フォト
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

からす座ってどこ? アンテナ銀河NGC4038.4039

散歩コースの桜も咲き始めましたが、朝晩の寒さが気になりますね。

これから迎える新月期は晴れてほしいものです。


今回は月が落ちてからわずかな時間の夜遊びとなり南の開けて所へ

行ってきました。

撮影対象は触角銀河で有名なNGC4038、NGC4039 別名アンテナ銀河


NGC4038-39 アンテナ銀河 からす座
Ngc40389_zbl160316
 2016.3.16  01h11m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3使用
Canon Eosx7i(改) ISO1600  300秒X8枚
撮影地 堂平P


2個の銀河の衝突により2本のテイルが銀河から伸び触角のように見えるので

触角銀河と言われてますが画像から見えるのかわかりません。

天の川銀河もそのうちアンドロメダ星雲と40億年以内に衝突すると考えられています。



11等級、視直径5x3′とかなり小さいのでトリミングするとなんとなく

テイルが2本心眼で・・・・・・・・

Ngc40389_trbl360316


ところで、からす座ってどこ?

ここです!
Photo






ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月24日 (木)

芝のお手入れ 1 庭師始動

ユキヤナギが咲き始めました。

P1050618x2jpg


これが咲き始めると庭師は芝の手入れを始めます。

昨年11月から手を入れずに冬を越した芝に雑草が目立ち始めました。

また縁石の縁やブロックの下は伸び放題なのでこれも何とかしなければ!


伸びすぎ放置したままの芝の刈り取り  縁石付近とブロック下
P1050600a1


P1050601a2


作業は庭木用の枝切りハサミでバリバリ、雑草をポイポイ抜き取る作業は

結構腰に負担がかかります。

小人さんにも遠慮してもらって刈り込むとまぁまぁすっきりしました。

P1050616x1

この先の天気も分からないので出来るうちにもうひと作業

エアーレーションも行いました。

地中に伸びいた芝の根っこを切り地中に空気が流れ込みやすくし

根っこの活性を促します。

P1050596x1

このような道具で!

P1050593zz1


ズボズボ10cm感覚で穴をあけていきます。

足先の感触は白菜をザクザク切るような手応え!足応え。

結構これが気持ち良くストレス発散!ズボ、ズボ!


そこらじゅう穴だらけで驚いたミミズが何匹か飛び出してきます。

P1050598p1

とりあえずこの日の手入れで庭師の腰もヘロヘロなのでここまで。

これから7か月庭師と雑草の戦いが始まります。





ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月21日 (月)

ダブルでお得ぅじゃなかった番外編M99&Ⅹ

銀河密集域を1撮2対象で撮ってきましたが (;´д`)トホホ…

事前に撮影図を作っているんですがカメラモニター見てOh大丈夫


後日PCで画像確認すると!M99と一緒に写っているのはM98とは

似ても似つかない系外銀河が???

ボツ画像にしようと思いましたが番外編と言うことで。



 M99 NGC4212 かみのけ座
M99_160304x_2
  2016.3.3 23h32m~
VIXEN R200SS F4 NexGuide使用
Canon Eosx7i (改) ISO3200  180秒X8枚


M99_160304com50


まぁこういう事もありますがM98は次の機会に気を取り直して撮りましょう。



M99_orion_shotcomx
 凡ミス撮影中のおりおんショット


前回の頭を抱える問題はこのM98事件ではなく

M74がどこを探してもないんですよ

noteカバンの中も、つくえの中も、フォルダの中も探したけれど見つからない。。。

思い起こせば2月8日、南中を控えた魔女の横顔に集中していて

撮ったつもりが・・・!?!

撮り直すにしても20時過ぎには西空地平線の彼方

明け方まで待つと6月中旬薄明が始まる2時半頃には可能ですが

梅雨入りと月齢との兼ね合いになってしまいます。

そこで結論 急がず騒がずゴールは先延ばしと言うことで

お騒がせいたしました。




ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月18日 (金)

ダブルでお得ぅ Ⅲ 2ギ〇ガ M59&M60

3月3日~4日は系外銀河中心に撮りましたが、そろそろ在庫も軽くなってきました。

ブログには耐えられない画像が2つ、3つありますがメシエリストには入れておきます。

今回の対象天体は楕円銀河2題、正直撮った感は薄く渦巻銀河ほどの派手さもありませ

ん。

M59 M60 おとめ座 楕円銀河
M59m60_1633blxpg
 2016 3.4 02h3m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3使用 NexGuide使用
Canon Eosx7i(改) ISO1600 180秒x8枚
撮影地 奥秩父は山の中

余り地味なので露出も3分と時短効率追求撮影になってしまい記事内容も

手抜きか!


