wind&Fire

今回は天体コタツを設置したものの撮影中は車中で寝袋にくるまり

じっと我慢の爺ぃに徹していました。










にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月13日 (火)

南の二重星団の片方を M46

二月の新月期に入り三連休の中日、奥秩父山の中へ足を運んで

みました。

連休中でもあり風が気になりますが星屋さんの車は6~7台。よくお会い

するDさんの横で機材を設置し今回は焦点距離を延長しての撮影。


銀河を撮る前に南の二重星団(M46&M47)とも言われている散開星団の片方

M46に筒を向けてみました。


M46 とも座 
M46_si_a4
  2018 2/11  21h09~
VIXEN R200SS kenko 2XTeleplus  1600㎜
VIXEN SXP SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon Eos7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX12枚
奥秩父山の中


位置はシリウスの東にあり天の川の星々に埋もれていますが双眼鏡でも

良く確認できます。

特にこの散開星団の中にあるドーナツ状の惑星状星雲には興味をそそられて

今回の撮影となりましたが、ここまで散開星団を長焦点で撮る必要が有るのかと

問われると。。。。。


  ♫今回は星屋さんが多く癒しの音楽はなし!!




2014年10月に撮影した南の散開星団と呼ばれるM46&M47の画像です。

M46  VIXEN R200SS 800㎜ F4 使用
B_m46ngc2438141019

 
M47   VIXEN R200SS 800㎜ F4 使用
E141019_3


ペルセウス座の二重星団(NGC869,884)と比べ星団同士は離れているものの

M46、47を同一視野に入れ双眼鏡での見応えは十分あります。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月 8日 (木)

しし座 トリオTHE銀河 M65 M66 NGC3628

皆既月食も終わり新月期に入りますが皆様の計画は如何でしょうか。

今週末は3連休の方も多いと思いますが天候が心配ですね。

天候が悪い時はTVの前でミカンを片手に平昌五輪の日本選手を応援

でしょうか。


今回は先月撮った春の銀河の代表とも言えるしし座のトリオTHE銀河です。


  M65 M66 NGC3628
M65m66_2018116_xxx
 2018 1/16   00h41~
VIXEN  R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon Eos7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 240sX12枚
県民の森

  この撮影中に流れていた曲は

  ♫ Star Dust by Scott Hamilton


このしし座が今の時期は南中が午前1時頃で撮影には最適、このトリオの

他にM95,M96.M105の3個の銀河も同一写野に撮り込むことも出来ますね。

しし座が過ぎるとおとめ座と春の銀河祭りはいよいよ忙しくなります。








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただくと少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月 3日 (土)

皆既月食 其ノ3 処女作です

まだ皆既月食に未練を残しています。というかネタがない(;ω;)


今回は一度は作ってみたい地球の影を醸し出すあの画像です。

皆さまにとっては お茶の子さいさい、朝飯前、赤子泣いても蓋取るなって

感じだと思いますが、アナログ爺ぃの信条は機材も画像処理も

「習うより慣れろ」精神なので果たしてどうなる事やら!

まして初めてご対面する処理ソフトどうしましょ。


「習うより慣れろ」精神で苦節ウン時間の成果はこんなもんです。



  皆既月食 
Gextushoku_9pxxtrsss
 2018 1/31  20h42m~

日食ではこういう表現を日食ハイライトと言ってますが月食では

「いこい」か「セブンスター」と呼ぶのか。。。まさか!

画像を注視すると細かい点が気になりますが皆様におかれましては

気にすることなく「アアァ・・」と納得してただければ幸いです。


これより先、アナログ爺ぃの処理奮戦記となるので御用とお急ぎの方は

スルーして下さい。


何しろ初めての画像処理、右も左もわからずソフト画面のどこをどう

いじれば良いのか皆目見当もつかず、まぁ何となくイメージは湧くので

台紙に切り貼りすればと用意したものは糊とハサミと台紙、台紙ですか!

台紙はダークフレームを使用。


先ずは「ファイル」から「レイヤーとして開く」 ここからが地獄の始まり

使用する月の画像の下ごしらえ。

あっちのソフトで調整、こっちのソフトで修正、また

あっちのソフト、こっちのソフトとたらい回しでまるで頭の中は東京の

地下鉄案内図のよう。何処へむかっているのか。。。。。。


台紙に貼った月が突然消えてしまった!

