フォト
無料ブログはココログ

« 禁じ手 主鏡洗浄の巻 | トップページ | 網状星雲NGC6960&NGC6992と!?! »

2017年7月 4日 (火)

主鏡洗浄後の光軸は!

梅雨時の機材メンテナンスとして反射鏡の洗浄を行いましたが

鏡を元に戻し果たして光軸はどうなったのか。

手持ちの調整器具として格安レーザーコリメータだけなので正確な

光軸の調整には至りませんが使用に問題ない程度に復元できたのかを

見てみます。



主鏡洗浄前の光路確認
P1060115

 接眼部にレーザーコリメータを差し込み固定ネジで締めつけて主鏡から

 戻るレーザー光はセンターからずれています。

 主鏡にセンターマークを付けていないので不確実ですが、ネジで固定した時に

 光路がぶれたと思われます。


主鏡洗浄後の光路確認
P1060165

 主鏡洗浄後接眼部にレーザーコリメータをネジで固定すると洗浄前の状態より

 少し光路がずれています。

 この時の主鏡に当るレーザー光の位置は
P1060156

 主鏡に貼ったセンターマークからずれています。

 ネジでコリーメータを固定した時に光路がずれると思われるので

 コリメーターを固定するネジを緩め指先で主鏡のセンターマーク中央に

 レーザー光が当たるようにしてみると

P1060175a


主鏡から戻るレーザー光は
P1060154


 戻る光路が分かりやすい様にチョットずらして見えるようにしていますが

 ほぼセンターマーク中央に当ったレーザー光はレーザーコリメータ発光部に

 戻ってきているので良しとしますが、接眼部の不安定なネジ固定、若干の隙間

 による接眼部の首ふりなど甘い部分があります。


後日、ベガを撮影して洗浄後の状態を確認
Img_5654a

  ベガのピントをずらして斜鏡スパイダーの確認

Img_5664

  ピントを合わせると主鏡を押さえる爪によると思われる影が3方に広がり、

  2時方向に広がるゴーストも気になるので爪押さえリングの締めつjけ調整が

  今後必要かと思います。

  普段ベガのような明るい恒星単体を露光撮影することもないのでこのまま様子

  をみてみます。

  あとは梅雨明けを待つばかり!

  





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 禁じ手 主鏡洗浄の巻 | トップページ | 網状星雲NGC6960&NGC6992と!?! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

テナーさん、こんばんは。

二度に渡っての鏡筒のメンテナンスのレポートをありがとうございます。
大変参考になりました。
鏡筒をイイ状態で維持するのって、大変なんですね…。
私は、テナーさんのように知識も無いし、ここまでできる自信が全くないです…。
きっと、何かあったら、メーカーさんにお願いするんだろうなぁ〜。

無事に完了して良かったですね!

エェですねぇ!こぉゆぅ作業は他人様のを見てもテンション上がりますぅ!
実際わたし、撮影よりメンテの方が好きなもんで!?ハハッハッハは!!
現在の鏡筒、光軸が狂わないのでつまらんで、ガス!ハッハハッハッハ!
しっかし、2年でこの程度の汚れとは!?私の半年より綺麗!テヘッ!
やはり楽器を扱ってらっしゃるからですかねぇ?(シミジミ)

layout3さん
結構アバウトで手抜きの検証でベテランの方々から見れば
何してんのかなって笑われますよ。
まぁ梅雨の合間のイベントとしてはありでしょう。

じい様
エェでしょ、初トライして何となく癖になりそう作業、興奮の極み。
精製水を買い溜めしたじい様の事ですから季節の変わり目ごとの
作業と思いましたが光軸が狂わないのは計算違いですね。
皇座山の駐車場で鏡筒を転がしてみると楽しい
鏡面洗浄と光軸調整が待ってます。(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/71047517

この記事へのトラックバック一覧です: 主鏡洗浄後の光軸は!:

« 禁じ手 主鏡洗浄の巻 | トップページ | 網状星雲NGC6960&NGC6992と!?! »