M59m60_1633coxazjpg


系外銀河の密集地域と言われるだけあって11~14等級の小さな銀河が

目につきます。

『ダブルでお得ぅ』の撮影対象も今回はここまでですが

ただ新たな事実が発覚し頭を抱える状態に陥っています。

新たな事実とは・・・・・・・to be continued




ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月16日 (水)

ダブルでお月見 月齢7

久しぶりの青空

今夜は出撃するか悩みながら喫煙コーナーで一服

見上げると月が・・・まだ東の空に!見えますか?

Img_2356azpnt
 2016.3.15 15h28m
Canon Eosx7i(改) SIGMA 18-200mm 18mm 1/30 F22 ISO200


Img_2343regipnta
 2016 3.15.14h54m~
 Canon Eosx7i(改) SIGMA 18~200 200mm 1/400 F7.1 ISO200

風が強く前日の山間の雪が心配でしたが迷ったらGo!


道中残雪の心配もなく雪は路肩にあるだけで堂平Pに到着、

雪の少ない乾いた場所を探し設置するが風が強い。


駐車場で見上げる夜空には昼間見た月齢7の月が山肌の残雪を

照らしていました。

Img_2412registax
 2016 3.15 20h52m~風強し
VIXEN R200SS F4 コマコレ3使用
Canon Eosx7i(改) ISO400 1/400
registaxで6枚加工  





ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月15日 (火)

ダブルでお得ぅ Ⅱ 2ギ〇ガ M88&M91

この新月期は天候に恵まれず、ここへ来て山沿いでは雪模様。

なかなか夜遊びに出かけられません。

前々回はメシエNoの不確実な対象M40を掲載しましたが、今回は

このもうひとつの不確実なM91です。

メシエさんの記述した場所には天体は無く後年NGC4548をM91と同定されました。


M88 M91 どちらもかみのけ座の渦巻銀河
M8891zxx
  2016 3.4 00h10m46s~
 VIXEN R200SS F4  コマコレ3使用 NexGuide使用
  Canon Eosx7i(改) ISO3200  180秒x8枚
 撮影地 奥秩父

M8891bl12

 左下の小さい銀河がNGC4585でM91とされています。

 M88と近いのに何故見間違ったのでしょうね!

 M88は9.4等級 視直径6.8′結構小さいですがM91は10.1等級

 視直径5.2′近くにより小さい系外銀河がたくさん目につきます。





ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月11日 (金)

ダブルでお得ぅ 2ギ〇ガ M81&M82

今季まだ撮っていなかったことに気が付きメシエハンティング途中では

ありますが鏡筒を向けてみました。

おとめ座の小ぶりな対象を撮り続けていたのでカメラモニターを見て

デカァ~!!と改めて感心。

それも1画像2天体の・・・・・


 『ダブルでお得ぅ 2ぎ〇が M81 & M82』


M81 M82 渦巻銀河 おおぐま座
M81m821633excmitumine
 2016.3.3 22h25m~
 VIXEN R200SS F4 コマコレ3 NexGuide使用
 Canon EosX7i(改) ISO1600 300秒X6枚

M81の見事な渦巻きを強調するとM82の内部の複雑構造が飽和して

しまうのでこの辺が限界処理です。

M82では新しい星が形成されるので有名ですがM81との距離は15万光年と

近くM81の重力影響を受け変形しているようです。


M81m821633in







ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月 9日 (水)

メシエ110個の道のり M40 M102

春のこの時期は系外銀河密集地帯のおとめ座を中心にしし座、おおぐま座と

系外銀河の見頃となっています。

星図や星図ソフトを見ると系外銀河がごちゃごちゃ密集していますね。


メシエNoの付いた天体も多く、その中でメシエNoが付いているが不確実な

天体が3個(M40 M91 M102)あると言われています。あるいはM73を入れて

4個とも・・・・250年も前の観測事情を考えると不確実があって当たり前でしょう。


今回はこの不確実なメシエNoの付いた2対象を処理してみました。


M40  二重星団 おおぐま座
M40_bt
 2016.3.3 20h51m09s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3 NexGuide使用
Canon Eosx7i(改) ISO1600 180秒x8枚

