フォト
無料ブログはココログ

« どこかで  IC1848 | トップページ | オリオン座へ寄り道 »

2015年10月25日 (日)

火木金南極老人星

いつもの処へ出かけてみました。

月が出ているうちはほどほど晴れときどき曇り

夜半から強風と曇天、見事にGPSに見捨てられ月が落ちても星空は

広がらず03時に撤収する。

帰路の途中、木々の合間から金星と思われる輝きに誘われて堂平Pに

寄り道をしてみると、なんと星空が広がっていた。



木々の向こうに金星 木星 火星のトリプル・マッチ

Img_0800
2015.10.25  03h57m20s
Canon EosX 7i(改)
Sigma 17~70 ISO1600 F2.8 30秒  プロソフトンフィルター使用

木星の動きは早く-1.7と高度が低くても明るい、その上を行く-4等台の金星は

見事な明るさ。

《このトリプルマッチに最適な観望日だと帰宅後わかりました》



南の山並みに眼を向けると・・・・・・・・まさかの南極老人星か?

シリウスの右下に間違いないカノープスを見る

残念な事に画像が斜めっちゃています

シリウス(南極老人星)
Img_0817151025tr
2015.10.25 04h29m02s
Canon EosX7i(改) 
Sigma17-70 ISO800 F2.8 60秒 プロソフトンフィルター使用

強風が幸いしたのか低空までよく見えました。

ステラナビゲーターより拝借
151025






←ここを押していただけると少し幸せ

« どこかで  IC1848 | トップページ | オリオン座へ寄り道 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

ご長寿ゲット、おめでとぉございますぅ!!
準備万端の本番より収穫があったんやないですかぁ?ハッハハッハハ!
この時の三つ巴は見事でしたよねぇ!私は眺めるだけでしたが。テヘッ!
テナー翁はカノープスも入れて四つ巴ですねぇ。
って、四で巴はおかしいですが。ハッハハッはハッハハッは!
いずれにしても坊主回避どころか、思わぬ収穫。やっぱ、日頃の行いで、ガス?

もう満月まじかなのであきらめるしかないのですが、
新月期以降も天候に恵まれなかったようですね。
遠征でオケラだと疲れがどっと出るかとおもいますが、
カノープスが撮れたのは大収穫では。
それにしても地平ギリギリ。

こんにちは。
高く昇った3惑星もいいけど、森の上に現れた3惑星も
格別ですね。低い高度なら、多くの人の目に留まった
のではないでしょうか。しかも、老人星まで見れるとは!
4つのパワーを浴びて、一気に若返ったのでは?

こんにちは
あぁ~、カノープスが羨ましいです。
しかも、寄り道した先で見えたとは。
こういう軽い気構えが良さそうですね。
ガツガツ追っかけて見られなかった暁には、
神経減らして早死にします(笑。

山口のじぃ様
世の中そんなもんでしょ! 本番で坊主もたまにはオツなものと負け惜しみ
を顔に出さない大人です(笑い
帰路に降って湧いた至福の時間にも心乱さず平常心で撮影!
薄明の帰路車中では「見上げてごらん夜の・・・」を歌い続ける
余裕のよっちゃん!
あぁ夜遊び行ってよかったと素直に喜ぶ爺いがいます(笑い

雲上さん
寒風の中機材を電源入れたまま6時間放置待機は初めての
経験。電源落としておけば良かった(笑い
貴重な週末の時間を浪費したとは思いませんが
帰路の寄り道でブログネタ一丁上がりとほくそ笑んだのは確かです。(笑い
そろそろ週末限定の夜遊びから解放されれば・・・・

ヤマボウシさん
あいにく3惑星は木々の少し上、もう少し待とうかと思いましたが
何しろ曇天恐怖症を患ったばかりで「撮るのは・・今でしょ」のお告げのまま
必死でした(笑い
昨年からこの地でカノープス観望は7割台だと思います。
これだけ見ると御利益は薄まって寿命は三桁まで行ければ良いと
余り欲もありません(笑い

温泉日和さん
早死になんて仰らないで下さいよ!(笑い
お互いに三桁になってから夜空に輝く星になれるよう目指しましょうよ。
南側が開けていれば誰でもチャンスが、ロケハン充実の温泉日和
さんですからとっておきの場所彼方此方にお持ちでしょ。

「金・木・火」まるでゴミの収集日のようですが、ほんと豪華ですよねー。
この撮影された時刻から1時間もすると水星も昇ってきますね。
足下の地球を入れて「水・金・地・火・木・・・」 ですね。
いまの学校ではあまり教えてないようですが・・・。
カノープス、見えるとうれしいですよね♪

カノープスかあ・・・三脚持って行かなかったので、文パル屋上で手持ちで撮った事がありますが、ブレブレ失敗。
まだまともに撮ってないんですよねえ。

おりおんさん
子供の頃、水、金、地、火、木・・・をお経の如く口ずさんでいた
のを思い出します。
カノープスは無意識のうちに南の空を意識してもしかして見えるかも!
なんてチラチラ探す時期になりひとり宝物見っけ、と顔の筋肉が
緩みますね。

悠々遊さん
全天で二番目の明るさのカノープスも本来は白色だそうですが
南天低空だとオレンジ色ですね。
眼視北限は福島県辺りだそうですが南方へ行って夜空に
シリウスとカノープスが対峙する姿を見てみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/62213109

この記事へのトラックバック一覧です: 火木金南極老人星:

« どこかで  IC1848 | トップページ | オリオン座へ寄り道 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31