フォト
無料ブログはココログ

« FL80S お試し NGC253 | トップページ | FL80S 番外 M42 »

2016年11月12日 (土)

FL80S お試し M33

お試しなので大小様々な対象に筒を向けたいのですが

どうしても限られた時間ではメジャーな対象を撮ってしまいますね。

お試しの最初に撮ったのはM31アンドロメダ銀河、このご近所にはM33があるので

M31撮影2日後に南中前の一時間で撮影をしてみました。


M33 さんかく座
M33_161027_mori2
  2016 10/27  21h55m~
VIXEN  FL80S  640㎜  
VIXEN  SXP  NexGuideオートガイド 
Canon  Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター ISO1600  360秒X8枚
いつもの森にて StellaImage7  PScs2  DPP使用


太陽系から300万光年の彼方にありアンドロメダ銀河とともに肉眼で見える

最も遠い天体のひとつでアンドロメダ銀河との距離は75万年の位置にある(wikipedia)

明るく大きいので撮影は簡単ですが腕の部分に点在する赤い散光星雲を表現するのは

難しいです。

普段、反射望遠鏡F4で撮影しているので撮影効率が気になるぐらいで

FL80Sの使用感は上々。


Img_8936m33


M33は写角に入っていませんが丁度昴の上の方にあります。


M33
   ステラナビゲーターより




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« FL80S お試し NGC253 | トップページ | FL80S 番外 M42 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

暗い場所で露光たっぷり、という条件もあるのでしょうが、腕を包み込む淡い所までしっかり出ていますね。
やはりFLは格が違うと思います。

はっきり写ってますね。
やはりフローライトはいいですねー
次星団とかお願いします!

テナーさん、こんばんは!

綺麗に撮れていますね!
画角もぴったり!
やっぱりいい鏡筒ですね。
こうやって撮れるまで頑張らないと!

さて、お次は??

悠々遊さん
二晩集中してこの鏡筒を使ってみてやはり露光時間が
気になりますね。
それでも使い勝手は良いのでダンボールの空き箱ケース
から専用のプラケースでも作ってやろうかと思います。

道端小石さん
星雲、銀河を撮ってきましたが道端小石さんの馬頭星雲
ではありませんがアルニタクのゴーストが強烈で馬頭の
処理でつまずいてます。
今回のM2、M15や散開星団もと思っていましたが
これらは次回チャレンジします。

Layout3さん
そういえばまだこの鏡筒で月を撮っていませんね。
そこでスーパームーンにトライしてみます。
天気はどうなんでしょうね。
頑張ってみます。

F8はやや暗いとはいえ、いい筒のようで。
X7iならもう少しISOを上げても良いのかも。
お試しだなんて、ガンガンいきましょう。

びっけパパさん
F値が大きいので露出かISOか悩みどころですが
ISOを上げると画像が荒れる心配があり枚数を増やすと
時間が必要とイタチごっこなんですよ。
効率を考えるとISO3200以上で撮りたいですね。

こんにちは

眼視だったらF値大きい方が安価なアイピースで対応できるからお財布に優しいけど、撮影だと影響大か。。。。。

一晩の撮影対象が多いと効率も大事ですね。

moritoさん
恥ずかしながらまだアイピース装着して
眼視をこの鏡筒でしていないんですよ。
月から惑星、星雲、星団、銀河とひと通り
見て見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/68388064

この記事へのトラックバック一覧です: FL80S お試し M33:

« FL80S お試し NGC253 | トップページ | FL80S 番外 M42 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31