フォト
無料ブログはココログ

« メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 | トップページ | 所沢 星空フェスティバル »

2016年7月28日 (木)

天の川に浮かぶ彼岸花星雲(NGC6357)

関東地方もやっと今日梅雨が明けました。

でもスカッとした星空になりませんね!

7月9~10日にかけて南天さそり座の尻尾近くにある彼岸花星雲を

やっと撮ることが出来ました。

特徴ある形から彼岸花星雲と呼ばれる散光星雲NGC6357

N6357_16727c5
 20161/7/9   23h15m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用 NexGuide
Canon Eosx7i(改) ISO1600  180秒X8枚
ステライメージ、DPP  PSCS2使用
県民の森にて


処理して気が付いたんですが縦にほぼ等間隔に並ぶ恒星は特徴的ですね。

赤い花びらを持ち曼珠沙華とも呼ばれています。

お椀のように放射状に開く赤い舌状の花が特徴ですがなかなか浮かび

上がって来ません。


もうひとつ白鳥座を固定で撮ったぐるぐる、なぜ撮ったのか今だ

自分でも分からない。

20160709hakutyouguruguruz
2016/7/10  01h49m~02h46
Canon EosX2 Seo-Sp3 SIGMA 17-70 f2.8
ISO1600   20秒x178枚


こんな場所です
Xxz





ここを押していただけると少し幸せ

« メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 | トップページ | 所沢 星空フェスティバル »

趣味」カテゴリの記事

コメント

通称泡ふくカニ星雲ですね。
淡いところもよく写ってます。
すみません、カニにしか見えていないのは昨晩飲み過ぎたか。。
縦に並ぶ恒星。
こいつを目印に探せそうでしょうか?

こんにちは。
南の空を攻めていますね。晴れたら参戦したいものです。彼岸花の花びらの部分が淡いのですね。泡吹き蟹の方が分かりやすいかも。一直線の恒星が面白いですね。

南天低いはずなのにヒガンバナ見事に咲いてます。
わたしはおりおんショットの中でしか写した事ないのですが、
アップでの撮影はこの下の出目金星雲ともどもあきらめています。
もしかしたらこの次は更に低い出目金?

びっけパパさん
彼岸花よりどう見ても蟹に見えますね。
イエイエ呑んでいないテナーにも正に蟹です。
梅雨も明けてこれからがビールの出番、ビールの泡も
蟹の泡も酔って見ればみな同じ。

ヤマボウシさん
処理の途中でこれは蟹だと確信しましたよ。
ステラナビで場所を確認したら縦に並ぶ恒星が明るく
並び探し易いです。
南天低空物なのでどうしても大気の影響が出てしまいますね、
ベストコンディションでチャレンジして下さい。

雲上さん
いつもの撮影場所では木立に邪魔され撮影時間が
限られてしまい、これが初撮りだと思います。
出目金に至ってはもっと条件が悪いので8月には南天の
開けたところで出目金撮ってみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/66732000

この記事へのトラックバック一覧です: 天の川に浮かぶ彼岸花星雲(NGC6357):

« メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 | トップページ | 所沢 星空フェスティバル »