フォト
無料ブログはココログ

« ランナウェイ・スターの輝きは! まがたま星雲 | トップページ | 今年も残り少なく、2017年も去る NGC2174モンキ星雲 »

2017年11月22日 (水)

恒例行事 馬頭星雲

この時期になると定番というか恒例行事というか、あぁ撮らなければと

無条件で筒を向けてしまう馬頭星雲。

今回は晩秋のみずがき湖で恒例行事を行いました。


Uma_moeruki20171111
  2017 11/12  00h12m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240(ガイド鏡)
Canon EosX7i(改) LPR-Nフィルター  ISO3200 180sX20枚
みずがき湖にて

この日の月齢は月齢22、月が出てからの撮影ですが山陰から

月が顔を出すまでの1時間ISOを上げて撮ってみました。

今回は20枚の設定で気が付いたことがあります。

普段時短撮影でステライメージのバックグランドスムースを若干いじりますが

今回はその必要がないほどの滑らかさに驚き!

「今頃気が付いたの・・・」 なんて声が聞こえてきそうですが問題は

反射望遠鏡の宿命、輝星アルニタクの処理がなかなか難しい。



馬と言えば馬肉。。。。。。

いつもの散歩コースに咲いているんですよ!サクラ肉が

いやいや桜が!


P1060290_a


P1060294



P1060293_a


ジュウガツザクラは江戸末期に品種改良が進みこの頃作られたようで、10~1月、

3~4月と年に2回も花が咲く。

テナーももうひと花咲かせてみたいなと。。。。。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« ランナウェイ・スターの輝きは! まがたま星雲 | トップページ | 今年も残り少なく、2017年も去る NGC2174モンキ星雲 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

なめらかで美しい仕上がりに感動。
とてもISO3200とは思えません。
同じく3200で20枚コンポしても到底この画像には程遠いのはなぜでしょう。
自分の処理の仕方が拙いのは承知していますが、原因はそれだけではない気がしてきました。
見てはいけない写真&データを見てしまったかも・・・落ち込んでいます。

テナーさん、こんにちは。

いやぁ〜、参りました…。
すっごい画像を見てしまいました…。
悠々遊さんの仰しゃる通り、なめらかで綺麗ですね。
やばいなぁ〜。
同じ馬頭を撮ってますけど…。
ゴミ箱行き決定です…。
…>_<…

こんにちは。
滑らかな画像を知ってしまうと、枚数を稼がずにはいられなくなります。
月の出後の画像とは思えないですね。短期決戦にはISO3200が効果的ですか。
伯母桜ならぬ叔父桜になって、いつまでもツヤツヤでいたいものです

こんばんは。
いやー、きれいで滑らかで素晴らしい迫力ですね。
光害カットフィルターで3分ですか。
う~む、すごいクオリティ。
光害カットフィルターってあったほうが良いですかねぇー?

悠々遊さん
落ち込まないで下さいよ。
最近枚数稼ぐ撮影にしてますが、今回は感覚的に
背景の粗れが少ないと感じました。
枚数効果なのか決めつける事は出来ませんが
メリットはあるんでしょうね。

layout3さん
ウムウム、赤い星雲を良く見るとちょっと盛り過ぎの
感があります。
もう少しあっさり仕上げたかったんですが、強調しても
粗れないのでイケイケになってしまったようです。
ゴミ箱から拾い上げてアップして下さいね。

ヤマボウシさん
月が出て急がないと、ということでISOを高めに
して枚数稼いだってことですが、みずがきの夜空の暗さに
救われたと思います。
桜散る(*≧∀≦*)にはまだまだ早いと思っているので
猫背出っ腹の身体をもう少しの間酷使してみます。

viewru3103さん
ありがとうございます。
実際 光害カットフィルターの有無の検証をした事が
ないので何とも言えませんが、どちらかと言うと、気休めや
皆さんが使っているからという主体性の無い使い方です。
笑っちゃいますね。イヤ笑わないで下さい。
光害カットフィルターは信じる者は救われるって事でしょうか!

皆さん仰るとうり滑らかな画像ですね。
私などゴリゴリに処理しているので肌荒れが酷いです。
空の暗さと撮影枚数、気温の低さや処理工程など色々な要因が関連しているんでしょうね。

馬頭を取り囲む赤い星雲、色合いが素晴らしいですね。
この色が自分ではどうしても出なくて苦労しています。
テナーさん流石ですね。

demioさん
ご指摘の通り枚数、環境など何拍子もそろっていれば
楽な処理も出来るってもんですね。
そこで心入れ替えて枚数だけでも稼ぐ撮影にスタンスを変えたい
と思いますが、時短撮影が身に付いてしまって上手くいか
疑問です。

Gさん
ありがとうございます。
自分では赤を盛り過ぎ、輝星の飽和と投稿して改めて
見ると落ち込みますよ。
気分次第で濃かったり淡かったりと悩み多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例行事 馬頭星雲:

« ランナウェイ・スターの輝きは! まがたま星雲 | トップページ | 今年も残り少なく、2017年も去る NGC2174モンキ星雲 »