フォト
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

真夏の夜の夢 夏の絵日記

家のポストを見ると

孫のK君(年長さん)から嬉しいプレゼント!

ブログネタが尽きた事を知ってか知らずかホットなネタが!


  宇宙写真(表)
Kotarou_a_img_0293_3


  爺ぃばかです。

普段爺ちゃんと流れ星が見たいと泣かせるセリフを投げかけられ

流星群には連れて行こうと思っていますが、まだ6歳!

流星観測にはもう少し年齢が上がった方が記憶にも残るし、夜も

遅くまで夜遊び出来るしとその日が来るのを心待ちにしています。

  (裏面)
Kotaroubimg_0317

 月と土星と超新星だと思いますが、何か!

流石、市街地の夜空は黒でなくブルーで表現するなんて驚き!

周辺減光も無く爺ぃから見ると見事な画描処理、何か問題でも!?!


孫と二人で見る流星群は勿論8月のペルセウス座流星群

これこそ真夏の夜の夢です。

夢が叶うのは何時になるのか!






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月24日 (月)

ところざわ星空フェスタで見たものは 凄い!

日曜日に所用で出かけた帰り所沢市生涯学習推進センターで行われている

「第8回ところざわ星空フェスティバル」を訪問、VIXENスタッフさんにも聞きたい事が

あり立ち寄ってみました。

夏休み中の休日、親子連れで各ブースは熱気に包まれ大盛況。

訪問のお目当ては入口正面ブースの星空写真展!


Oh!やっぱり地元「比良の丘の主」の作品がありました。


気になるのは ふるさと所沢部門、夢ひろがる宇宙部門のグランプリ作品



Image4

ビクセン賞(向かって左)を良く見るとあの方のお名前が。。。。。

すると、後ろから声を掛けられブログのお仲間layout3さんがご家族連れで登場

聞けばこれから表彰式があるとのこと!


会場の作品を見るlayout3さんご家族

Image1


良いですね!ご家族の協力と理解があって夜遊びは成立し、このような賞を

取る源になっているんですね。


表彰式 モザイクの下は満面の笑み

Image5


記念撮影 可愛いお嬢様とそれなりのトコろんと並んでパチリ

Image3


layout3さん おめでとうございます。

お月様マイスターの本領発揮の二連覇、

三連覇に向かってこれから一年間頑張ってください。






←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月20日 (木)

NGC6357 彼岸花星雲

なかなか撮ることが出来ない彼岸花星雲と出目金星雲のツーショット。

今回も出目金星雲は木陰に入ってしまうため彼岸花星雲の単体撮影に

なりました。

ツーショットで広く撮ると微恒星や暗黒帯が入り乱れ賑やかな画像になるのに

それは次の機会の楽しみにしておきます。


NGC6357 彼岸花星雲 さそり座
Ngc6357higannbana_b_17620
 2017  6/20  00h18m~
VIXEN  R200SS  F4  800mm コマコレ3
VIXEN  SXP       SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60xf240mm(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 180sx8枚
県民の森 





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月16日 (日)

アイリス星雲 NGC7023

この日の月の出は01時20分、山陰から月が顔を出すまで1時間以上あるので

毎年撮るが難しい対象アイリス星雲に筒を向けました。

アイリス星雲はケフェウス座に位置しはくちょう座が撮り頃の夏が撮影には

ベストでアヤメの花びらのような青白い星雲が特徴です。

この花びらは良く写りますが問題は周辺の分子雲、この分子雲を撮るのが

難しく毎年頭を抱えてしまいます。



アイリス星雲 NGC7023 ケフェウス座
Ngc7023_17620
 2017 6/20  00h52m~
VIXEN  R200SS  F4  800mm  コマコレ3
VIXEN  SXP       SS-one AutoGuider Light
ZWO ASI120MM   D60xf240(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 240sx10枚
秩父県民の森


矢張り総露光40分では手に負えない分子雲、まだまだチャンスがあるので

露光時間を延ばして納得のいく分子雲を撮ってみたいです。

















にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月14日 (金)

番外 痛いお話 2題

暑さにも負けずに今朝も散歩に

いつもの散歩コースの公園にはこんな歩道があります。

P1060185


健康歩道

大根おろしでも出来そうな歩道は足裏のマッサージが目的のようなので

とりあえず初チャレンジ、靴下履いていれば大丈夫。

最初の一歩を踏み出すと。。。。イタイ~ イテテテテ~

P1060189


腰が引けてます。

体重をかけた方の足の裏が地獄の痛さ!仕方なく一歩、一歩進みますが

この歩道全長20mほど男ならやってやれないことはない。痛~い!

