フォト
無料ブログはココログ

« 初めての金星撮影 | トップページ | ドカーンと馬 IC434 »

2017年1月23日 (月)

ドカーンと燃える木

新年早々の夜遊びは流星群の撮影の合間に日頃使用しない

X2テレプラスで直焦点撮影、流星群は皆さんご承知の如くでした。

撮影に選んだ対象はNGC2024というよりも燃える木でお馴染み、馬頭星雲と

一緒に撮られることが多いですね。

オリオン座三ツ星のそばで少し黄色かかった輝きの星雲、暗い場所であれば

眼視でもかすかに見ることが出来ると言われていますが今だ見たことがありません。



Ngc2024_1713_3
 2017 1/4   01h14m~
 VIXEN R200SS  F4  X2テレプラス(1600㎜)
 VIXEN SXP       NexGuideオートガイド  
 Canob Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 480sX4枚(8枚中)
 いつもの森にて

1600㎜になるとガイドの歩留まりも悪く、またアルニタクのゴーストを抑えるため

星マスクを使用するが効果のほどは疑問で背景色が醜くなりました。



やはり馬頭星雲と一緒に撮った方が絵になるんでしょう。


Ic434_16123

丁度一か月前12/3にFS60CB 355mmで撮影した馬頭星雲と燃える木ですが

拡大画像の燃える木と色合いが随分違います。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 初めての金星撮影 | トップページ | ドカーンと馬 IC434 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

強風にあおられて飛び火しないか心配するほどの、迫力の燃える木です。
直焦点とはいえテレプラスのレンズ系を入れることで、カラーバランスが変化したのでしょうか。
直焦点に近い、低倍率アイピースでのリレーレンズ法で月を撮った時も、色合いが違った経験があります。

テナーさん、こんにちは!

うぉ〜〜〜、でっかいぃ〜〜〜!
(≧∇≦)
ここまで大きな燃木、見たことが無かったかもしれない!!
1600mmだとここまで写るんですね。
すっごいなぁ〜。
感動!
綺麗で素晴らしい写真をありがとうございます。
m(_ _)m

わたしもR200SSでもっと長焦点をということで、
当時まだ販売されていたVixen純正のエクステンダー(f1500mm)で
結構撮った時期があります。
(この純正エクステンダーは周辺部で放射状の流れが出ますが中心部はGood)
それに比べると更に長いf1600mmで8枚中4枚とは言え、
8分露光で星像の流れは共用範囲に収まっていて、
明るい対象に絞ればこの先いろいろ使えそうですね。

悠々遊さん
アイピースやテレコンの拡大で撮影すると
色調が変わってしまうんですね。
特に輝星のゴーストを薄めると余計に複雑な色合いに
なってしまいます。
これに懲りて当然まだまだ拡大撮影続けます(笑

Layout3さん
今までやったことない星雲の拡大撮影ですが
星が点にならず荒ばかり目についてしまいます。
ただ普段撮っている構図から切り取った画像に
新鮮味を感じますが露出時間が倍になるのが難点ですね。

雲上さん
手持ちの機材で長焦点で撮ってみたいという欲求が
撮影を続けていると出てきますね。
VIXENの純正は手に入らないのでケンコーテレプラスを
使ってみましたがこの道具の良否はよく分かりません。
これから銀河が目白押しになるので露光時間が気になりますが
銀河中心に拡大撮影踏ん張ってみます。

正にメラメラと燃えている木ですね。色も少し黄色ぽくてこの方が盛んに燃えているように見えます。アルタニク右上のゴースト?フレア?というのでしょうか。輝星の近くでは出やすいのでしょうか。自分が使っている鏡筒ですが2等星以上明るい星があるとその星の周りに出てくるものがあるので困っています。

Gさん
輝星の発する余計なゴーストには悩まされます。
燃える木の表面まで達しているので何とか薄めようと
RGB各々いじって落とし所を探りますが難しいもんですね。
星マスクで星雲を強調しても輝星だけあって抑えが効かないので
諦めの境地です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/69349281

この記事へのトラックバック一覧です: ドカーンと燃える木:

« 初めての金星撮影 | トップページ | ドカーンと馬 IC434 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31