この二重星は10等級の同じような明るさの星が並んでいますがメシエさんは

この近辺で何を見たのか、またこの二つの星が何に見えたのでしょうか。

因みにステラナビゲーターVer.9で検索すると指定の天体が見つかりませんと

案内されます。


M40_b



もう一つの不確実なM102

M102(NGC5866) レンズ状銀河  りゅう座
M102_btr1633
 2016.3.4 01h33m31s~
 VIXEN R200SS F4 NexGuide使用
 Canon Eosx7i(改) ISO3200 180秒x8枚

等級9.9 視直径6.5と小さく本来なら銀河中央に暗黒帯が一文字に走るらしいですが

手持ち機材では無理というもの!

もちろんステラナビVer9で検索しても出てきません。

色々な説がありますが概ね各資料ではNGC5866をM102としているようです。



不確実な天体はこの辺か!
Img_7797m102zpjpg
 M102 おりおんショット

白鳥座は木陰に隠れていて月が出る頃姿が見えて来るのですが

残念!今回は撮影を諦めました。




ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月 5日 (土)

さようならオリオン・さようなら・・・・

桃の節句の夜出かけてみました。

家を出るときは19度、車の中でnote春がいっぱい・The Shadowsを聞きながら

ドライブ気分。

しかし、目的地に着くと7度まぁまぁなので深夜になっても氷点下にはならない

だろうとひと安心です。

星空も時間がたつにつれて冬の星座が西の山に隠れていきます。


 
Sayonara_orionxyjpg
  2016.3.3  23h44m
Canon Eosx2seo-sp3  SIGMA17-70 ISO1600 17mm F3.2 60秒Ⅹ1枚
プロソフトン使用


オリオン大星雲もシリウスも冬の大三角もみんな舞台から降りて次の幕へ

繋いでいくのでしょう。


西のオリオン座を撮る前にこの場所に初めて来たとき目についた一本の木を

入れこの地で初めてのぐるぐる撮ってみました。


Caa
  2016.3.3 22h43m~
 Canon EosX2Seo-Sp3  SIGMA 17-70 ISO1600 17mm F3.2 1分x55枚
 プロソフトン使用

右上には柄杓の一部が強く輝いています。

しかし地上付近は北関東の町明かりが強く反射しているので深夜を過ぎてからの

撮影がベストなんでしょう。

この夜の月の出は02時06分、月の出までの短い時間でしたがメシエ収集に

徹した夜遊びになりました。






ここを押していただけると少し幸せ

2016年3月 2日 (水)

おとめ座 M58とその他大勢

note月夜の海に二人の乗ったゴンドラが・・・・・・・・

このブログを書くまで〇口〇恵さんの乙女座 宮 だと思って口ずさんでいました。

ゴンドラの後の歌詞が分からず調べてみると、まぁ!何と違う曲じゃありませんか。


とりあえず おとめ座 M58
M581629trz4b
2016.2.9 01h31m34s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3使用
VIXEN SXP  NexGuide使用 ガイド鏡Orion D80 F5
Canon Eosx7i改 LPR-Nフィルター使用 ISO1600 5分x8枚
SI7 DPP 少々トリミング 使用  撮影地 奥秩父

主役のM58を右端に置いたのは「シャム双生児」と言われているらしい

NGC4567とNGC4568の衝突銀河に敬意を払っての位置取りです。

M581629trb





おとめ座と言えば銀河の集まりで有名ですが特にマルカリアンチェーン

は良く撮影対象になっていますね。

1月に撮ったマルカリアンチェーンは顔の部分の位置が悪く凍結させていましたが

この機会に無理やり解凍してM84とその他大勢を処理してみました。

M86xb
2014 1.14 03h03m13s~
タカハシ FS60CB フラットナー使用 F6
Canon Eosx7i改 ISO1600 5分6枚 

どうしても人面魚が見上げているイメージになってしまいます。

その他大勢というのはこんな感じで何が何だかごちゃごちゃ

M86zb

14等級までのわかる範囲で番手記入してみましたがこの他にも暗く小さい

銀河の詰め合わせになっています。






ここを押していただけると少し幸せ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »