フォト
無料ブログはココログ

« FL80S お試し ソウル星雲&。。。。 | トップページ | 見上げてごらん 天の川が。。。 »

2016年11月 3日 (木)

FL80S お試し ばら星雲

平日でも晴れると思えばGo!

月の出時刻00時35分 山の木々の間から月齢24の月が見え隠れする中で

ばら星雲をむりやり撮影するが3枚で終了。


Ngc23379rosette_nebula_161025
  2016 10/25   01h37m~
VIXEN  FL80S  640mm
VIXEN  SXP     NexGuideオートガイド
CANON  Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター  ISO3200  300秒X3枚
いつもの森にて    StellaImage7  DPP  PScs2使用


普段使用する鏡筒に比べF値が暗いため倍の露光時間をかけるかISOをより高感度に

設定しなければならないところが「早撮りテナー」としては悩みどころです。


お題にお試しとしてあるので何か比較やら検証やらをしないといけなかと思いますが

「アバウトなテナー」としては苦手な分野、そこでFS60CBで撮影したバラ星雲が

あったのでとりあえずはJpeg元画像1枚で見てみましょう。


Zzxpage

左 FS60CB 355㎜ ISO1600 300秒 
右 FL80 S  640㎜ ISO 3200  300秒

鏡筒、撮影条件すべて違いますが露光時間のみ同じ300秒

画像にできませんでしたがヒストグラムはFS60CBは中央より左2/3

FL80Sはちょうど中央で口径による集光力の違いか月明かりの影響か定かでは

ありません。

  ちなみにFS60CBのブログ画像(2016 1月)がこちら
Ngc22731613xxzz



鏡筒の能力には認めるところがありますが露光時間が気になるところで

撮影兼眼視用での運用を考えましょう。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« FL80S お試し ソウル星雲&。。。。 | トップページ | 見上げてごらん 天の川が。。。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
F値が暗いのは、遠征時の効率を考えるとちょっと辛いですね。この問題を解決するために、R200SSとFS60CBとFL80Sの3連射はどうでしょうか。たっぷり時間を掛けられますよ(^^;;

テナーさん、こんばんは。

新しい屈折のレポート?ご苦労様でした。
なるほど、こうやって並べると、f値の違いで写りの違いがよくわかりますね。
やっぱりf値は重要項目ですね。
でも、新しい屈折でも、十分!って思ったのは私だけでしょうか?

ガ~ン!!FS60CB・・・う~ん!
エェ星像してますねぇ。どちらが?って?
イジ悪テナー翁で、ガスねぇ!ハハッハッハハハ!!
最近は星雲よりも星像ばかり気にして生きてます。テヘッ!

VIXEN使いの私としてはFL80Sを応援したいです!
3枚撮影のバラなかなかだと思いま~す。
他の鏡筒よりF値の暗さというのはあるかもしれませんが
もしかしたら640mmという焦点距離が慣れてないというのも
あるのかもです。
もう少し焦点距離を短くしてF値を上げるレデューサーを
ためしてみてはどうえしょうか。
純正は高いのでKENKOクローズアップレンズで
自作すると数千円とお安く仕上がりますよー


ヤマボウシさん
そうですね、倍の露出時間を考えると効率が
悪いです。
3鏡筒の連射いいですね、でも赤道儀が重量オーバーで
ギャフンでしょう。
赤道儀を一丁新規導入してみようか!(笑

Layout3さん
軽量、ノンメンテナンスと使いやすい鏡筒です。
made in 国産は安心して使えます。
でも撮影対象ごとに取っ替え引っ替えも出来ないので
どう使うかよく考えてみます。

山口のじぃ様
星雲より星像が気になるじぃ様は天体写真の
究極の世界に身を置きつつあるようで、そこは
神の領域。
星像の真髄を求めるにはFS60CBがお手軽近道でガス。
VX赤道儀によく似合うでしょう。

道端小石さん
FL80Sの応援ありがとうございます。
この焦点距離に慣れていないのは確か、撮影イメージも
ぼんやり定かで無い中で撮影。
小石さんの手作りレディーサーは以前ブログで拝見しましたの
でまた見直して参考にさせて頂きます。

vixenのFL80sやっぱり良いですね。最初の鏡筒買うときこれを第一候補としていたのですが買ったのは結局もうすこしリーズナブルなもの。これはレデューサーを使うと周辺部のコマ収差が酷いハズレ物。画像を見させていただきやっぱりVixenにしておくべきだったなあと思う今日この頃です。

Gさん
FL80Sが世に出た頃の評価は私知りませんが
20年以上経過しても軽量で使い易いです。
気になるのはやはりF値、明るいレンズ、鏡が全盛の昨今ですが
ここのところを我慢すれば満足いく鏡筒だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/68235059

この記事へのトラックバック一覧です: FL80S お試し ばら星雲:

« FL80S お試し ソウル星雲&。。。。 | トップページ | 見上げてごらん 天の川が。。。 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31