フォト
無料ブログはココログ

« 北アメリカ&ペリカン星雲 | トップページ | IC1396 アレが入っていない! »

2015年5月31日 (日)

番外 MEAD LX使いの観望派F氏

5月22日の夜

雲間から夏の大三角形が何とか見え急いでシャッターを押すが

この夜は何をやっても空回りの夜遊びに終始。

Photo
2015.5.23 02h03~
ポラリエ  Canon Eos40Dノーマル 60秒 6枚
SIGMA 17mm F3.2 ISO1600 プロソフトンA

三角形もぎりぎり、薄雲が顔を出しテンションの下がる画像です。



先日、よくご一緒するMEAD LX使い観望派F氏から22日の感想と画像が

メールで届きました。

F氏は眼視観望歴45年のベテランさんですが観望を記憶に留め、さらに

記録にも留めようと春から撮影も始めました。

いつもその日の観望ターゲットリストをA4用紙にぎっしり数枚用意してきます。


この日も準備は怠りなく天候の不安定な中、観望、撮影を繰り返しておりました。


  メールの内容から思わず・・・・ってしまいましたが!!

  撮影した対象が130コマ ウソでしょう!!

  撮影状況はJPEG 30秒 1枚撮りとはいえ導入から撮影に1枚当たり3分

  かかったとして6時間以上、2分で4時間以上。

  合間にご近所とのおしゃべり、天候待ちも入れて月没22時30分頃から薄明開始の

  03時頃まで。


そのF氏の画像をご紹介させていただきます。

4月26日の画像から

Crop_a
M8  OLIMPUS E-PL6 30秒 F3.5 ISO3200 コリメート撮影

Crop_aa
M17  撮影データ M8同様

勿論掲載はF氏に了承を得ておりF氏も手軽に天体写真を楽しもうと考えている

方々の参考になればとコメントを戴いております。


以下5月22日の画像です

ご本人一番のお気に入り天体を2選
Cid_3c782957609946cdbf5d32c0866a60f

Image4

この日の撮影内容はレデューサーF6.3を装着し直焦点撮影です

Image3m20


ミラーレス1眼で無料のソフトを使い処理をされているとのことですが

十分楽しめるもんですね。

Ngc2903



Image2

F氏は画像内容にこだわらず今年中には1,000~3,000対象を撮影目標とされています。

次にお会いする時、どんな観望リストが出てくるのか興味津々です。


ここまでお付き合いいただきありがとうございました。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 北アメリカ&ペリカン星雲 | トップページ | IC1396 アレが入っていない! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

1天体1コマとしてもひと晩で130対象?
お・・・恐るべし!
MEAD LXって、基本は自動導入経緯台では無かったですか?
赤道儀タイプもあるんですね。

悠々遊さん
テナーもMEADは詳しくないのですが自動導入・自動追尾システム
になっているようです。
直焦点3048mmは恐ろしいですがレデューサーを使い1900mm
位になるんでしょうね。
多分持参のリストには200対象ほど書き込まれているようです。

F氏すごいですねぇ!!
眼視観望の気分が味わえる、画像の数々!!
まさに宇宙を眺め撮ってますねぇ。
観望しながら撮影!う~ん!ある意味王道かもしれん。
撮影中、録画番組見てる場合や無いなぁ。ハハッハハ!!

テナーさん、私の画像紹介有難うございました。
MEADLXは経緯台式ですので露光は長くて一分、それ以上ですと周辺像が流れます。ISO3200、露光時間30秒、コンポジットなしの条件でどこまで写るかやや不安だったのですが、画像内容は別にして初心者でもこのレベルまでは撮影が可能であることが分かり安心しました。この機材、自動導入機能がありますので私の撮影条件であれば一晩で数百の撮影が可能かと思います。
天文歴45年、それまで全くの眼視オンリーだった私が撮影に手を染めることになりました。あまり深入りせず記録を残すだけの撮影に止めたいのですが・・・(笑)。
試行錯誤で3月から始めた撮影ですがまだまだ初心者ですので今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

「黒目銀河」に「ソンブレロ」・・等々、眼視と比べて LX-90の口径が数倍大きくなった感じ(100cm級?)ですね。
Fさん、1年前の初対面の時は たしか「眼視専門45年、この先も」、と仰ってましたケド(^^;) 
・・・はじめは、眼視のメモ程度に記録できれば・・と 始めたそうですが・・・「観望対象リスト」800天体は、観るより先に撮影でクリアしそうですね!
夜遊び熱心のテナーさんからの刺激「大」でしょうか(^^)。

自動経緯儀追尾なので 長時間は露光できません。が、・・・あの晩の空、県民の森の「中の下」でしたよ、ノーフィルターで?・・・所期目標をクリアされて、まずは祝着です(^o^)。今後もよろしく おねがいします。 (最近、「大相撲オヤジ」のD&Bでした。)

眼視歴45年とは@@ それにしても、焦点距離も半端じゃないですね。ミードの大口径、見てみたいです。でも、これで写真を撮り始めたら、このままでは済まなくなりそうで、余計な心配をしてしまいます。

山口のじぃ様
そうなんですよね!一度カメラをセットすると外して眼視観望する勇気が
なかなか出ないですね。
本来なら自分の目で見て、カメラで記録に残すのが二度美味しい
夜遊びなんでしょう。
時々F氏やドブ&Bio氏の機材で広角のアイピースを使った世界見せていただきますが
唸ってしまいます。

MEADサンマルFさん
画像はこちらで勝手に選択させてもらいました。
画像処理の泥沼に入り込まない程度に撮影を楽しんで
下さい。
またMEADでの眼視観望楽しみにしています。

ドブ&Bioさん
Ninja400の改造は進んでますか?
D&Bさんも記憶と記録の二刀を腰に差したらこれまた
凄いことになりますね。
夏の天体をまたドブで見させてください。
メガネを取り替えて参戦致します。


ヤマボウシさん
限られた時間で眼視と撮影は難しいもんですが、撮影は
帰宅後の良いお土産になり画像処理も後々の楽しみになりますね。
この楽しみが曲者だったと気がついた時はドップリ泥沼に身を沈める
事になりますね。

5時間弱で130!!
数もスゴイですけど、画像もいいですねー。
眼視の気分を味わえる素晴らしい画像。
眼視の楽しさも伝わってきますね。
私も元々眼視派だったんですけど、改めて目で見る楽しさを教えて頂いたような気がします。

一晩で100も200もって凄すぎです。
私なんぞはすぐに眠りに入ってしまうので片手で足りるほどですね。
しかし30秒コリメートでこんなに撮れちゃうんですね。
今回ので沼に片足突っ込んだのではないでしょうか(笑)

おりおんさん
奥が深いですね、天体の世界は。
天体に興味を持ち始めた少年の頃!こう見えても少年
時代があったんですよ(笑い
2つの目玉で見上げた星空に見せられそこがスタート。
思い出しますね。
時にはゆっくり眼視のが時間を持ちたいです。

びっけパパさん
F氏は眼視でも一晩50〜100をこなす凄い方。
いつも行き当たりバッタリの撮影で臨むテナーも
計画立てて夜遊びしないと、と反省です。
多分F氏は片足どころか・・・かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/60204561

この記事へのトラックバック一覧です: 番外 MEAD LX使いの観望派F氏:

« 北アメリカ&ペリカン星雲 | トップページ | IC1396 アレが入っていない! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31