フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

所沢 星空フェスティバル

所沢 星空フェスティバルが7月30、31日に開催されました。

Img_0918


今年も懲りずに天体写真を3点応募し果たしてその結果は如何に!

ご承知の通り!

ブログのお仲間 Layout3さんが見事にビクセン賞を受賞

Layout3さんおめでとうございます。

勿論、お月様マイスターのLayout3さんならではの作品 月面Ⅹ&Ⅴ

主催者の意図する夢拡がる宇宙にぴったしの作品ですね。

授賞式にも立ち会い、拍手喝さいのLayout3さん
Img_0913layout3a

 隣で奥さまが小さく拍手をしている姿が微笑ましく印象的でした。

テナーの作品はどうしたかって勿論参加賞という名誉ある賞を頂き

Layout3ご夫妻とお別れして甲州路を目指しました。

行先はアストロフェスINみずがき2016

一日でふたつの星に関するイベントに参加するなんて

歳を考えなければ・・・・・・


追加画像
所沢星フェス 展示作品(上3作品が私のものです)
Img_0905







ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月28日 (木)

天の川に浮かぶ彼岸花星雲(NGC6357)

関東地方もやっと今日梅雨が明けました。

でもスカッとした星空になりませんね!

7月9~10日にかけて南天さそり座の尻尾近くにある彼岸花星雲を

やっと撮ることが出来ました。

特徴ある形から彼岸花星雲と呼ばれる散光星雲NGC6357

N6357_16727c5
 20161/7/9   23h15m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用 NexGuide
Canon Eosx7i(改) ISO1600  180秒X8枚
ステライメージ、DPP  PSCS2使用
県民の森にて


処理して気が付いたんですが縦にほぼ等間隔に並ぶ恒星は特徴的ですね。

赤い花びらを持ち曼珠沙華とも呼ばれています。

お椀のように放射状に開く赤い舌状の花が特徴ですがなかなか浮かび

上がって来ません。


もうひとつ白鳥座を固定で撮ったぐるぐる、なぜ撮ったのか今だ

自分でも分からない。

20160709hakutyouguruguruz
2016/7/10  01h49m~02h46
Canon EosX2 Seo-Sp3 SIGMA 17-70 f2.8
ISO1600   20秒x178枚


こんな場所です
Xxz





ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月24日 (日)

メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団

いて座の撮り残し地味なメシエをまとめて撮ってみました。

今回は20番台の球状星団M22とM28ですが、地味な球状星団と

思い込んでいましたがM22は大きく立派な球状星団であり

驚かされました。

片やM28は期待通りでひと安心。


M22 球状星団(いて座)
M22_1679
 2016 7/10   00h03m~
VIXEN R200SS  F4   コマコレ3使用
Canon EosX7i(改) ISO1600  180秒X8枚

とりあえず撮影記録ということで多段階露光もしないで手抜きの撮影


本命地味な球状星団M28

M28qxxab
2016 7/10  01h04m~
VIXEN R200SS F4  コマコレ3使用
Canon EosX7i(改) ISO1600  180秒X8枚 少々トリミング

場所はここです

M22m28a

メシエ制覇への道のりはまだまだ遠く、地味な対象が多いため

今ひとつ力も入らずやっつけ仕事感が画像に出てしまいます。

ここらで気を引き締めてメシエの一網打尽と行きたいところです。






ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月20日 (水)

5倍!5倍、月の5倍 アンドロメダ銀河 

この日の薄明開始が02h47m、早いですね。

冬に比べて2時間は撮影時間を存した感じ、なんてことは

言ってはいけません。

この夜最後に筒を向けたのは視直径が月の5倍、勿論目視可能な

渦巻銀河の代表選手M31(アンドロメダ銀河)です。


 M31 アンドロメダ銀河 視直径160′X60′
M31sixyz160709
  2106  7/9  02h54m~
 VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用
 VIXEN SXP       NexGuide オートガイド
 Canon Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター使用 ISO3200  180秒X8枚
 ステライメージ(レベル、デジ現etc) DPP  フォトショップCS2
 県民の森にて

そうなんですよ、M110の姿が・・・・・

薄明が始まってからの撮影だったので画角を修正しないでスタート

タイトルを5倍!5倍としてしまったので、マァあえて見比べることもないので

すがここは月に登場願いましょう。


 2月15日 月面Ⅹの時の月 (月齢6) 視直径30′(平均)
Img_7616moonx1


同じ800mmの焦点距離で撮影、満月の画像がなかったので月齢6で

比較してみてください。


最近、フォトショップCS2(free)を使ってあーでもない!こーでもないと練習していますが

このM31もCS2を酷使しすぎてイメージより派手目で中央部は飽和し放題になって

しまいました。






ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月18日 (月)

天女の羽衣 NGC6992網状星雲

七夕前夜

七夕は織姫と彦星の年に一度のひと夜の・・・・・・・・

この夜は織姫、彦星ストーリーとは関係の無い天女の羽衣をイメージさせる

網状星雲NGC6992、2万年ほど前に爆発した超新星の残骸ですが

綺麗なフィラメント構造が特徴。




NGC6992 網状星雲 はくちょう座
N6992zzzx1677_2
 2016 7/7  00h39m~
VIXEN R200SS 800mm コマコレ3
VIXEN SXP    NexGuideオートガイド
Canon EosX7i(改) LPR-Nフィルター ISO1600 240秒X8枚 少しトリミング
県民の森

特徴あるフィラメント構造をもう少し強調しようとするとケバケバしい赤になり

天女の羽衣というよりも髭の無い伊勢海老に。

ここはひとつ大人の対応で腹8分の処理ってことで自制を保ちました。



この辺にあります
Hakutyou_n6992aa_1677


NGC6992だけでは片手落ちなので処理に行き詰ったNGC6990も

N6990six1679
 2016 7/9   22h05m~
 機材は同上
 ISO 3200 180秒X8枚

注:網タ〇ツを身に着けた天女を期待して立ち寄られたあ・な・た

  期待を裏切ってしまいましたね!
 




ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月15日 (金)

天の川に浮かぶ M20

七夕の前夜

天の川のいて座周辺に浮かぶ散光星雲の中でも特に

お気に入りのM20は5月にM8干潟星雲と共に撮っていますが

ここはやはりM20の拡大撮影をしておかなければ。



 M20 三裂星雲 いて座
M20x1676t
 2016 07/06   23h44m~
VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用
VIXEN SXP    NexGuide使用
Canon Eosx7i(改) LPR-Nフィルター
ISO1600  240秒・8枚
県民の森にて

いつ見ても梅干しかゲンコツか!

最近関西系の健康創造企業のCMに出てくるピンクが・・・の

〇〇の玉次郎を思い出してしまいます。

強烈な玉次郎のイメージに影響されてM20の処理もチョット

強めで中心部が飽和気味です。





ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月12日 (火)

メシエ 遠い道のり M70

梅雨明けもカウントダウンに入ったのでは!?!

いえいえ!それはまだでしょって声が聞こえてきそうですね。

梅雨入り前に頑張って撮ったメシエがもうひとつありましたので

出させていただきましょう。

頑張ったというには余りにも地味な球状星団です。


M70 球状星団 いて座
M70a160603_2
 2016. 6/3   00h07m~
タカハシ FS60CB  355mm  フラットナー付
VIXEN  SXP       NexGuide使用
Canon Eosx7i (改) LPR-Nフィリター ISO1600   120秒x6枚
奥秩父 山の中


地味ですね!撮ったことも忘れてしまいそう
で、トリミングしてみました
M70b_160603

  あまり変わりはないですね。

場所はここ  
M69m70


  残すメシエはあと・・・・・・・・・7月の夜遊びに続きます。







ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月10日 (日)

雨上がり必死隊が見たものは?

9日土曜日は曇り時々雨模様。

GPVを見ても期待薄、七夕前夜祭も消化したし当然自宅待機。

そこへ夜遊びのお声掛けが!

行きましょう!行ってみましょう!運を天に任せて小雨の中の出撃。

現地到着時はまさかの星空、声をかけて頂いたLayout3さんに感謝しながら

午前3時過ぎまで撮影とおしゃべり? おしゃべり 撮影 

水曜日の七夕前夜と同等の天の川に一喜一憂し鹿の鳴き声も心地よく

聞こえた夜でした。

   森陰に沈むさそり座
Cs2b
 2016 07/09  22h43m~
 Canon Eosx2 Seo-Sp3 
 SIGMA 17-70  プロソフトン使用 ISO1600  25秒 f 3.2 固定 4枚コンポジット
 
 

七夕前夜の画像処理後に随時雨上がり必死隊の見たものを掲載させて

頂きます。






ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月 7日 (木)

七夕前夜

梅雨もこれから終盤、GPVでは久しぶりに期待出来そうなので

出かけてみました。

さそり座の南中も早くなり天の川も早い時間に見やすい位置に

あり七夕前夜であることに気が付き織姫、彦星を撮ってみました。


夏の大三角 織姫・彦星
New1x
  2016/07/06  23h24m~
Canon Eosx2Seo-Sp3
SIGMA 17-70 17-f3.2  ISO1600 30秒8枚 プロソフトン使用
ポラリエ使用


南の方に下ってみると森に隠れる天の川
New1x_2
 2016/07/06  23h59m~

七夕前夜から日をまたいで天の川が撮れ少し得した感じです。

そういえば孫に織姫・彦星の話を聞かせただろうか!?!

仮面ライダーゴーストにハマっている孫にはまだ無理かも!?!

孫の書いた短冊には ”ながれぼしいっぱいみたい”と書かれ

これは爺の出番でしょ。



ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月 5日 (火)

メシエ 遠い道のり&みずがき湖

7月に入り相変わらず曇天が続き梅雨明けが待ち遠しい新月期

メシエ制覇もこの梅雨空ではまだまだ先になりそうです。

今回はいて座にある地味な球状星団M69

M69160602
 2016 06/02  23h49m~
タカハシ FS60CB  355mm  フラットナー付 
VIXEN  SXP赤道儀   NexGuide 使用
Canon EosX7i(改)  LPR-Nフィルター ISO1600 120秒X6枚
奥秩父 山の中にて

ホント地味なのでトリミング
M69_r160602

いて座 視等級8.3 視直径9.8 トリミングしても小さいですね。




梅雨空を吹き飛ばす企画「みずがき湖 天文ファンの集まり」に参加しました。

以前から遠征先として気になっていたみずがき湖、ロケハン気分の軽い気持ちで

出かけて行きましたが、やまねももんがさん、ヤマボウシさんはじめみずがき湖の

常連Kさん、遠く四日市から、そしてみずがき湖VCのこうちゃんさんと皆さんとは

初対面ですが共通の話題が距離を縮め 『北斗市みずがき天文愛好会』の

設立まで発展しました。

詳細はやまねももんがさんのブログをご覧ください。


P1050796

山に囲まれた静かなみずがき湖、この日は夜遊び出来ませんでしたが

星空は大いに期待出来そうなので早くその日が来てほしいのひと言です。






ここを押していただけると少し幸せ

2016年7月 1日 (金)

天の川散歩の寄り道 NGC7000

7月になりましたね。

山開きに海開き、星空開きにはもう少し時間がかかりそうです。

梅雨入り前に撮影した画像も残りは数点。


天の川散歩の終点は前回のアンドロメダ銀河ですが途中寄り道したところが

ここ白鳥座のNGC7000・北アメリカ星雲

いわゆる大阪のオバちゃんの上から見下ろす構図がベストなんでしょうが

何故か正面からペリカンに対峙しているようで迫力に欠けますね。


N7000cs2a2
 2016 06/03 00h52m
タカハシ FC60CB  355mm   フラットナー使用
VIXEN SXP      NexGuide使用
Canon Eosx7i(改) LPR-N フィルター ISO1600 300秒X8枚
奥秩父山の中  ステライメージ7  Photoshop CS2(free)

フォトショップCS2のサポート終了で無料ダウンロード出来ることを知り昨年夏に

PCへ入れていましたが触ることもなく一年近く経過してしまいました。

で、今回、山〇のG様のカブリ放題画像がグラデマスク・・・・を見て発奮

歩いて10分、露出は5分の8枚物 フォトショに手を染めてみました。

古いソフトなので最新版の説明では何が何だか、あちこちいじくりまわして

なんとかグラデーションマスクの使い方は分かったつもり。

ステライメージでデジ現、トーンカーブで少々いじった画像を基本に

フォトショで最終処理しました。

カブリ、周辺減光、局部の補正に有効なのは分かりましたがフォトショCCへの

道のりはまだまだ遠いです。





ここを押していただけると少し幸せ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »