フォト
無料ブログはココログ

« ゴッホより普通にラセンが・・・・ | トップページ | クリスマスのイメージには遠いNGC2264 »

2016年11月30日 (水)

片手落ち Ced214

星図でカシオペア座周辺をぶらぶらしていたら

初めてかもって思う散光星雲に目が止まりましたが撮ってみたら・・・・・


Ced214 散光星雲 
Ced214_tr_x161128
 2016 11/28  22h12m~
タカハシ FS60CB 355㎜ フラットナー
VIXEN  SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i (改) LPR-N フィルター ISO3200 420秒X8枚
秩父山の中


Ced214の座標で導入しましたがセンターをはずしてしまった。

おまけにCed214の周辺には大きく広がるNGC7822散光星雲があります。

残念ながらほんの一部が写っただけで耳元で「撮りなおしだよ」と囁く声が

聞こえます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« ゴッホより普通にラセンが・・・・ | トップページ | クリスマスのイメージには遠いNGC2264 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この星雲はどこ?と思ったら、クエスチョンマーク星雲の一部ですね。
周囲も撮影して、モザイクで繋げたのを見たいです。
で日付を見たら、、、。
私は夜半前は曇られてしまって、撮影が始められたのは夜半後でした。

こんにちは。
Cedカタログはイタリア人天文学者の星雲カタログのようですね。
ウィキペディアとネット翻訳で調べましたが、詳しいことは知りません。
星図ってアナログですか?

ステナビでも検索できませんでした。NGC7822の近くを探したのですが・・・
相当淡いのでしょうね

やまねももんがさん
そうなんです、?星雲なんですが画像からは
クエッションマークに見えないのでCed Noで表現しました。
モザイクですか!
?星雲全体を表現するには多分4パターン撮れば出来ると思うので
トライする価値ありますね。
この夜は日付変わる頃から雲が湧いては消えの連続で
後半はボツです。

ヤマボウシさん
星図は紙製の本です。
この星雲にはCed NoとSh2-171 LBN587と複数の
Noが付いていて紛らわしいです。
また天体巷ではももんがさんがご指摘のクエッションマーク星雲
とも呼ばれ混乱の極みです。
FS60CBにレデューサー組み込むと星雲全体が
写ると思います。

Gさん
広がりは大きくISO3200 総露光1時間近くで
こんなもんですから結構淡いかと思います。
有名天体 クエッションマーク星雲で探したほうが早いでしょうね。
北極星に近いので年間撮影可能です。

こんばんわ

こいつは暗黒帯がなんとも綺麗ですよね。

で、赤点からNGC7822までだと4枚かぁ。。。。

私は即挫折しそうです・・・・

moritoさん
モザイク4枚で出来たとしても4時間の露出を
掛ける対象かどうかよく考えてみると?です。
多分4枚では収まらないので200mmぐらいで
一枚ものにしたほうがいいかもしれませんね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/68653069

この記事へのトラックバック一覧です: 片手落ち Ced214:

« ゴッホより普通にラセンが・・・・ | トップページ | クリスマスのイメージには遠いNGC2264 »