フォト
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

オートガイド テスト&試写の巻

新月期だというのにGPVは無常の曇り空、土曜日には山間部で

雪になるかもと気象予報士のコメントに出るのはため息ばかり。


昨夜のGPVは満天曇りの地元でしたが見上げれば星空が広がり

いざ!急遽ガイドのテストに久しぶりに田圃畦道へ。


P1060053ssone3

主鏡タカハシ FS60CB 355mm F6
ガイド鏡    口径60mm  240mm F4 
オートガイド  SS-one AutoGuider Light



赤道儀を設置稼働させSS-one AutoGuider Lihgtを配線、バッテリーは5200mAhの

モバイルバッテリー使用。

アーク・トゥルースの東側に鏡筒を向けてSS-oneの電源を入れる。

画質などの初期設定を行いカメラパラメーターの設定はExp(露出)だけを変更し

後は推奨値のまま、同じくガイドパラメーターも推奨値のままでキャリブレーションを

スタート。

キャリブレーションは30秒ほどで終了し自動的にガイドがスタート。

Img_0016_ssone1
 iphoneで撮影

カメラの露出は一段落としても良かったかもしれません。

ガイドグラフは安定し240mmのガイド鏡でも推奨値で問題ありませんが

相変わらずカメラに添付されていたコードが硬いためNexGuideで使用していた

電話機用の6極コードに変更するとグラフは乱れ相性がよろしくないようです。


適当な方向を向いたFS60CBで試写をしてみました。

3分、6分とほぼ恒星は点像、8分(ISO200)では

Img_4718zz200_480cc1
 Canon Eosx7i(改)  Jpeg 1枚コントラスト調整

トリミングすると


Img_4718zz200_480cc122


8分でも安定したガイドが出来ているようです。

今回は355mmの屈折望遠鏡でしたが、主力鏡筒R200SSではどのような

ガイドになるか次回お試しというところで、SS-one AutoGuider Lightは

使い手の身体に優しく赤道儀への重量負担の軽減と納得のひとつです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ

2017年3月26日 (日)

オートガイド見直しの巻 

東京は桜の開花宣言も出て、今度の週末は満開お花見。。。。

ところが新月期だというのに星見もこの天候では難しそう!


やっと夜遊びも着ぶくれ雪だるま状態から解放されますが、この冬は着ぶくれで

微動雲台の扱いも無理な態勢を強いられ、特に最近両肩のダメージが大きく

そこで決断・・・・・・盟友NexGuideとの決別を。


平成28年度特別補正小遣い予算から身体に優しいオートガイドを選んでみました。


P1060040ssone


そうです、SS-one AutoGuider Light

Mrほんまかさんの工房へ出向きいろいろ勉強させてもらいLightの導入を

決めました。

ほんまかさんありがとうございました。


そしてカメラは

P1060044_2


まぁ、そんなこんなで新しい相棒が出来たってお話です。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月22日 (水)

南天低空回転美銀河 M83

夜遊びに出掛けるには遅い時間だったので都市明り覚悟の上で

堂平駐車場へ。

彗星45Pもジョンソン彗星も撮ったし時刻はAM4:00 薄明開始がAM4:43

40分で撮れる銀河は無いものかと・・・・・・・・・

AM2:30に南中を過ぎた南天の銀河に筒を向けてみました。


M83 渦巻銀河 うみへび座
M83_170304yp1
  2017 3/4  04h04m~
VIXEN  R200SS  F4  コマコレ3
VIXEN  SXP       NexGuideオートガイド
Canon EosX7i(改)  LPR-Nフィルター ISO1600 240秒X8枚
堂平Pにて


おとめ座とケンタウルス座に挟まれ、うみへび座の先端近くにある実視等級7.5等

視直径13′満月の1/4ほどのフェイスオン銀河ですが欲を言えばもう少し暗い所で

撮りたかったですね。


ちょっとトリミングして
M83_170304yp2q

 

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月18日 (土)

ひまわりと言えば M63かそれと・・・・!

今回はM51で有名なりょうけん座の銀河、「ひまわり」でお馴染みの銀河

M63です。

「ひまわり」の愛称は渦巻きがひまわりの花びらのようという事で呼ばれていますが

写真に撮ると花びらというより魚の鱗に見えませんか?


M63 渦巻き銀河 (ひまわり銀河)
M63a
  2017 3/4 02h51m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN SXP    NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i (改)  ISO1600 300秒X8枚
堂平Pにて


少しトリミング
M63b


どうでしょうか!

ひまわりの花びらかそれとも魚の〇〇〇か。



ひまわりと言えばやっぱり思い浮かぶのはひまわり娘、ファンでした。

そこで笑っているあなた、本当はあなたもそうでしょう!

隠さなくてもいいでしょ!

まぁ、40年以上も前の事ですからね。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月15日 (水)

銀河界のひねり王子? NGC3718

来週後半から新月期に入りますが午前4時過ぎには薄明開始となり

夜遊びの時間も短くなりますね。

さそり座や天の川も観望し易くなってくるので効率の良い夜遊びをしたいものです。

今回はおおぐま座の特異銀河カタログ「アープ・アトラス」に登録されている

NGC3718です。


NGC3718 渦巻銀河 おおぐま座
Ngc3718_170303a2tr1
 2017 3/3 23h25m~
VIXEN R200SS F4  コマコレ3
VIXEN SXP    NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター ISO1600 300sX12枚
堂平Pにて


独特の形をした銀河で腕にひねりが加わった感じが面白く、また中央部には

ねじれた暗黒帯が存在します。

残念ながら1時間の露光ではねじれ暗黒帯は薄っらと見えるだけです。


トリミングしてみました。

Ngc3718_170303a2tr3b







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月12日 (日)

懲りずに大きくM106

おおぐま座に近いりょうけん座にあるM106渦巻銀河を2Xテレプラスで

M81の後に撮ってみました。

M81と比べて視直径は一回り小さく光度も1ポイントほど暗い渦巻き銀河ですが

中心部には巨大なブラックホールが存在します。


M106 渦巻銀河 りょうけん座
M10617225azj
  2017 2/26  02h37m~
VIXEN  R200SS コマコレ3 2Xテレプラス
VIXEN  SXP       NexGuideオートガイド 
Canon Eosx7i(改) フィルターレス  ISO3200 480sX8枚
奥秩父山の中    少しトリミング


M106の近くにNGC4248が見えますが画像の上部にはNGC4217エッジオンタイプの

小さいが綺麗な銀河あり、今回は残念ながら同一画像に写り込んでいません。

次の機会には一緒に撮り込んでみましょう。 






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月10日 (金)

薄味 M81 No2

おおぐま座のM81をX2テレプラスを使用して撮ってみました。

M81
M81_480x8_v99
  2017 2/26  00h46m~
VIXEN R200SS  X2テレプラス コマコレ3
VIXEN SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) フィルターレス ISO3200  480sx8枚
奥秩父山の中

焦点距離を長くすると露光時間、ガイドの揺らぎなど問題点が色々

見えてきます。

選んだ対象に間違いはないのですが銀河の腕まわりは薄味模様。



 久しぶりのおりおんショット
P2260159_2




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月 7日 (火)

マルカリアン チェーン 

この日は彗星狙いでFS60CBを設置し、彗星撮影の合間にM78や思い付きで

馬頭を撮りましたが冬の星座が西に傾いてしまうとこの鏡筒で撮るものが

なかなか無いのです。

と、そこでまたまた思い付き行き当たりばっ撮り!

筒を向けた先は おとめ座 マルカリアン チェーン


Markarian_chain_2017221_2
  2017 2/22 01h11m~
タカハシ FS60CB 355mm フラットナー
VIXEN  SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 480sx8枚
奥秩父山の中


イヤー!これはいけませんね。

何が何だか、どこがどうだか、肝心の繋がり具合が分かりますか?


という事で後日撮り直し!


300x4_170303_2
 2017 3/4 00h52m~
VIXEN  R200SS F4  コマコレ3
VIXEN SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター  ISO1600 300sX8枚
堂平P




3b170303

  *記載番号の訂正 誤NGC4386  正NGC4388

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

2017年3月 5日 (日)

尾も白くない彗星は面白くない! 45P

昼間の強風もなんのその。

新月期最後の夜遊びに出掛けましたが、明るい夜空で

彗星は薄ぼんやりの味気ないものになりました。


ジョンソン彗星(C/2015V2)  輝星の下

Johnson_c2_2015_v2
 2017 3/4 01h58m~
VIXEN R200SS  800mm コマコレ3
VIXEN SXP 
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600  60sX10枚
堂平Pにて


45P 本田・ムルコス・バイドゥシャーコヴァー彗星を22時30分ごろ撮りましたが

空はまだ明るく夜半を過ぎてからが良いですね。


45p_170303_2
  2017 3/3 22h32m~
Canon Eosx7i(改)   LPR-Nフィルター ISO3200 60sx8枚

薄ぼんやりの彗星は尾も白くない (o^-^o)






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年3月 2日 (木)

モザイクと言うより小細工でM78と馬頭星雲

前回はオリオン座にあって静かな雰囲気のM78周辺を撮りましたが

撮っている最中 “なんか寂しいね” と感じ馬頭星雲と繋がるかな!と

事前の準備もなく単なる思い付きで馬頭星雲を撮ってみました。



馬頭星雲 IC434
Z
 2017 2/21  21h10m~
タカハシ FS60CB  355mm  フラットナー
VIXEN  SXP     NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) フィルターレス ISO1600  300sX12枚


モザイクではありません、思い付きの小細工なのでまぁそこの所

宜しくって感じです。


M78sspw_2
  


隙間を埋めてM42まで繋げるのは次のシーズンの楽しみにして

掛け軸とまではいきませんが暖簾程度の小細工が出来ればと思っています。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31