フォト
無料ブログはココログ

« やってしもうた!ASASSN彗星 | トップページ | 四季咲のバラより夜空のバラ »

2017年10月21日 (土)

無理を承知でステファンの五つ子と従弟たち

秋雨前線による長雨に加え大型台風21号が日曜から月曜にかけて

日本列島に猛威を振るいそうです。大きな被害が出ないことを

願うばかりです。


さて今回は1カ月前に無理を承知で撮ったステファンの五つ子

800mmで狙うにはいささか無謀というもの1000mm以上は欲しいですね。


Stephan’s Quintet (NGC7320他) ペガサス座
Stephans_quintet_a
 2017 9/19  00h26m~
VIXEN  R200SS  800mm  コマコレ3
VIXEN  SXP  SS-one AutoGuide Light
ZWO ASI120MM D60  f240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 240sX10枚
群馬山の中


トリミング画像
Stephans_quintet_c

接近した5個の銀河のうち4個の銀河はヒクソン・コンパクト銀河群92として

物理的に結びつき、中でも中央の小さな2つの銀河は衝突している。
                              (Wikipediaより)

五つ子は最初の画像の大きな銀河NGC7331の子供たちの様に見えますが

目を凝らして五つ子の近くを良く見るとより小さな銀河が見えます。

これらはステファンの五つ子の従弟としても良いのではと勝手な解釈です。(^-^;


さて、ではどれが五つ子なのか
Stephans_quintet_d

NGC7318AとNGC7318Bが衝突している銀河です。

では従弟は〇で囲った銀河はNGC7320にCを付けているので

まぁ従弟にしても良いでしょう。そして右下の〇囲みの銀河の番手が

分かりませんが遠方に住んでいる従弟ってことで独断裏付けなしの

無責任解釈とします。(o^-^o)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« やってしもうた!ASASSN彗星 | トップページ | 四季咲のバラより夜空のバラ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ステファンの五つ子、いつか「すばる望遠鏡」の様に、それぞれの子供がはっきりと分かるように撮ってみたいですね~
と言うか、いずれ我が銀河系もアンドロメダ銀河と衝突し、他の銀河の方々から(必ず居ると思ってます 笑)から「アンドロメダの双子」なんて言われてるかも

写しましたねー
小さくても5つはっきり見えますね。
チャレンジしてみよー
でも、わたしの430mmじゃこれはむりか。。

テナーさん、こんにちは
これがあの有名なステファンの五つ子ですか。
もっと大きいのかと思ってましたが、思いのほか小さいんですね。
なので、いつか撮りたいリストに入れません(笑)。
でも、テナーさんの画像で鑑賞し、くっきり五つ子と分かりましたので満足満足。

kENさん
以前から撮って見たかった五つ子ですが小さく14等前後
なので1000mm以上で撮りたかったです。
広い宇宙でぶつかり合う銀河は想像も出来ません。

道端小石さん
小さな銀河は不得意な機種だと思いますが
赤いヤツに筒を向ければ敵なしじゃないですか。
でも、一度試すのも天文ファンの心意気でしょう。

悠々遊さん
余りの小ささにチョットがっかりでした。
有名専門誌などで見た画像が頭に強くイメージ
付いているで尚更のこと。
実際撮って分かるという事も勉強です。
優等生的なコメント(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/72025024

この記事へのトラックバック一覧です: 無理を承知でステファンの五つ子と従弟たち:

« やってしもうた!ASASSN彗星 | トップページ | 四季咲のバラより夜空のバラ »