フォト
無料ブログはココログ

« 猫に手はあるのか? IC4681他 | トップページ | 続 暗黒星雲 B92、93! »

2017年6月25日 (日)

わし座暗黒星雲B142-3

赤い散光星雲の派手さと比べると地味な暗黒星雲ですが、夏の天の川には

へびつかい座のS字状星雲をはじめ大小さまざまな暗黒星雲が見られます。

今回はわし座の暗黒星雲B142ー3 ギリシャ文字 ξ (クシー・ギリシャ読み)の形に

似ています。

まぁ似ているといっても普段身近に感じることのない文字ですね。



わし座 B142-3(暗黒星雲)

B143ctr_300x8_170529
  2017 5/30   02h00m~
タカハシ FS60CB 355㎜ フラットナー
VIXEN  SXP    SS-oneAutoGuider Light
ZWO ASI120MM  D60X240㎜(ガイド鏡)
Canon Eosx7i(改造) LPR-Nフィルター ISO3200 300sX8枚
奥秩父山の中


わし座アルタイルの北西3度の位置にありあります。
B143
   はくちょう座と夏の大三角形

B143_tra

 お馴染みコートハンガー(Cr399星団)の方が目立ちますね。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ
にほんブログ村

« 猫に手はあるのか? IC4681他 | トップページ | 続 暗黒星雲 B92、93! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
これまたマニアックな暗黒帯を撮影されましたね~。
知る人ぞ知る、撮る人ぞ撮る・・・な、対象でしょうか。
私は撮ったことないんですけど、微恒星も多いので難しそうな領域ですね。
場所もわかりやすそうなので、こんど撮ってみます。

暗黒帯は天の川の明るい背景があってこそ映えるわけで、微光星をしっかりと捉えた300秒の勝利ですね。
300秒露光・・・庭撮りでは望むべくもない条件ですが(苦笑)。

テナーさん、こんばんは。

暗黒の世界…。
メシエもよくわかっていないお月様バカには、全くもって何とコメントしたら良いのか、言葉が見つかりません…。
テナーさんが、すっごく近くにいるのに、すっごい遠い存在に感じてきました…。
(≧∇≦)

おりおんさん
おりおんさんの5月のブログ、S字状星雲がきっかけ
です。様々な暗黒星雲がありますが夏の天の川の
名も知らない暗黒星雲に魅かれますね。
仰る通り微恒星がちょっと多いですが暗黒星雲の存在感が
なんとも言えないです。


悠々遊さん
露出をこんなに掛けなくても結構写るので
夏の天の川は楽しめます。
ただ色彩が豊かで無いのがたまに傷(^.^)
モノトーンの世界の画像処理も悩み処が
多いですよ。

layout3さん
そうですね、お互い車で20万光年の距離ですから
近いですよ(^-^)
宇宙にポッカリ開いた落とし穴のような暗黒星雲は
文字や記号の形を模して呼ばれる事も興味深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/70965788

この記事へのトラックバック一覧です: わし座暗黒星雲B142-3:

« 猫に手はあるのか? IC4681他 | トップページ | 続 暗黒星雲 B92、93! »