フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

みずがきの夜 2

日照時間の少ない今年の夏は夜も星輝時間は少なく

みずがきアストロフェスも雲の切れ間からの観望となりました。

事前告知により多くの来場者がありビジターセンター2階の大型反射望遠鏡

2基はフル稼働、駐車場観望撮影組でも各々お客様に星空を案内。


私も雲間から見えるはくちょう座の北アメリカ星雲を撮影しカメラモニターで

見て頂き星雲の形から由来する呼称‘北アメリカ星雲’を説明するが

例の別呼称‘大阪のお〇ん’と説明する勇気はなく、今考えれば

大きな心残りとなっているので来年は。。。。。。


NGC7000 北アメリカ星雲

7000mizugaki_2017_8_26_6
2017 8/26  20h43~
タカハシ FS60CB  355mm  フラットナー
VIXEN  SXP & SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM D60 f240mm(ガイド用)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 300sX5枚
みずがき湖ビジターセンター


お客様が途切れた合間を使って北アメリカ星雲を撮ってみましたが

雲のフィルターが少し影響しています。

それでも久しぶりの夜遊びに満足、満足!( ^ω^ )





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年8月27日 (日)

みずがきの夜

8月も終わろうとする中、暑さが盛り返し夏の再来を思わせる週末に

北杜市みずがき天文愛好会の観望撮影会が開催されました。

ここ2か月星空を仰ぎ見ることもなく過ごしてきましたが

今回の観望撮影会も難しいのでは。。。。。



見覚えのあるこの橋はブログのお仲間の作品に良く出てくる橋


P1060266_mizugaki_b


夕方には各々機材を設置し臨戦態勢に入り準備万端

P1060260_mizugaki_a


私もたまにはこういう撮影をします。

Img_6156sxp


雲の切れ間を見つけて西に傾く太陽、そして太陽を追いかけるように

南中を過ぎた月齢4.5の月

Img_6166nnzz


Img_6165tr1


太陽、月ともに機材は
タカハシ FS60CB VIXEN SXP赤道儀 Canon EOSx7i(改造)使用

そして太陽が山陰に沈むと


P1060271_zz


なにやら良い兆しを思わせるあかね雲。。。。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年8月20日 (日)

実家で見つけた物はお宝か、それとも!

実家の書庫からこんな物が出てきました。

アサヒカメラ 昭和11年~12年(1936年~1937年)発行
        1月~6月 7月~12月
月刊発刊を1冊に6か月分をまとめた特別号のようで背の下には

私の叔父のイニシャルが印刷されています。


P1060239


表紙を開くと  昭和11年 1月~6月
P1060242

内容は
P1060244


こんなのも
P1060249


当然宣伝もあり
P1060250


特集は2020年オリンピックに向けて! そんな馬鹿な!
P1060251


戦前でも写真雑誌の定番記事はこちら
Img_0375


オマケで
Img_0376

この写真集一冊の重さは2.5kg前後、重いもので3kgあります。

この重い戦前の写真雑誌をどうしたものか?

B××K O××へ持ち込むか、新聞雑誌と一緒にポイか、

どの程度価値があるか分からないので悩みどころです。

どうしましょ!?!










にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけるとチョット幸せ
にほんブログ村

2017年8月14日 (月)

行ったぜ!ペルセウス座流星群

今年もペルセウス座流星群はダメか!と、諦めていましたが

12日夕方には空は晴れ渡り西空は赤く輝きもしかしたら。。。。

急遽ダメ元で行ってみなければ何が起こるかわからない夜遊びの世界。


23時過ぎ雲の切れ間から星が見えてきたのでカメラをセットしましたが

こんな感じです。

 
Img_5742_2
 Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター
 SIGMA 17-70mm f4.5  20s ISO1600  Jpeg 1枚
 (WB:マニュアル ピクチャースタイル:忠実)
 2017 8/13 00h00m~

雲の切れ間を探しながらカメラを向けての撮影は月明かりも考え

思った所へカメラを向けることが出来ません。


03時頃の空の状態は

Img_6040_2

(WB:オート ピクチャースタイル:忠実)

カメラ2台で撮影枚数500枚以上ですが残念ながら釣果はゼロ



枚数も比較的多く撮ったエリアのグルグルを作ってみました。

Perseusg

 2017 00h44m~01h22m

雲の影響でところどころ歯欠けになっていて月明かりの影響も良くわかります。



眼視ではマイナス等級の足が長く早い流星を2個見ることが出来たのが

せめてもの救いです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年8月12日 (土)

行くぜ、東北 岬めぐり!

今夜から明日にかけてペルセウス座流星群は極大を迎えますが

関東地方は去年に続き天気に見放され諦め模様です。


ネタも尽きてしまい天文ネタから外れますが女房殿の荷物持ちとしてチョッ

トお出掛けしました。


東北の主な祭りも8月8日には終わり9日から地味に行って来たぜ、東北!

正にこれがあとの祭り!!!


来週はお盆という事でご先祖様を思い訪問した先は

下北半島の中央部にある外輪山の霊場 “恐山”

A_p1060218


冷たい雨の中、霊場としての雰囲気を強く感じあの世とこの世の交差点と

言った所でしょう。
B_p1060200


タイトルが岬めぐりという事なので向かった先は本州最北端の大間崎

3_p1060221


5_p1060223

この地でマグロを口にすることもなく豪華客船の乗船時間もあるので大急ぎで移動>>>

6_p1060231


移動先は奇岩塊石が神仏の様に群立する “仏ヶ浦”
7_p1060228


7_p1060229



下北半島から陸奥湾をまたいで津軽半島の有名な岬へ移動>>>>>

津軽半島の最北端 “竜飛崎”

8_p1060233

竜飛崎と言えば

15_img_0340


あの歌の歌碑があり、昨年末のライブで吹いた津軽海峡冬景色を

思い出します。歌碑の先には北海道が近くに見え北海道の白神岬まで約20Km。

♫あぁあ、あ~津軽海峡は夏景色でした。


途中こんな乗り物にも乗りました。

青森と言えば冬のストーブ列車でお馴染みの津軽鉄道ですが

今回は秋田~青森間を走る五能線、秋田新幹線こまちの開業と共に

リゾートしらかみが開業し人気ローカル線のひとつになっています。

「リゾートしらかみ」は3兄弟列車

そのひとつが昨年デビューした“橅”編成 全席指定
13_img_0352

当然、このハイブリットディーゼルには予約していないので

乗ったのはこちらの普通各駅停車、この車両で日本海の荒波を堪能した次第です。

9_img_0344


日本海には群れ飛ぶカモメがお似合いですが1羽寂しく飛ぶカモメの

また良し。

11_img_0358


ながながお読みいいただき有難うございました。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年8月 7日 (月)

M4周辺 さそり座

そろそろお盆を迎えることになりますが、思い起こせば50日近く

夜遊び出来ず夏の星空に想いを残すところが沢山あります。

ネタ切れ老人の思いを残すひとつに画像処理の難易度の高い

あのエリアがあります。

5月、6月と撮影しましたがどちらも陽の目を見ずにゴミ箱へ!

あのエリアは今の時期19時には南中し今季の撮影は諦め来年の

予行演習という事で再度処理をしてみました。


Zzz_170603

 2017.6/3 00h38m~
 タカハシ FS60CB F6 355mm フラットナー
 VIXEN  SXP  SS-one AutoGuider Light
  ZWO ASI120MM D60 f240mm(ガイド用)
  Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 180sX20枚
  県民の森にて

このエリアはアンタレス周辺というタイトルが多く使われますが、このBIGなタイトルには

ほど遠い出来なのであえてタイトルはM4周辺ってことで掲載です。



今週末はペルセウス座流星群の見頃となりますが生憎月明かりに邪魔され

どうなる事やら、晴れればどこで観望してみたいです。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31