フォト
無料ブログはココログ

« 収穫するには早すぎたM16 | トップページ | 夜空に彗星、青空に鯉のぼり ジョンソン彗星  »

2017年4月22日 (土)

風にも負けず痛さにも負けず 彗星ふたつ

先日、関東地方は昼間から強風に見舞われて夜はどんなもんかなと不安な気持ちを

胸に秘めのこのこ出かけてみました。

風が止まなくても月の出が00h過ぎなので諦めもつき気が楽です。


風を考慮して20cm反射は諦め風の影響も小さいFS60CBでターゲットは。。。。

時間的に主鏡に似合う対象が無いので話題の彗星を撮ってみました。


 41P/タットル・ジャコビニ・クレサック彗星
41p120x8fs60_170419
  2017 4/19 22h09m~
タカハシ FS60CB 355㎜  フラットナー
VIXEN  SXP コマコレ3 ノータッチ・ガイド
Canon Eosx7i(改) ノンフィルター ISO3200 120sX8枚 彗星核基準コンポジット
奥秩父山の中にて

りゅう座を移動し天ガによると光度は7.5等ともう少しの間楽しめそうです。

また、この夜はジョンソン彗星(C/2015V2)と15度前後に接近している模様。


41P反転画像
41p120x8fs60_170419


接近しているジョンソン彗星を同機材で単体撮影をしてみました。


ジョンソン彗星(C/2015V2)
Johonson_fs60120x8_170419
  2017 4/19  22h32m~
41Pと同機材、ISO、露出、枚数とも同じ

ふたつの彗星はこの時間には北東の低い空にあり町明かりに影響を受けますが

深夜になると天頂付近に見え撮影の条件は良くなり、またゴールデン・ウィークから

梅雨入り頃まで楽しめる彗星です。


ジョンソン彗星反転画像
Johonson_fs60120x8_170419_3



実は今日眼科で手術を受けてきました。

手術から10時間経過してやっと目の状態も落ち着きブログ更新がこんな時間に

なってしまいました。

いつもと変わらない時間ですが(≧m≦)




チョット長くなりますが興味ある方は目を通してください。


病名 涙道閉塞(涙管閉塞)

目元にある上下の穴が鼻につながって涙の下水管になっています。

人の身体は良く出来たもので環境(風、気温、湿度など)が変わるたびオートマチック

に目を保護するため涙が出て環境になじませます。

ここが詰まっていると涙の行き場がなくなりその都度ティッシュで拭いますが、時として

雑菌が入り炎症など起し煩わしいったらありゃしない。

特に冬の夜遊びでは風や気温の変化で一晩中ティッシュ片手にうろうろイライラ!


そこで意を決して今回の手術に至ったわけですが、あのい小さい穴に針を入れ詰まった

下水管を開いていく作業は麻酔はしてありますが痛いの痛くないの。。。。。痛いです。

下水管が開通すると、先生曰く「出血が下水管を伝わって鼻に流れるのが分かります

か!?!」

出血!!!!ここまではまだ前座。

これからが真打登場。。。。


開通した下水管にシリコン製のチューブを上の穴に一本、下の穴に一本と通して

いきます。

痛さで手を添えてくれていた看護士さんのやわらかい手をギューッと

当初の計画通り握って気を紛らわせようとしましたが痛さの方が勝り鼻まで通す

作業中に痛みで気が遠くなり。。。

「終わりましたよ、痛かったでしょ」の言葉で我に返りましたよ!


2か月ほどチューブを入れたままにして下水管が確保出来たら抜くらしいのですが

歳も歳なのでまた詰まってしまうかも、時々通院して針で突っついて下水管の

目ンテナンスが必要かもしれません。


10年間続いた涙の煩わしさから解放されればこれからの夜遊びも

より一層楽しめるのではと期待が膨らみます。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 収穫するには早すぎたM16 | トップページ | 夜空に彗星、青空に鯉のぼり ジョンソン彗星  »

趣味」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
いま、全身の力が抜けております。
途中から、ちゃんと読むことができませんでした・・・。
もし、私が涙道閉塞になったとしても、手術しないことを心に誓いました。
ただ、看護師さんの手だけは握りたいです。

いやあ大変でしたね。読んでいるだけで縮みあがりました。
1週間前に右手親指に雑草を抜いているときに何かが深く刺さって、そこが膿んでしまい痛いのですがテナーさんの記事を読んで医者には行かないでおこうと心に誓いました。

こんにちは。

何度もお会いしているのに、目がそのような状態だったとは全く気が付きませんでした。
痛さ(怖さ、辛さ)がひしひしと伝わってきて、私にはとても無理だと感じました。
でもその痛さに耐えたので、今後の夜遊びがより楽しくなりますね。

テナーさん、こんばんは。

大変な手術だったんですね…。
読んでいるだけでも、テナーさんの辛さ(痛さ)が伝わってきました…。
でも、無事に終わって良かったですね。

もし、私が同じ涙道閉塞になっても…。
多分、手術はしないかも…。
いや無理です…。
(≧∇≦)

おりおんさん
イャーふたつの彗星でおりおんさんの全身の力を抜いてしまった。
結構テナーもやるもんですよ! えっ、違う!(笑い
10年来の煩わしさにも慣れてこのままにしていてもよかったんですが
地元の眼科医に『テナーさん勿体無いですよ、完治しますよ』のひと言で
手術に踏み切った次第です。

Gさん
ふたつの彗星でGさん縮みあがりましたか!
えっ!違う、ですよね(笑い
若い時は気合と自身の治癒力をもって医師要らずでしたが
この歳になると医師が頼り、Gさんも大事にならないうちに
病院に駆け込んであわよくば看護師さんの手をギュっと!

やまねももんがさん
今回の眼科治療ネタはタイムリーな事にももんがさんの
結膜炎記事が引き金なんですよ。
病院ネタなんて誰も興味持たないと思っていたのですが
これは経過の続編も考えないと!なんて考えています。

layout3さん
誰もふたつの彗星についてコメントしてくれないので
layout3さんなら彗星について、、、、
アァーやっぱりね(笑い
手術と言っても20分ほどで終わり病院出て車の中で
究極の3服連続喫煙、自分自身でも思ってもいなかった
緊張感に包まれていたんでしょう。

こんにちは。
41Pはまだまだ明るかったんですね。
ジョンソン彗星も小粒でも尾がしっかりしてますね。
しかし、あの強風でよく出かけましたね。すばらしい。
こういう時はFS60CBが頼りになります。
手術ネタはたくさん出たので遠慮します^^;

ヤマボウシさん
やっと彗星へのコメントありがとうござい。
さすがヤマボウシさん!
夜半まで風が収まらなかったのは見込み違いですが
こういう時にFS60CBは強い味方になりますね。
風が収まってから2時間20cm反射でも彗星を撮ってみました。

こんばんは!
手術、大変でしたね
文章を見ているだけで震えてきました
自分も最近色々と体のアチコチがおかしくて
オッサンKEN、どんどんポンコツになっていく感じです^^;

自分も1つ手術を必要とする病気がそのままなので、そろそろ重い腰を上げて行かなくては
彗星も見に行きたいなぁ

kENさん
まだまだお若いkENさんポンコツにはまだ早いでしょう。
走行距離もまだまだあるし、エンジンもオイル(酒)を注ぎ足せば
快調そのもの!車体重を軽くてパワーウェイトレシオ意識すれば
新車同然。
GWは夜遊び出来そうですか?
SS-oneでお聞きしたい事もあるし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/70336667

この記事へのトラックバック一覧です: 風にも負けず痛さにも負けず 彗星ふたつ:

« 収穫するには早すぎたM16 | トップページ | 夜空に彗星、青空に鯉のぼり ジョンソン彗星  »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31