フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

FL80S お試し ソウル星雲&。。。。

この夜は月齢23、月の出が午前0時半

月齢23と言えども大気が澄んでいるので月明かりは結構明るいので

急いでお試しに入る。

視直径60X30′ 前回のM31より写角に収まりは良いんじゃないかと思い

IC1848(ソウル星雲)を選択する。


IC1848 カシオペア座
Soul_fl80sfl80s
  2016 10/25  00h55m~
VIXEN  FL80S  640mm 
VIXEN  SXP     NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター使用 ISO3200  180秒x8枚
奥秩父山の中


月の出時刻が過ぎているので悲しいかな3分露出で対応です。

実はIC1848を撮る前にソウルと言えばハートが付き物なのでIC1805を

撮りましたが見事に写角からはみ出し無駄な時間をかけてしまい

IC1848は短時間での撮影と相成りました。


ところでお試しということなので画像の四隅の星像を見てみました。


Soul_nebula_bunnkatua_cats
やっぱりというか、との当然、あの唖然、四隅の星像はおにぎりになっています。

が、私的にはフラットナーなど無いので許容範囲の納得です。


折角なのでハート星雲をオマケに


IC1805 カシオペア座
Heart_ic1805
  2016 10/25  23h35m~
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター ISO3200 360秒X8枚








にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月29日 (土)

FL80S お試し M31アンドロメダ銀河

8月に後輩から預かった鏡筒を試す機会がなく2か月近く間が

過ぎてしまいましたが、今回やっとお試しをすることが出来ました。

鏡筒は VIXEN FL80S 

鏡筒の焦点距離、f値などを考え選んだ対象天体は


M31 アンドロメダ銀河
M31_161025
 2016 10/24  21h43m~
VIXEN  FL80S 640mm
VIXEN  SXP   NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター使用 ISO3200  360秒X6枚
秩父 山の奥にて


f値を考えるとISO1600では長い露光が必要になりますがこの撮影地では

難しそうなのでISOを上げての撮影になりました。



FL80S

P1050835b_3
 綺麗な状態でしたがカメラを付けると標準装備のアタッチメントプレートではバランスが
 
 取れないため、所沢VIXENに持ち込み長尺のステーを購入と同時にフォーカスノブの

 変形調整、対物レンズの簡易クリーニングをしていただき係りの方の説明では状態は

 良好とのことでとりあえずはひと安心。



そしてこんな感じになりました。

P1050896fl80s

 バランスも上々、スリムで軽量な鏡筒がいいネ!

 こんな感じで撮ったお試し対象が少しの間続きます。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月25日 (火)

シーズン到来 オリオン大星雲M42

やって来ましたね!

10月末には午前2時30分頃に南中を迎えるオリオン大星雲。

この星雲がお好きな方もそうでもない方もとりあえずはシーズン中に

一度は撮影するのではないでしょうか。

今シーズンお初撮影を10月7日に決行しました。


M42 オリオン大星雲 オリオン座
M42_161007tr
 2016 10/7 02h34m~
タカハシ FS60CB F6 フラットナー使用
VIXEN  SXP         NexGuideオートガイド
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター付 ISO1600 180秒X8枚
*ケラレ部分は少々トリミング
いつもの森にて

中心部の4重星・トラペジウムが表現出来ないのはこの鏡筒では荷が重いのか

作者の技量不足なのかは定かではありません。

シーズン中に何回M42を撮るか分かりませんが撮れば撮るほど処理の難しさ

に泣かされます。



前回のオリオン座星景2点の前に撮った昇り始めたオリオン座です。

16107
  2016 10/7  00h36m09s
Canon Eosx2 Seo-Sp3   SIGMA 17~70 f3.2 ISO800 43秒 Jpeg 1枚仕上げ





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月22日 (土)

見上げてごらん オリオン座

10月初旬には日付が変わる頃にオリオン座が昇ってきて

薄明が始まる4時すぎまでオリオン座と戯れることが出来ますね。

あぁ、また今年もこの季節になったんだとなんとなくホットした感じ。



  冬の大三角
M42_acs2zzxx
  2016 10/7  02h18m~
Canon Eosx2 Seo-Sp3  ISO800 30秒 Jpeg 1枚
SIGMA 17-70 Av3.2   ケンコー プロソフトン
固定撮影



New3sia
  2016 10/7  02h48m~
 Canon Eosx2 Seo-Sp3 120秒x6枚 ISO800 
  SIGMA 17-70 17mm  Av3.2  ケンコー プロソフトン
  ポラリエ使用  いつもの森にて
  





←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月17日 (月)

ぎょしゃ座は賑やか IC405 IC410

双眼鏡でぎょしゃ座を覗いてみると散開星団M37、M36、M38と順に視野

に飛び込んで来ます。

3個の散開星団をひとつの画像に収めたいと思いましたが、設置の機材では

M36とM38のふたつが精いっぱい。

そこで近くのIC405(勾玉星雲)とIC410を選択し試写をしてみるといい感じで

収まりそう、と言っても定番の構図でどこでも見るパターンです。



  IC405 IC410  散光星雲 ぎょしゃ座
Ic410_d1trzzx
  2016 10/7 03h30m~
タカハシ FS60CB 355mm フラットナー付
VIXEN  SXP  NexGuide使用
Canon Eosx7i LPR-Nフィルター付 ISO1600  240秒X8枚
いつもの森にて


