フォト
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

月火☆☆金☆〇

昼間の強い風も静かになり外へ出ると西の空には

見事な月齢3の月と宵の明星そして火星が綺麗に並んでいました。



Xxp
  2017 1/31 18h06
Canon EosX2seo-sp3  ISO400  f5  3.2s
SIGMA 18-200 51mm   Jpeg1枚





Xxx
 2017 1/31 18h08m
Canon EosX2seo-sp3  ISO400 f11  8s
SIGMA 18-200  96mm    Jpeg 1枚

火星がわずかに赤いですが分かりますか!





地球照
Xximg_9215
 2017 1/31 17h56 
Canon EosX2seo-sp3  ISO1600 Av14 Tv1.6
SIGMA 18-200  200mm    Jpeg 1枚

私としてはめったに撮らないパターンも

結構楽しめました。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月28日 (土)

ドカーンと馬 IC434

前回の燃える木から2週間たち、また主砲反射に2Xテレプラスを装着し

明るい星雲、銀河を狙ってみました。

正直、焦点距離を1600mmまで延ばすとそこは私にとっては未知の

領域。

ISO、露光時間、ガイド諸々。。。。。。。

とりあえずお試し撮影という事で出来栄えは二の次、目標は

これから始まる長焦点による春の銀河たちです。


 IC434 馬頭星雲 
17125
  2017 1/25  22h34m~
VIXEN R200SS X2テレプラス(1600㎜)
VIXEN SXP    NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター ISO3200 600sX4枚(8枚中)
奥秩父山の中Aにて


極軸がチット不正確でスタートしてしまい位置合わせで半分が使えない

というお粗末さ、撮影地が暗いので馬頭星雲のヒストグラムの山は左1/3

露光不足気味、ISO3200では2ケタの枚数のライトフレームが必要でしょう。、

という事は1対象2時間!!!!時短早撮りの私としてはイヤーどうしましょう。


別のお話ですが

先日マイページやアクセス内容を見ていたら

今回のブログ記事は304件目、良く書いたもんだ!

ブログを初めて通算997日目、良く続いたもんだ!

日々お立ち寄り頂いた皆さんに感謝です。

次回は1000日記念!!記念になる記事画像があるかどうかってところです。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月23日 (月)

ドカーンと燃える木

新年早々の夜遊びは流星群の撮影の合間に日頃使用しない

X2テレプラスで直焦点撮影、流星群は皆さんご承知の如くでした。

撮影に選んだ対象はNGC2024というよりも燃える木でお馴染み、馬頭星雲と

一緒に撮られることが多いですね。

オリオン座三ツ星のそばで少し黄色かかった輝きの星雲、暗い場所であれば

眼視でもかすかに見ることが出来ると言われていますが今だ見たことがありません。



Ngc2024_1713_3
 2017 1/4   01h14m~
 VIXEN R200SS  F4  X2テレプラス(1600㎜)
 VIXEN SXP       NexGuideオートガイド  
 Canob Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 480sX4枚(8枚中)
 いつもの森にて

1600㎜になるとガイドの歩留まりも悪く、またアルニタクのゴーストを抑えるため

星マスクを使用するが効果のほどは疑問で背景色が醜くなりました。



やはり馬頭星雲と一緒に撮った方が絵になるんでしょう。


Ic434_16123

丁度一か月前12/3にFS60CB 355mmで撮影した馬頭星雲と燃える木ですが

拡大画像の燃える木と色合いが随分違います。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月19日 (木)

初めての金星撮影

年が明けて新たに2017年度版のダークフレームを作成していましたが

今週はフラットフレームの作成に夕方から庭撮りしていました。

17日はR200SSのフラットを撮影中に金星の鋭い輝きに惹かれ

人生初の金星撮影にチャレンジ。

良く見ると火星も近くにありますね。


Img_3501_1venus_b
 2017 1/7 17h50m
 VIXEN R200SS kenkoX2テレプラス 直焦点
 Canon Eosx7i(改) トリミング有

1600mmではあまりにも小さいので無印ズームアイピース8㎜-24㎜を

装着して拡大撮影も。

Img_3534venus17117_2
 2017 1/7 18h27m トリミングあり


アイピースの影響か直焦点に比べて縁が薄い青色になってしまうのは

承知の上ですが問題は露出が長すぎました。

2月17日には最大光度ー4.6等になり3月の中旬まで宵の明星として楽しめそうなので

人生2回目の金星撮影もあるでしょう。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月16日 (月)

ここからスタート2017 M1

お正月のTVにも飽き、しぶんぎ座流星群に期待を込めて

3日は今年初めての夜遊びに出かけました。


気温ー3度、時々強風のち一時ガイド不良の天候

流星群を気にしながら直焦点での撮影は日付がそろそろ

変わる頃から始めました。


そして選んだ対象はメシエの1番


M1 かに星雲 おうし座の超新星残骸
M1_zzzxxaa
 2017 1/3  23h26m~
VIXEN  R200SS F4  X2Kenko テレプラス
VIXEN SXP    NexGuideオートガイド 
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 480sx8枚
いつもの森にて

何故焦点距離をX2にしたのかって?

露出時間を延ばしてゆっくり流星群を観望したいという単純な考えですよ!

ご承知のごとく見事に裏切られましたけどね。

また1600㎜のガイドにはもう少しシビアにセッティングが必要でした。

という事で今年のスタートはM1からです。

が、間違ってもここから

メシエ撮影完全制覇が始まるなんてことはありません。

星がおにぎりですが松の内の撮影という事でご容赦を。

朝の散歩に出掛けたら、そこにはまだお正月の名残が


Img_1214


 木のてっぺん近くに

Img_1216


あぁ!ゲイラカイトが

お年玉で買ったカイトをお父さんと一緒に楽しんでいたんでしょうね。


次回の予告

この木に似たアレです。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月12日 (木)

遅 報 しぶんぎ座流星群 1個

今更ボウズに終わったしぶんぎ座流星群の報告でもないのですが

もしかしてとすべての画像を見直してみました。


 オリオン座、すばる周辺
Img_0850
 Canon Eos40D ノーマル
 SIGMA 17-70 f2.8 21h58m~ 30秒X100 ISO1600
  固定撮影 

 オリオン座三ツ星西側に2個のそれらしきものは残念ながら人工衛星です。


ほぼ流星群には諦めながらもポラリエにEos40Dを載せ替えてSAMYAMG14㎜を

装着、この頃、北斗七星付近に流れご近所さんから写ったの連呼が

響いていました。

Img_1016xaaa
 2017 1/4 01h1641s ~ 30秒 ISO1250 Jpeg1枚

わかりますか?

Photo
                      ステラナビゲーターより

 M44からぎょしゃ座、ペルセウス座辺りまでですが

 結構暗い流星がひとつペルセウス座に写っていました。

 しぶんぎ座流星群はボウズと決め込んでいましたが改めて全画像を

 拡大検証してゼロではなく1個、たかが1個されど1個、ゼロとは大違いなんて

 力んでみてもしょうがないのですが!


Img_1016xb

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ

2017年1月 9日 (月)

春まだ遠い 2 M51子持ち銀河

“春まだ遠い” というタイトルにしましたが

どちらかというと子持ち銀河は今が旬なのかもしれません。

大晦日の早朝にご対面できました。


M51 子持ち銀河 りょうけん座
M51_6p_e1xz2
 2016 12/31  02h56m~
VIXEN  R200SS  F4    コマコレ3
VIXEN  SXP       NexGuide オートガイド
Canon Eosx7i(改)   LRP-Nフィルター ISO1600  300sX8枚
いつもの森にて


800mmでもこの大きさですが、この特徴ある銀河は何度撮っても飽きない

銀河のひとつです。


もう少し近寄って

M51_6p_e1xz3


新年まで24時間を切ったこのときに及んでなんとガイドがイマイチ

恒星が少しおにぎり状態なのは大晦日ということで。。。。。。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月 6日 (金)

春まだ遠い M81 M82

深夜を過ぎると星空には沈むオリオンを追いかけ獅子が走り

西に沈むカシオペア座に向かい合うように北斗七星が立ち上がる。

そこには春が見え隠れしますが時計を見ると12月31日 02時近く。


M81 M82 おおぐま座
M81_m82_jjp1
  2016 12/31 01h52m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用
VIXEN SXP         NEXGUIDE オートガイド
CANON  EOSX7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600  360sX8枚
いつもの森


春はまだ遠いのにちょっと刈り撮ってみましたが、まだまだ早生物で

M82のスターバースト冬眠中なのか熟していませんね。

M81も大きく広がる銀河の腕はまだ薄く赤味が取れていません。

春の銀河の刈り撮りはもう少し待ちましょう。


春がどこまで来ているかもう少し近づいてみましょうか!


M81_m82_jjp2


ウムム、まだまだ春物銀河は早いですね。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月 4日 (水)

有名星雲の影に隠れて IC2169

昨夜は多くの方が 「しぶんぎ座流星群」 に2017年の願掛け観測に

出向いたのではないのでしょうか。

勿論、私も。。。。

直焦点撮影の他にポタ赤、固定撮影と新春大盤振る舞いの設置しましたが

イザ撮影!・・・・直焦点用のカメラモニターに「カードが入ってません」(;ω;)

新年早々やってしまいました。

カメラのローテーションを変えて流星群に臨みましたが

出ない、見えない、流れないを十分に味わいました。



さて画像は年末に撮りましたIC2169

N2169_a4trxx
 2016 12/31 00h43m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7(改) LPR-Nフィルター  ISO1600 360秒X8枚
いつもの森にて


いっかくじゅ座の有名天体「コーン星雲、クリスマス星団」を撮影すると

ついてくるIC2169 赤い星雲の近くにワンポイントの青い星雲は目を引きますね。

大きさが25′と大きいので800mmで丁度収まるのではと試写すると

青い雲はかすかに写る程度で全体をモニターからイメージすることは

赤い星雲のようには出来ません。

IC2169を単体で撮ることは少ないようですね。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年 2017

       新年明けましておめでとうございます

 昨年は多くの方々にブログお立ち寄りいただき有難うございました

     また多くの方のコメントに気力を持ち続ける

         ことが出来感謝しています




Abcde

    今年も宜しくお願いいたします





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31