それもどこを触って消えたかわからない、それはまるで仮想通貨のように。

ウ~ン!唸っているとTVから 貴乃花親方、理事選で落選のニュースが、

テナーは月が消えて落胆。

そういう時の「習うより慣れろ」精神はスタートラインに戻る、これが一番ですが

3歩進んで2歩下がるのでなかなか先が見えません。


途中珈琲やトイレ、煙草に風呂、食事に音楽鑑賞と寄り道も多彩

処理に右往左往している時に流れていた曲は何故か!!!

   ♫ How High the Moon  by Les Paul & Mary Ford


ソフト画面の記号や言葉が分からない

可視レイヤーがどうのとか選択範囲エディター、描画ツールってなんだ。

マウスを握ったまま考えることウン分、どこかクリックすれば何とかなる

だろう。。。。。

これを繰り返していると

TVでは タモリ倶楽部のオープニングが、チラッと見るとあのプルプル

しているものが月に見えてきた。

PCの画面に視線を戻すと月があのプルプルしたお尻に見えてきた。

最早、頭の回路がショート気味。

頭の回路がショートしても「習うより慣れろ」精神は着実にゴールへ

導いてくれおり、先に光が見えたが最後の一手に迷いと不安が入り混じる

こと数分、指して手は王手、飛車取りで無事にゴール保存が出来ました。


行程を忘れないうちに最初からもう一局パターンを変えて「習うより慣れろ」


Gextushoku_7pab_trs


まあ何とかみられる画像になったかと思います。


機材も画像処理も「習うより慣れろ」精神はアナログ爺ぃにとって苦では

有りませんが何しろ画像処理のスキルアップには時間が掛ります。

ほどほどのスキルでこれからの天体写真を楽しんでいきますので

皆さまにおかれましたは余り期待せずにブログ訪問頂ければ

幸いです。

  長々と作文にお付き合いいただき有難うございました。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月 2日 (金)

皆既月食 其ノ2

昨夜からまた雪になりました。

今回は水分を多く含む雪で2~3cmの積雪で積もったというほどでは

有りません。

しかし、北側の日の当たらない道路はなかなか解けないので昼から

雪かきをし、終わったところで先日の皆既月食の画像をちょっといじり


今回はマス詰めで月食の経過を繋いでみました。

 皆既月食 2018.1/31~2/1
Page_13p3

上段左から (時間 シャッ ター速度 ISO) 
  20h42m    1/1600   200
  21h01m    1/1600    200
   21h22m   1/ 400    200
   21h37m   1/ 50   200
中2段左から(時間 シャッター速度 ISO) 
   21h47m      1s         200
   22h05m    0.8s         400
中央 大
   22h48m    0.6s         400
下2段左から(時間 シャッター速度 ISO)
   22h58       0.6s        400
   23h06       0.6s        400
下段左から(時間 シャッター速度 ISO)
   23h20m   1/100      400
   23h35m   1/320      200
   23h49m   1/320      200
   00h10m   1/500      200

部分食の終盤は薄雲に覆われてしまいましたが、先ずは9割がた

観望、撮影できことに感謝です。


結構な撮影枚数になりましたが、その中で私なりのお気に入りの

瞬間は。。。。。。。

皆既食の終わった瞬間

Img_8365_best_1
  2018  1/31 23h08m  シャッター速度 0.6s ISO400

今回の機材は
VIXEN  R200SS F4  コマコレ3
VIXEN  SXP赤道儀
Canon Eos7i(改造) 
さいたま市 田圃畦道にて


   
   

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2018年2月 1日 (木)

皆既月食 Higorono-。。。。

1月31日 夕方

思わぬ方向に天気が転び皆既月食の観望、撮影が出来ました。

ブログの新着記事画像は 月、月、月、、、、、、

とりあえず皆既とそのbefore & after を


Img_8308_2039atr1
 2018 1/31 20h39  部分食の開始前



Img_8348_2225atr1
  2018 1/31  22h26  皆既食


Img_8396_0010atr1
  2018  2/1  00h10   部分食終了直前

部分食が終わる30分ほど前から薄雲が広がり残念ながら

こんな状態で終了しました。

半分あきらめていた皆既月食を見ることが出来たのは、Higorono、、、、、

そんなことはないでしょう。

只々、ラッキーのひと言です。


  月食を満喫している時に流れていた曲は

  ♫ Blue moon  by Diane Shaw


撮影地は地元田圃畦道にて






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »