フォト
無料ブログはココログ

« FL80S お試し M33 | トップページ | 月の出 バッテリー 馬 »

2016年11月16日 (水)

FL80S 番外 M42

オリオン座が見やすくなってきたのでFL80Sで撮ってみました。

明るい星雲ですがISOも高めに設定し試写を見ながら露出もヒストグラムが

中央に位置する程度で撮影。


 M42 オリオン大星雲
M42_aaatrxx1000
 2016 10/28  00h52m~
VIXEN  FL80S  640mm
VIXEN  SXP     Nexuideオートガイド
Canon Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター ISO3200  300秒X8枚
いつもの森にて



ちょっと問題が、輝星のハロが強烈に出ています。これはコンポジット画像の

時点に現れマスクを使っても改善できず醜いM42になってしまいました。

また多段階露光ではないのでトラペジウムの中心部分も飽和しエエとこなしなので

飽和を恐れず強調処理。


同じ条件ではないのですがFS60CBの輝星との違いを

見てみます。


M42testpp

 FS60CBの輝星は強調しても太るだけです。

ネットを徘徊すると対処方法などがありましたが機械的な特性ということで

納得して使いましょう。

馬頭星雲を処理してみたらこれまたとんでもないことになっていました。

次がどうなる事やら!!


  M42 おりおんショット
161028a
  2016 10/28  00h51m






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« FL80S お試し M33 | トップページ | 月の出 バッテリー 馬 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、エェ感じに仕上がってますねぇ!
M42の王道処理で、ガス!誰かの無理から処理と違ってぇ!
って、ホットって下さい!はハッハッハハッハハ!!
やっぱ輝星に出ますねぇ!機材の作りの違い。
って、私はハナからFS-60CBしか見えてませんが!テヘッ!

トラペジウム部分の飛ばし具合がいいですね~。
オリオン星雲は、輝度の高い部分の表現が難しいですけど、「飽和させる」か「させないか」でずいぶん違う印象になりますよね。
とても綺麗なオリオン星雲だなと思います。

テナーさん、こんにちは!

おぉ〜、これまた憧れの「M42」!
凄い迫力!
いつか、こぉ〜ゆぅ〜画角で撮りたいんですよね。
カッコ良いなぁ〜。
ここまで撮れても、仕上げにまだまだこだわるテナーさんのこだわりには驚きます。
でも、十分綺麗だと思います!!
「やるならとことん!」ってヤツですね。
私の「お月様バカ」っぷりとは大違い!
(笑)

こんばんは!
画像処理、果ては何処にあるのでしょうね~
はじめは写っている事だけで歓喜に打ち震えていたのに
いつの間にか、四隅がぁ、ピントがぁ、ゴーストがぁ、色味がぁ
などと、モニタとにらめっこをして唸る日々
天文沼、ホントに恐ろしいですね~

ま、そんな時間も楽しかったりするんですけどね^^;

こんにちは。
ランニングマンはまだ走っていたんですね(^^;
多段階露光でなければ、これくらいの白飛びは良いかと
思いますが。もちろん、さらに上を目指す心がけは見習い
たいと思います。馬頭星雲が楽しみです。

輝星のハロは欠点と見るより、この筒の個性と思った方がいいのかもしれません。
反射筒の十字輝線が羨ましくて、屈折筒にわざわざクロスフィルターを付けるように(笑)。
それより、星雲の淡いガスの表現が素晴らしい。
見習いたいです。

山口のじぃ様
いつもの反射の光条とFS60CBの輝星像に見慣れているので
まぁ、これはこれで有りかなって感じです。
輝星の比較は是非じぃ様に食らいついて欲しいという気持ちで
祈りを込めて作りましたので察して頂き有難うございます。


おりおんさん
有難うございます。
飽和させる覚悟で処理に臨めば怖いもの無し
ですが、いくら正解のない画像処理といえども
そこのところは落とし所を考えてせめて見栄えだけでも
まとめようと小市民的な処理になっちゃいますよ。
それにしてもオリオン大星雲は手を掛ければかけるほど
難しさが伝わってきます。

Layout3さん
何度やっても納得出来ないのが天体写真の
画像処理だと思います。
お手本があって塗り絵の様に描ければ簡単なんでしょうね。
次回はLayout3さんも鏡筒でM42を直焦点撮影やって
この泥沼にもう少し足を突っ込んでみましょうよ。
責任は負いませんが!
楽しみですね!


KENさん
画像処理に模範解答があったら直ぐにカンニングしちゃうん
ですけどね。
〉はじめは写っている事だけで歓喜に・・
これですよ、忘れてはいけない熱い感性。
この気持ちが天文沼を泳ぐ力なんでしょうね。
唸る日々をテナーも続けていきますよ。

ヤマボウシさん
ランニングマン星雲とはよく言ったもんですね。
ちょっと影の薄いランニングマンになっていますが!
月の出時間を気にして短時間露光の分を撮り忘れてたんで
次回は多段階露光でトラペジウムを現した画像にしたいですね。
馬頭星雲が楽しみ!
社交辞令でも嬉しいもんですが、多分ご覧頂くと体調に異変が起こるかも(笑


悠々遊さん
輝星のハロやゴーストは機械的な要因なので気にはしないように
していますが出来れば軽減処置の方法を身に付けたいですね。
星雲の処理ももう少し強調するとより外側の淡い部分が見えて
きますが、なんか全体のバランスがおかしくなるので
この辺で打ち止。
見えないものを炙り出すにはまだまだ修行不足です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/68453386

この記事へのトラックバック一覧です: FL80S 番外 M42:

« FL80S お試し M33 | トップページ | 月の出 バッテリー 馬 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31