ここまでの痛さすべて心の中で叫んでいます。男は黙ってイタ~イ!

いたーい!やっとの思いで20m渡りきり訳の分からない汗がどっと出て

ホッとしましたが振り返って靴が置いてあるのは。。。「Oh!My God」


P1060193


あぁ~地獄の20mを長~い時間かけとんでもない量の汗をかき

靴のある所まで戻り足の裏を撫ぜ撫ぜしていると少女が!

Image2


靴を持ってすたすたと歩いていく、あの粒々の石の上を痛いとも

言わずに、訳の分からない汗もかかずに、普通に歩いている。

少女とテナーの違いは

足の裏の表面積か、体重か、年齢か、それとも根性か!

多分根性でしょうね!


痛いお話  その2

思い起こせば4月20日のあの痛さから早3か月近く経過し(当初は2か月の予定)

涙管に痛い思いして挿入したシリコンチューブを抜く日が来た。

シリコンチューブを涙管から抜く時は思わず若い看護士さんの手を!

手を!手がない、あの脇について励ましてくれた看護士さんがいないのである。

目玉だけ上下左右に動かして探しても看護士さんはいないのである。

と思うと先生がおもむろに器具を使って。。。。。。

P1060160


こんな長く太いのを目元の涙管上下に差し込まれていたとは。

抜くときはスルスル、ニュ~っという感じで残念ながら無痛でした。

(痛いお話 その2が分からない方は4月22日のブログをご覧ください)



皆さま暑い日が続きますので体調など崩さないよう気を付けて

新月期を迎えましょう。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月11日 (火)

こぎつね座は分からないがM27は知ってます

関東地方も30度超えの暑い日が続いています。

透き通った青空は梅雨であることを忘れそう、ニュースで梅雨明けまで

あと一週間だなんて言ってましたがその頃は新月期に突入です。

ただ問題です!さそり座のアンタレスは21時には南中し夜半には

西に大きく傾きこのエリアを撮影するには急がないといけませんね。

さそり座エリアを撮り損ねたらこぎつね座にカメラを向けましょう。

と言っても私、こぎつね座の星座線が思い浮かびませんがM27は

知ってます。


M27 亜鈴状星雲 こぎつね座
M27a3
 2017  6/19  23h21m~
VIXEN R200SS F4 800mm  コマコレ3
VIXEN SXP   SS-one Autoguider Light
ZWO ASI120MM   D60xf240ガイド鏡
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200  180sX12枚
秩父県民の森


暑さの中一服の涼を求めて水菓子仕立てにしてみましたが水菓子という

よりもクラゲっぽいM27です。




M27tr_170620x

 反射鏡を洗浄して最初のターゲットがM27ですがM27の12時方向の

 7等級の恒星が放つ光条がシャキーンと出ているのでひと安心。

 M27の南中は夜半過ぎ、次の新月期は撮り頃でしょう。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月 8日 (土)

バンビの周りは賑やかし!!

この日は月齢7 月没から薄明開始まで2時間30分ほどなので

赤道儀2台体制で臨んでみました。

今回はカメラレンズで天の川の濃い所を切り取ってみるとアレもコレもと

賑わいは格別です。


 いて座付近
Banbi_a_1763
  2017  6/3  02h16m~
SIGMA 17-70 70mm f4 
Canon Eosx2 SEO-SP3  ISO1600 120sx10枚
VIXEN  GPD赤道儀 ノータッチガイド
秩父県民の森


結構バンビの横顔周辺は多くのメシエ天体で賑やかですね。

あのM16.M17そしてM20とM8、他にも散開星団、球状星団

そして土星も仲間に入っています。


Banbi_a_1763_2

おっと、土星の記載を忘れてしまいました。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月 6日 (木)

網状星雲NGC6960&NGC6992と!?!

この夜の月没は日付が変わる頃、多分梅雨入り前の最後の

夜遊びになり撮影可能対象も2対象撮れればラッキー!


今回は薄明開始も恐れずに鏡筒を向けた網状星雲


  はくちょう座 NGC6960&NGC6992と!?!
Amijou_abtrxx_170603
  2017 6/3  01h59m~
タカハシ FS60CB  355mm フラットナー
VIXEN  SXP  SS-one Autoguider Light
ZWO ASI120MM  D60x240mm(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO1600 360sx8枚
秩父県民の森


はくちょう座の超新星の残骸 「網状星雲」の名で有名ですがこのNGC6960と

NGC6992に挟まれる淡い超新星の残骸が気になり撮ってみましたが

なかなか良い表情を表してくれません。

調べてみるとPickering Triangula と呼ばれているようですが

それはどこを示すんでしょうね。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月 4日 (火)

主鏡洗浄後の光軸は!

