フォト
無料ブログはココログ

« ハートとソウルを繋げてみると! IC1805&IC1848 | トップページ | IC405&IC410 ぎょしゃ座 »

2017年11月 7日 (火)

ガーネットスターとIC1396

今日は立冬 冬の始まりです。

日の入りが早くなったのが実感できますね、因みに今日の日没は

地元時間で16時40分、昼間は暖かでしたが日没後は急に気温が下がってきます。


今回は先月最後の夜遊びで出かけたいつもの森で撮影した

ガーネットスターとIC1396です。


IC1396 ケフェウス座

Ic1396433
 2017 10/26  23h23m~
タカハシ FS60CB 355mm フラットナー
VIXEN  SXP   SS-one Autoguider Light
ZWO ASI120MM D60 f240 (ガイド鏡)
Canon EosX7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 180sX18枚
県民の森にて

この夜は平日にもかかわらず初めてお会いした同じ地元のT中さん、

タカハシの機材を操るT橋さん、30超のドブで観望のベテランさん、

ご挨拶出来ませんでしたが離れたところに1~2名の方と皆さん星空を

待ち望んでいたんでしょう。


IC1396の魅力はケフェウス座のμ星(ガーネットスター)の輝きと散光星雲

の中にウネウネしている暗黒帯、特に「象の鼻」と呼ばれる暗黒帯は摩訶不思議な形。

μ星(ガーネットスター)は明るい赤色超巨星の為、W・ハーシェルが名付け親のようです。
                                  (Wikipediaより)

ガーネットと言えば一月の誕生石で色は赤黒いイメージがありμ星の色とは

チョット違う感じが!それとも撮影機材によるものか深く考えてもしょうがない。


  9月に撮影した「象の鼻」を
213xvp_2

  VIXEN R200SS 800mm  コマコレ3
  ISO1600 360sX8枚  妙義山にて







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« ハートとソウルを繋げてみると! IC1805&IC1848 | トップページ | IC405&IC410 ぎょしゃ座 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

和名ザクロ石・・・やはり濃い赤黒のイメージですが、反射光や透過光と違って星は光源ですから黒っぽさは薄れるんでしょうね。
IC1396は355mmでもはみ出てしまう広がりなんですねえ。

1月生まれなんでガーネットスターには一際愛着があります。
ガーネット(柘榴石)は宝石の中でも安価だそうですが、IC1396のこの星雲、大きくて立派で撮影しても見応えがありますよね。
一度象の鼻を超拡大して撮ってみたいものだと思っているのですが機材を持ち合わせていないので残念。

テナーさん、こんにちは。

やっぱり、あの日の晩は、皆さんお出掛けだったんですね。
地元のカがいらっしゃったんですか!?
お仲間が増えましたね。
ガーネットスターって、前から撮ってみたいなぁ〜って思っているんですけど、チャンスないやぁ〜。
綺麗ですねぇ〜。

こんばんは
ガーネットスターって、ほんと綺麗な色をしてますよね。
観望会なので観ていただくことも多いんですけど、みなさん声を揃えて「小さいけど綺麗!!」とおっしゃいます。
大きさは太陽の1500倍と言うと、驚かれますが(笑)
その星の周りにこんなに大きな赤い星雲があるなんて、星屋しか知らないですね(笑)
そし象さんの長~い鼻も。宇宙って不思議です。

こぉゆぅ風にズッポリ全体が納まるってエェですねぇ!?
色もエェ感じで、THE 1396って感じの雰囲気ムンムンで、ガス!
R200SSの象の鼻!ひとつの対象を違う焦点距離で撮るってのも
羨ましいで、ガス!私、服も望遠鏡も一張羅なもんで!ハハッハ!

こんにちは。
IC1396と周りの散光星雲がボリュームがあっていいですね。
ここを撮るのは時期的にそろそろ終わりでしょうか。象の鼻は
去年の撮影では時間を掛けれなかったので、再挑戦したいです。

悠々遊さん
ハーシェルには柘榴石のように見えたんでしょうね。
画角いっぱいに広がるIC1396は北アメリカ星雲より
大きく、あまり星雲を強調すると背景にも影響が
出てしまうのでこの辺が限界でした。

Gさん
お誕生日は1月ですか!あえて同年代なので歳は聞きません(笑
立派な散光星雲ですが、実は昨年撮った時なんとガーネットスターを
写角から外してしまい気の抜けた絵になってしまいました。
今回は笑いのネタにならないと思います(笑

layout3さん
当日は平日出勤が出来る特典をお持ちの方ばかり
でした。
途中一番美味しい時間帯に雲の来襲を受け撤収も
考えましたが、なんとか薄明まで居座って
平日出勤の勤務遂行出来ました(笑

おりおんさん
多々ある恒星の中でも特徴ある色合いがガーネットスターには
ありますね。
実はまだ眼視で見た事がないので本当の綺麗なガーネットスターを
知りません(苦笑
おりおんさんとこの観望会にお邪魔して見させて下さい。
片道500kmの観望遠征が出来る日を夢見ていますよ。

じぃ様
ズッポリ、ズボズボに画面一杯に広がり過ぎると
これまた良し悪しなんでレデューサーかフルサイズの
Astro 6Dの冷しなんかあったら鬼に金棒でガス(笑
鏡筒の二刀流も乙なもんですよ!そろそろ訪問着用に
単焦点屈折などいかがでしょうか。

ヤマボウシさん
関東の遠征場所ではどうしても東側の空の
明るさが気になり、この星雲も西に移動してから
撮ろうと時期をずらして狙ってみました。
象の鼻はまだまだいけると思うのでタカハシの
長尺で楽しんで下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーネットスターとIC1396:

« ハートとソウルを繋げてみると! IC1805&IC1848 | トップページ | IC405&IC410 ぎょしゃ座 »