フォト
無料ブログはココログ

« 薄味 M81 No2 | トップページ | 銀河界のひねり王子? NGC3718 »

2017年3月12日 (日)

懲りずに大きくM106

おおぐま座に近いりょうけん座にあるM106渦巻銀河を2Xテレプラスで

M81の後に撮ってみました。

M81と比べて視直径は一回り小さく光度も1ポイントほど暗い渦巻き銀河ですが

中心部には巨大なブラックホールが存在します。


M106 渦巻銀河 りょうけん座
M10617225azj
  2017 2/26  02h37m~
VIXEN  R200SS コマコレ3 2Xテレプラス
VIXEN  SXP       NexGuideオートガイド 
Canon Eosx7i(改) フィルターレス  ISO3200 480sX8枚
奥秩父山の中    少しトリミング


M106の近くにNGC4248が見えますが画像の上部にはNGC4217エッジオンタイプの

小さいが綺麗な銀河あり、今回は残念ながら同一画像に写り込んでいません。

次の機会には一緒に撮り込んでみましょう。 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 薄味 M81 No2 | トップページ | 銀河界のひねり王子? NGC3718 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

M106ブログ記事はわたしの方が早かったのですが、
撮影したのはテナーさんの方が早かったのですね。
M106銀河外周部の写りと背景の暗さ、庭撮りとの違い明らかです。
ステラナビで検証したら確かにNGC4217も一緒に入る事がわかりました。
x2ではちょっと窮屈かも知れませんが、私のお気に入りの構図お試しください。

こんにちは。
M106は形状が回転する刃物か手裏剣みたいですね。
同じ銀河でもシャープな印象です。ここまで拡大すると
迫力ですね。まだ一度撮ったきりです。

雲上さん
M106の形状は好みのタイプなのでチョット
無理した処理です。
NGC4217は撮影後に気が付き惜しい事をしたので
再度チャレンジしてみます。
ステラナビの写角では1600mm縦位置でぎりぎり
入りそうです。

ヤマボウシさん
手裏剣とは的を得てますね(笑い
薄々の外側の腕を出したかったですが
難しいく中央部の色彩も貧弱なので露光時間を
2~3時間かけると面白いでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/69900060

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りずに大きくM106:

« 薄味 M81 No2 | トップページ | 銀河界のひねり王子? NGC3718 »