梅雨時の機材メンテナンスとして反射鏡の洗浄を行いましたが

鏡を元に戻し果たして光軸はどうなったのか。

手持ちの調整器具として格安レーザーコリメータだけなので正確な

光軸の調整には至りませんが使用に問題ない程度に復元できたのかを

見てみます。



主鏡洗浄前の光路確認
P1060115

 接眼部にレーザーコリメータを差し込み固定ネジで締めつけて主鏡から

 戻るレーザー光はセンターからずれています。

 主鏡にセンターマークを付けていないので不確実ですが、ネジで固定した時に

 光路がぶれたと思われます。


主鏡洗浄後の光路確認
P1060165

 主鏡洗浄後接眼部にレーザーコリメータをネジで固定すると洗浄前の状態より

 少し光路がずれています。

 この時の主鏡に当るレーザー光の位置は
P1060156

 主鏡に貼ったセンターマークからずれています。

 ネジでコリーメータを固定した時に光路がずれると思われるので

 コリメーターを固定するネジを緩め指先で主鏡のセンターマーク中央に

 レーザー光が当たるようにしてみると

P1060175a


主鏡から戻るレーザー光は
P1060154


 戻る光路が分かりやすい様にチョットずらして見えるようにしていますが

 ほぼセンターマーク中央に当ったレーザー光はレーザーコリメータ発光部に

 戻ってきているので良しとしますが、接眼部の不安定なネジ固定、若干の隙間

 による接眼部の首ふりなど甘い部分があります。


後日、ベガを撮影して洗浄後の状態を確認
Img_5654a

  ベガのピントをずらして斜鏡スパイダーの確認

Img_5664

  ピントを合わせると主鏡を押さえる爪によると思われる影が3方に広がり、

  2時方向に広がるゴーストも気になるので爪押さえリングの締めつjけ調整が

  今後必要かと思います。

  普段ベガのような明るい恒星単体を露光撮影することもないのでこのまま様子

  をみてみます。

  あとは梅雨明けを待つばかり!

  





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

2017年7月 1日 (土)

禁じ手 主鏡洗浄の巻

梅雨も本番を迎えポチリ菌の感染を避けるには機材のメンテナンスで

時を過ごすのが一番でしょう。

2年前にVIXENで斜鏡の剥離トラブルの修理と主鏡の洗浄をお願いしましたが

その時、主鏡のセンターマーク貼りつけをお願いし損ない今回自分でやってみよう、

ついでに主鏡の洗浄にも挑戦。


用意したもの
P1060135

  ①精製水 近所のドラッグストアで100円
  ②無印格安レーザーコリメーター  2年前の斜鏡トラブル時に購入するが
    主鏡にセンターマークが無いため今まで無用に長物となっていました。
  ③パンチ穴用シール 100円
  ④強力輪ゴム数本 水性マジック ビニールテープ他諸々
  *コリメーションアイピースは無し

鏡筒からセルごと主鏡を外す。
P1060119


復元を考えネジ位置にマーキング
6個のネジを外したがセルを外すのに結構力が必要

 *作業中の画像、説明分は少ないので参考にはならないかと思います。
   今回は斜鏡には手を触れていません。


主鏡を見てみると
P1060125

2年間のゴミとほこりは少なく、カビもキズもありません。


爪隠しのリングを外す
P1060129


外す前に爪隠しリングに復元用のマーキングをし、ソフトな感じのネジ圧で

止まっていたのでこの感覚を指先に記憶させる。


ここで難関が待ち受けています。

主鏡とセルの隙間には両面テープでコルク片が挟まり、ブログのお仲間

越後の雲上さんがこのコルク片にご苦労された話が頭をよぎり、ここは意を決して

禁じ手主鏡セルごと丸洗い時短洗浄を決行。


イザ!洗浄

P1060131


水道水でゴミ、ホコリを軽く流し食器洗剤をノンアルコール清浄綿で鏡面に

延ばし軽く洗浄。

実はレジ袋に主鏡をセルごと入れ袋の口を輪ゴムで何重にも締め水の浸入を

防ぎますがそれは無理というもの。

水道水で洗浄後、精製水で鏡面を何度も流し(300mLほど使用)レジ袋から

主鏡&セルを取り出し陰干をします。


主鏡&セルが乾いてからセンターマークの貼りつけ
P1060132





元の位置に主鏡&セルを収めて終了

P1060118


レーザーコリメーターの出番がありませんでしたが光軸等については

また後日アップしたいと思います。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »