フォト
無料ブログはココログ

« 天女の羽衣 NGC6992網状星雲 | トップページ | メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 »

2016年7月20日 (水)

5倍!5倍、月の5倍 アンドロメダ銀河 

この日の薄明開始が02h47m、早いですね。

冬に比べて2時間は撮影時間を存した感じ、なんてことは

言ってはいけません。

この夜最後に筒を向けたのは視直径が月の5倍、勿論目視可能な

渦巻銀河の代表選手M31(アンドロメダ銀河)です。


 M31 アンドロメダ銀河 視直径160′X60′
M31sixyz160709
  2106  7/9  02h54m~
 VIXEN R200SS  F4  コマコレ3使用
 VIXEN SXP       NexGuide オートガイド
 Canon Eosx7i(改)  LPR-Nフィルター使用 ISO3200  180秒X8枚
 ステライメージ(レベル、デジ現etc) DPP  フォトショップCS2
 県民の森にて

そうなんですよ、M110の姿が・・・・・

薄明が始まってからの撮影だったので画角を修正しないでスタート

タイトルを5倍!5倍としてしまったので、マァあえて見比べることもないので

すがここは月に登場願いましょう。


 2月15日 月面Ⅹの時の月 (月齢6) 視直径30′(平均)
Img_7616moonx1


同じ800mmの焦点距離で撮影、満月の画像がなかったので月齢6で

比較してみてください。


最近、フォトショップCS2(free)を使ってあーでもない!こーでもないと練習していますが

このM31もCS2を酷使しすぎてイメージより派手目で中央部は飽和し放題になって

しまいました。






ここを押していただけると少し幸せ

« 天女の羽衣 NGC6992網状星雲 | トップページ | メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

テナーさん、おはようございます!

薄明かりの中、アンドロメダ銀河のget、おめでとうございます!

しかし大きいですね。
画角からはみ出しそうな、大きさに驚きました。
そして、まさかの「月面X」!
こっちに目が行っちゃう…。
(≧∇≦)

サクサクって撮って、サクサクって仕上げちゃう…。
どちらも憧れます。

こんにちは。
もう明け方近くは秋の星座が撮影対象になるのですね。
それにしても月の5倍もあるとは!
あと10億年もすると、それが肉眼でも実感できるようになるのですかね。
このアンドロメダ銀河とオリオン大星雲は、奥がとても深い双璧だと思います。
輝度差がとても大きくて、諧調をどのように割り振るかで個性が出ますね。
中心部が飽和してしまうのは仕方が無いと思うし、とても自然な感じに仕上がっていると感じます。

こんにちは。
背景のグレーがいいですね。ケバケバしくなくて好感を持てます。私の長焦点画像はベタッとしていますが、これはもっと詳細ですね。見習いたいと思います。飽和は多段階露光を試してみたらどうでしょうか。

R200SSだと、もうちょいなんだけど全体が入らないんです。
そこで時間がもったいないけど2カットに分けてモザイク撮影しています。
毎年撮ってますが、なかなかの難物で満足できるものがありません。
(大きいけど案外ノッペリしているし・・)
今年も何回挑戦するのかなぁ。

こんにちは
薄明開始が3時前ですか!ほんと早いですよね。
その薄明にも負けない迫力のアンドロメダ。
淡い部分もはっきりくっきりですね。
肉眼ではなんとなくしか見えないですけど、もし外縁部まではっきり見えたらすごいでしょうね~。
満月の5倍ですもんね。しかも230万光年離れてるのにその大きさ。
実際に見てみたいですね。

Layout3さん
Layout3さんがM45昴を撮っている時、陰に隠れて
シコシコ撮っていたアンドロメダです。
比較で出した月面Xに目がいってしまうとは
流石月面マイスターですね。
出来れば若い女子に憧れて欲しいですよ(笑

やまねももんがさん
こういう時間は大気の状態も安定して撮りやすいですが
その結果季節先取りになってしまいますね。
仰しゃる通り大きくて撮りやすですが処理は泥沼もがき
苦しみの対象だと思いますよ。
行き詰まった時はお知恵を拝借です!

ヤマボウシさん
過分なコメント有難う御座います。
そうなんですよ!実は試し撮りで30秒、1分の画像が
あったんで使えば良かったと・・・
これからが撮り頃なのでまた挑戦してみます。

雲上さん
毎回撮ってからモザイクにすれば良かったと
思うんですが、実際この時期撮りたい対象が多いので
時間を考えると突っ込めないんですよね。
次回はしっかりモザイクで多段階露光を実行です。


おりおんさん
ちょっと赤錆びが強すぎたと反省です。
Photoshopの練習台には難しいすぎましたよ。
肉眼では米粒ほどの見え方ですが実際明確に5倍の
大きさに見えたら大マゼランもかたなしでしょうね。

このど迫力!
それに7月初旬にアンドロメダをこのサイズでgetとは・・・。
ほかに語る言葉を失いました(笑)。

悠々遊さん
関東は梅雨明けも来週末ぐらいかと思いますが
新月期には満天星になって欲しいです。
迫力だけのM31、誰もが知っている対象だけに
処理が難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/66605308

この記事へのトラックバック一覧です: 5倍!5倍、月の5倍 アンドロメダ銀河 :

« 天女の羽衣 NGC6992網状星雲 | トップページ | メシエ 遠い道のり M22 M28球状星団 »