フォト
無料ブログはココログ

« 薄薄淡淡銀河IC342 | トップページ | 淡淡小小銀河 NGC2403 »

2017年9月28日 (木)

NGC7635バブル星雲&M52

暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったもので9月も月末近くになると

朝晩の気温も10度台で過ごしやすくなり夜遊びにはそろそろダウンが

必要になりますね。


夜空にはカシオペア座が見やすくなりカシオペア座周辺には多くの散開星団と

散光星雲が存在し、今回はシャボン玉のような特異な姿のNGC7635と

散開星団M52を同一画面に撮り込んでみました。



Ngc7635m52bxpp
 2017 9/19  02h19m~
VIXEN  R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP   SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240mm(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 420sX8枚
群馬山の中にて

M52を配置して撮りましたが星雲を中心に処理したため散開星団は

グズグズです。


 トリミング画像
Ngc7635m52bxppww


この泡状の正体は中心部に8等級の高温で明るく大質量の恒星から

出る恒星風によるものだそうです(wikipediaより)








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 薄薄淡淡銀河IC342 | トップページ | 淡淡小小銀河 NGC2403 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

バブルがくっきりきれいですね。
かっこいいなあ(笑)。
散開星団は星団としての姿が分かるなら、それで十分かなという気もします。
若い星で構成されているので、青か青白い星がほとんどで、カラーバリエーションも乏しいですから。

テナーさん、こんにちは。

赤い星雲と星団のコラボ、かっこいいですね。
私はトリミングしない、そのまんまの写真が好きですね。
こうやって写真を撮ってみたいなぁ〜。

悠々遊さん
そうですね、主役はバブル星雲なんで散開星団は
たまたま写ってしまった^ - ^これではM52も僻むので
機会があったらとことん綺麗な散開星団として
撮ってあげましょう。

layout3さん
実はここだけのお話しですが、バブル星雲は苦手な
星雲五指にはいります。
理由!、、処理が難しいの一言。
なかなか苦手を克服出来ないもんです。

先日運良く 徹夜できた2日目に私もこのバブル星雲撮りました。
R200SSなら横構図にすると西側に赤い星雲(NGC7538)も入りますよ。(ちょっと窮屈ですが)
この付近はガスも覆っているようなので、背景むらなか、それともカブリなのか区別がつかず
画像処理が止まってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC7635バブル星雲&M52:

« 薄薄淡淡銀河IC342 | トップページ | 淡淡小小銀河 NGC2403 »