IC405は勾玉星雲と呼ばれる訳が理解出来ますがIC410は別名どくろ星雲

何処がどくろか画像からイメージできませんね。

IC410の中には散開星団NGC1893があります。


  昴からぎょしゃ座
Acs2aaasx_2
   




←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月13日 (木)

アレが入っていないんです! IC1396

撮り逃していたケフェウス座周辺を探索し

ケフェウス座と言えばIC1396散光星雲に眼を向けてみました。

この日のIC1396の南中は午後8時過ぎ、撮影時は日付をまたぎ

はくちょう座を追いかけるように西に傾き始めていました。



IC1396 散光星雲 ケフェウス座
Ic1396_abr_16106
  2016 10/7 00h48m~
タカハシ FS60CB 355㎜  フラットナー使用
VIXEN  SXP   NexGuide使用
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター使用  ISO1600  360秒X8枚
ステライメージ7 DPP使用
いつもの森にて

アレ抜きのIC1396はサビ抜きの握り寿司かク〇ープのないコーヒーか!

画像の11時方向にガーネットスター(ケフェウス座μ星)があってのIC1396

久しぶりの撮影でやってしまった大きなポカです。






  久しぶりのおりおんショット
Img_8868a_2
  2016 10/7 00h59m
 Canon Eosx2 seo-sp3
 SIGMA 17~70mm  17mm  ISO800  Av3.2  Tv32s Jpeg1枚


場所はこの辺です
Ic1396b
   2016 10/7  00h10m~
  ポラリエ使用 ISO800 120秒X12枚(カメラはおりおんショットと同じ)






←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月 9日 (日)

お題はシンプルに カルフォルニア星雲

久しぶりの夜遊び

山の向こうに見える星に導かれるようにいつもの場所へ

平日でしたが先行者がお一人、お話をしているところに

ペルセ流星群以来のLayout3さんが登場。


9月に予定していた対象を一カ月遅れで撮影しようと気持ちはソワソワ!

夜空に雲がモクモク。

23時頃から雲も消え去り見上げるとはくちょう座は西に見え

カシオペア座が天頂近くに、一カ月のブランクを感じます。


この夜 最初に筒を向けたのは


NGC1499 カルフォルニア星雲 ペルセウス座
Ngc1499_16107trza
  2016. 10/6  23h09m~
タカハシFS60CB  355mm  フラットナー
VIXEN  SXP    NexGuide
Canon Eosx7i (改)  LPR-Nフィルター ISO1600  300秒X8枚
県民の森

カルフォルニア州に似ているところからのネーミングのようですが

如何なもんでしょうか!

大きい対象で撮りやすいですが中の暗黒帯の表現にはまだ露出が

不足のようでもう少し暗い夜空が欲しいですね。


   横を見るとLayout3さんが何やら悪戦苦闘の様子!

 





←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月 6日 (木)

雨あがりの些細な出来事 3

味覚の秋到来

香りマツタケ、味しめじ。



雨上がりに庭を見るとそこには何と、まさか、ウソでしょ!


出てきた~~

P1050864_a


サルマタケ!?!・・・・・いやいやシバフタケ

雑草はつきもので諦めていますが、まさかあのシバフタケが出て来るとは!

お初の経験です。


P1050867_b

早めに除去しないと胞子が拡散してしまうので急いでテデトールで対応。


ひと晩でこの大きさになってしまうんですよ。

つまんで取ったあと地中を覗き込むと白い薄い綿のようなものが

こいつが菌床なんだろうか?


憎きシバフタケ、薬剤は使いたくないので摘まんで取ったど~~~

P1050854_as

この日の収穫量は

P1050860_a

何時かはシバフタケにご対面の時が来ると思っていましたが

これも今年の雨の多さが原因なんでしょう。


香りマツタケ味しめじにはほど遠いお話でした。




PS 数日後、雨上がりにまたシバフタケがニョキニョキと懲りずに

   出てきました。

   またもやテデトールで対応です。

   いつまで続くのか (。>0<。)





←ここを押していただけると少し幸せ

2016年10月 3日 (月)

出会ってから50年 THE BEATLES

夜遊びも出来ず気持ちのモヤモヤを薄めるために

映画館へ。

選んだ作品は

  THE  BEATLES   EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years


ビートルズがデビューしワールドツアーまでのドキュメンタリー・フィルム

本編終了後、1965年のNY、シェイ・スタジアムのライブ映像が4Kリマスター版での

おまけ付



ポスター画像
    日本限定ティザーポスターを拝借


中学の頃、ラジオから聞こえた Please Please Meに愕然となり、それまで

耳にしていた洋楽を机の中に仕舞い込んでしまうほどでした。

2時間の本編に時間を忘れ、本編終了後の特別映像4Kリマスター版のライブ映像は

50年前の元映像からとは思えない綺麗な映像とサウンドに拍手です。


帰宅してギターを引っ張り出し ♫Blackbirdを・・・・・指が動かない(;ω;)


ビートルズの歩みを多感な10代に生で過ごせたのはラッキーなことであり

宝物と言っても良いでしょう。





←ここを押していただけると少し幸せ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »