フォト
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

あれー、今年はまだ撮っていなかったM27

シルバーウィークの最中20日の夜遊び

先日、画像の整理をして今年はまだM27を撮っていなかった事に気が付く。

前回鏡筒を向けたのは2013年5月ですから昨年も撮っていなかったんですね。

メジャーな対象は撮ったと思い込んでいる事が多く、撮影履歴のチェックは手を抜いては

いけませんね。


今回はISO3200 300秒の初挑戦、結果はヒストグラムが中央より大幅に右寄り

の露出オーバー。

亜鈴星雲 M27 (こぎつね座の惑星状星雲)
Cocozm27_15920_2
2015.9.20 21h43m55s~
VIXEN R200SS F5 コマコレ3
VIXEN SXP  NexGuide ガイド鏡Orion D80 F5
Canon EosX7i(改) ISO3200 300秒 6枚
SI7 DPP  日光にて

露出オーバー気味なので中央にある微光星はつぶれておりますが反面

左右のブルーの領域を広く出したいと奮闘努力、本来の亜鈴状の形からは

ほど遠くなってしまいました。


久しぶりの天の川との出会いにポラリエで

えぇ!まさか! 宇宙人の触覚か宇宙船のライトか

駐車場の消灯中のナトリュウムライトでした。
Coz6669m45dpp15920jpg
2015.9.20 23h11m22s
Canon EosX2Seo-Sp3 ISO1600 120秒 F3.2
SIGMA 17~70㎜ (F2.8) PROソフトンフィルター Jpeg1枚

M45とカルフォルニア星雲も、もしかしてIC1805、1848見えてるかも!
まさかM33・・・・アンドロメダ星雲は残念賞です


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年9月23日 (水)

月と金と銀!

シルバーウィークも不安定な夜空に落ち込みながらもGPVを無視して

お出かけ。

9月20日 行先が決まらないまま自問自答しながら日光方面へ

戦場ヶ原で曇天なら手前の霧降高原かな!

18時前に着き見上げれば月も輝いているが空半分に雲が広がる。

P1050400kisugedaira2jpg
18時頃の様子  この駐車場は夜も車の出入りが多く、トイレも使えないので

下のP3駐車場に移動。

P1050397kisugedaira1_jpg

上の画像の駐車場の反対側にある階段から撮影

この階段は1,445段 よく備され高低差240mを登りきると小丸山展望台へ

当然、奥穂、槍を歩いたテナーは・・・・暗くなってきたので登らない。

月齢7.2の月
Img_0475noon_tr15921
2015.9.20 19h41m47s~
VIXEN R200SS F4  直焦点
Canon EosX7i(改) ISO1600 Tv 1/800 10枚をRegStax6で処理・トリミング
欠け際を強調

雲も徐々に姿を消し月齢7.2の月がやけに眩しく車と機材を照らす。

結構広い駐車場に数台の車が止まっていたが、まさか朝までお一人様御一行に

なるとは誰が予想しただろうか!!

              ・
              ・ あれも、これも撮影し・・・・・・流れ星を三つほど見て
              ・
        
時は経過し午前3時近くになると東の空から昇ったとてつもなく明るい星

外気温7度の空気を切り裂いて目に飛び込む姿はまさしくVenus、明けの明星

(ショッキング・ブルーや週刊〇〇の突込みはご遠慮願って・・・笑い・・・え、え

 ショッキング・ブルーも週刊〇〇もご存じない・・・・涙・・・)


Img_0581venustr_15922jpg
2015.9.21 03h09m08s
VIXEN R200SS F4  直焦点
Canon EosX7i (改) ISO1600 Tv1/500  Jpeg 撮って出しトリミング

実は恥ずかしながら金星の欠けた姿を撮影したのは初めて、勿論カメラ液晶越し

ですが目視も初めての経験。


夜露攻撃で機材はビショビショ、ガイドも不調で04時前には撤収いたしました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年9月18日 (金)

アンドロメダ銀河 M31

金曜日の夜は静かだった。

天の川が確認できる状態ですが時々薄雲が来襲。

ゆっくり鏡筒を向けた先はM31、この鏡筒では画角内に収まらないので

M31no魅力は半減してしまうと思います。

実は2枚モザイクに挑戦と思いましたが空の状態がいつまで続くかわからないので

この企画はボツです。


M31 アンドロメダ座
Coco111_m3115915_2
2015.9.12 00H19m05s~
VIXEN R200SS 800mm F4
VIXEN SXP NexGuide  ガイド鏡Orion D80 F5
Canon Eosx2Seo-Sp3  ISO1600  300秒x6枚 (8枚中2枚薄雲でボツ)
SI7 DPP フラットエイド  県民の森

ちなみに2年前のM31
Coco3113810si_dpp2
2013.8.10 22h41m50s~
タカハシFS60CB 355mm F6 フラットナ0使用
Canon Eosx2Seo-SP3 180秒x4枚 ISO1600
戦場ヶ原

やはりM31はこの位の大きさの方が、綺麗で迫力も感じます。
それにしても2年前の画像処理はお恥ずかしい次第です。



この夜は平日なのに4名様、静かに夜でした。

Img_0421z15912




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

 

2015年9月13日 (日)

9月になったけど NGC7023 アイリス星雲

9月の新月期に入りましたがあまり期待できない不安定な夜空が

続いています。

チャンスが少しでもあればと金曜日の夜出かけてみましたが、GPVでは星空を

予感させるにはあまりにも程遠い状態でした。

しかし、現地に着いてみると透明度は良くないが天の川が横たわり久しぶりの

星空を見上げることが出来イザ準備。


いまだ未撮影の対象NGC7023アイリス星雲、ケフェウス座の明るい散光星雲に

鏡筒を向けてみる。

New1ngc702315912jpg_5
2015.9.12 01h21m~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
VIXEN  SXP  NexGuide使用 ガイド鏡Orion D80 F5
Canon EosX2SEO-SP3 LPR-Nフィルター
ISO1600 300秒x6枚
SI7,DPP,フラットエイド使用  県民の森にて

カメラの液晶画面で確認すると青白い星雲が浮き上がりシメシメと思いましたが

処理してみると黒い分子雲は現れずここまでが限界。

他の方の意見にも透明度と露出と技とありましたが、どれもこれまたほど遠い。

ばらを綺麗に開花させたブログもありますが、今少しアヤメを咲かせておきたいと

思い本来ゴミ箱でしょうが何しろ久しぶりの撮影なもんでここはひとつ堪えて下さい。



Img_0423zorion

空はこのような状態ですが、時々全面雲が覆う時間もあり

その繰り返しの中で撮影、そんな中トラブルが!このトラブルで

3時過ぎには撤収となります。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年9月 9日 (水)

9月になったけど

2週間で雨が降らなかった日は1日だけ、それも曇り空

それでもじっと我慢で新月期を待つ

待つ間昨年9月の画像をもう一度引っ張り出して処理をしてみました。


NGC7293 らせん状星雲 (みずがめ座)
Ngc7293ss_14928fl
2014.9.28 00h12m38s~
VIXEN R200SS F4
VIXEN SXP  NexGuideオートガイド
Canon Eosx2 Seo-SP3  LPR-Nフィルター使用
ISO1600 240秒x6枚   SI7、DPP, フラットエイド使用


やはり外側に広がる淡い領域は炙り出せませんでした。

昨年のこの頃は恒星の形状がおにぎり型だったリベットの様だったり

トラブルの原因がつかめず頭を抱えていた時期で、皆さまから色々

アドバイスをいただいたことを思い出します。

昨年末にはこの問題も無事解決し、今月は勿論再度NGC7293に鏡筒を

向けてみます。

昨年の撮影地はいつもの県民の森でしたが今回は新たな撮影地を計画

しています。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31