フォト
無料ブログはココログ

« からす座ってどこ? アンテナ銀河NGC4038.4039 | トップページ | 朝散歩 桜 »

2016年4月 1日 (金)

春休みの宿題 復習編① ω星団

昨年2月に撮った南天低空物オメガ星団はやっと撮れたというだけの

代物。

今少し見栄えのするω星団を春休みの宿題として再チャレンジしてみました。

撮影地が限定され天候に左右され3月中旬を過ぎると低空物には

厳しい条件となります。

NGC5139と言うよりω星団でなじみ、眼視出来る数少ない球状星団の中でも

最大級のもの。


NGC5139 ω星団 ケンタウルス座

Blb
 2016.3.16 02h40m~
 VIXEN R200SS F4 コマコレ3使用
 Canon Eosx7i(改) ISO 1600 30秒X4枚 120秒X4枚(8枚中)
 *試し撮りの露出のまま撮ってしまい8枚目には全天雲
 撮影地 堂平P ケラレの為トリミング
  *トリミングが不適当なため差し替えました


2分露出では本来の大きさは表現できませんが今年1月に撮ったM3と

反転画像で比較してみます。

  ω星団  等級5.3  視直径 23′恒星数1.000万個
     M3     等級6.3    視直径 18′恒星数  50万個

 

ω星団
Img_2478_bljxpp16316




M3
Img_1849m13_bl7016130


どちらもJpeg1枚物を背景のコントラストだけ揃えています。

M3球状星団はかなり大きい方ですがやはりω星団は一段と

大きいですね。今更ながら2分露出が悔やまれます。

多分、来年の春休みの宿題で再登場は間違いなし!!!!





ここを押していただけると少し幸せ

« からす座ってどこ? アンテナ銀河NGC4038.4039 | トップページ | 朝散歩 桜 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

さすがに全天1番は格が違いますね。
恥ずかしながらまだ実物を見たことがありません。
こんなのが空高く昇ってきたら、さぞ見ものでしょうね。
九州・・・いや、沖縄辺りまで遠征したい!

試し撮り設定のまま続けてしまう。
天体あるあるですね。
総露出10分でこんだけ写るんですもんね。
30分くらいかけたら凄いことになりそうです。
来年の春休みと言わずこの春の追試で。

何のなんの!?エェ感じのオメガ星団で、ガスよぉ!!
30秒露光が効いてる分、中心がエェ塩梅に出て、麗しいで、ガス。
そして、同じ反省点を聞いて安心している山口のじぃで、ガス。テヘッ!
私も過日、時間調整の合間に片手間で撮ってしまって、後悔しています。
やっぱたっぷり露光でないと周りの星々が出てきてくれないですよねぇ!?
今度は真剣に撮ってみよぉ!30秒露光をプラスで。ハッハハハッハッハハ!!

こんにちは。
このつぶつぶ感が何とも言えませんねえ。
じぃ様の仰るように30秒露光が効いているように思います。
双眼鏡で初めて見たときは、その大きさにびっくりしましたよ。

こんにちは。

確かに反転画像を見ると、もっと粒が欲しくなりますね。
それでも、コンポジットしたものは、しっかりボリューム感
出ていますよ。
これなら、次回に期待が持てますね。やはり感度は1600が
いいですね。私なんかISO4000で荒れまくりですから。

やはりでかいですねぇ!
この球状星団は有名なのになぜか撮ろうとしない雲上でした。
北国に済んでいるのにわざわざハンディのある南天ものを狙わなくても・・
という気持ちがあるのかも知れません。(笑)
それにしてもテナーさん、触角銀河や南天低いものとあえて苦難に立ち向かって・・(笑)

悠々遊さん
恥ずかしながら私も肉眼では見た事ありません(笑い
いつもカメラモニタ越しで良いのだろうか!
今度はカメラを外すか双眼鏡で見てみましょう。

びっけパパさん
試し撮りのまま撮影をさせてしまうω星団は
それなりの魅力と撮影者を惑わす力があるんでしょうか?
勿論来年の追試は受けなければならないでしょうね!


山口のじぃ様
山に囲まれながらも南天低空を撮影できる場所が
あるだけラッキーだと思っています。
大きくてぼやけた状態でも30秒露光が効果あったのか
半信半疑ですが皆様のコメントを素直にキャッチします。
今思えば時計かレモンの画像を出しておけば、今気が付きましたよ。
エイプリルフール!?!

やまねももんがさん
天候、曜日を気にしないで遠征できる事に感謝しながら
撮影しています。
以前は撮影対象の優先順位としてω星団は圏外でした。
以前は諦めていた対象をひとつひとつ撮りこなしていきたいですね。

ヤマボウシさん
そうなんですよ、広がりはあっても粒つぶの密度が
今ひとつなんですよ。
撮影地は車の通過も多く地上に対しほぼ水平な鏡筒、
ISO,露出の設定が迷いどころ、また車のこない事をひたすら
願いながらの撮影です。

雲上さん
越後の地では冬の時期難しいでしょうね。
雲上さんの気持ちを指先に込めてシャッター押してますよ(笑い
南天低空の恵まれた場所なのでカノープスもシーズン中は
幾度となく観望でき御利益満点長寿完全保証無病息災と至れり尽くせり(笑い
苦難の道もなんのその!です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/64747306

この記事へのトラックバック一覧です: 春休みの宿題 復習編① ω星団:

« からす座ってどこ? アンテナ銀河NGC4038.4039 | トップページ | 朝散歩 桜 »