フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

NGC6992 網状星雲 

新月期の4月17日~18日の夜遊びから

短い時間の夜遊びの中で最後に鏡筒を向けたのはこれ。

♬ 夜明けは~近い 夜明けは~近い・・・・・♬

薄明開始が03時35分 無理を承知でシャッター押したのが04時1分


今年初めての網状星雲NGC6992 はくちょう座 散光星雲
Ngc6992trjd1
2015年4月18日 04h01m54s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
Canon Eosx2Seo=Sp3 LPR-Nフィルター
RAW ISO1600  240秒x3枚 4枚目は未使用
SI6.5 DPP フラットエイド使用
撮影地 撮影者2名の静かな県民の森


撮影前のピントも手を抜いたため甘い星像、ゴミが気になり少しトリミング

しました。

4枚目の画像をJpeg1枚撮って出し 未処理
Img_63811
2015年 4月18日04h13m55s

これでは使えないのでボツにしましたがほんわか写ってますね。

薄明から45分、何もこの時間まで撮らなくてもいいのですが好きなんですよ。

♪ 夜明けは~近い  夜明けは~近い・・・・・・♪





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月26日 (日)

NGC7000 北アメリカ星雲

半月期ですが出かけてみました。

月没は夜半過ぎですから3時間ほどは夜遊びが出来そう、しかし

天候は? 

普段現地で単独でお会いする方々がこの夜は一堂にお会いでき

楽しい時間を過ごすことが出来ましたが!

ところで天候は?

当然全員の気持ちが通じ一時半頃から急速に雲は遠のき星空が

拡がった。と同時に皆さん動きだし先ほどまでの曇り空の下での声のトーンとは

違う賑やかさ。


この夜は夏を代表する星雲を撮ることに決めていたので

定番北アメリカ星雲を!


NGC7000  はくちょう座
Aj2
2015年4月26日 02h28m56s~
タカハシFS60CB F6 フラットナー
Canon Eosx2Seo-Sp3 LPR-Nフィルター
RAW 300秒x4枚 ISO1600
SI6.5 DPP フラットエイド使用
撮影地 県民の森

今年初めてのNGC7000、気持ちも高揚し画像は赤だらけのゴテゴテに

なってしまった。



ドブ&Binoさん、MEADEのFさん 自衛官Mさん、県民の森の主・天狼さんとお友達、

一年ぶりの再会XさんはTSA120&SXPにフルチェンジして撮影に熱が入ってましたね。

皆さんお世話になりました。

 




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月24日 (金)

M4・・・・と言えば

4月17日~18日の夜遊び

24時を過ぎると寒さが増し真冬のユニホームを用意していて正解でした。

風で寒さも倍増、反面夜露の心配もなくカイロはポケットへ。

今回は一か月前にも登場したM4(球状星団)です

有名どころの球状星団M5、M13と同等の大きさで見応えがあります。

最近ではアンタレス付近カラフルエリアが注目で単体でM4を撮ることも

少ないのでは。

M4 さそり座  5.4等級 視直径35′
M4_15418t1j
2015年4月 03h27m33s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
Canon Eosx2 Seo=Sp3 LPR-Nフィルター
Raw ISO1600 300秒x4枚
SI6.5 DPP フラットエイド使用

3月に撮ったM4よりは少しはマシな画像になったのではと思っています。

ただ、多段階露光を考えて撮影しようと思っていたのですが薄明が始まり

諦める。

ちょっと大きめに
M4_15418t2j

次はカラフルエリアの中にM4を見てみたいです。


M4と言えば・・・・・・・前回はシャーマン戦車
今回はM4カービンライフル  コルト・ファイヤーアームズ社製M16を
短縮軽量化した軍用ライフル。
そう、TVドラマコンバットでヘンリー少尉が持つ小銃はM4の初代
となるM1カービンである。

まあ!そんなことより週末の天気が気になりますね。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少しだけ幸せ

2015年4月22日 (水)

天の川とさそり座 

4月17日~18日の夜遊び

春先は銀河で賑わいちょっと食傷気味なので初めてのポタ赤による

星景写真に挑戦です。

星景写真の定番天の川にカメラを向けてみました。


B
2015年4月18日 03h06m52s~
Canon Eos40Dノーマル Samyang 14mm F2.8  ISO1600
ポタ赤=ポラリエ 60秒X6枚
撮影地 県民の森

まだ色付きの浅い早生物の天の川!(笑い

色づく街はシンシア・・・色づく天の川はもう少し先か

ポラリエは結構使いやすく北極星も導入しやすいが、こちらの目の方に

問題があるためちょっと時間がかかり不安材料のひとつです。

Samyang 14mmはご承知の通りコスパ高く扱いやすいですね。

このパターンで星景、星野写真撮っていきます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月19日 (日)

M90 賞見期限が来る前に Vol,2

この日は平日、ベルさっさで帰宅しGPVを信じて小雨の中を

迷わず出かけ、日付が変わったころから撮り始める。

撮り残しているメシエの中からM90を選択、おとめ座銀河団の一員、

天体写真派には旬を過ぎているのでしょう。

そう!賞見期限が来る前に撮っておかないと・・・・・・・・

急速な天候回復で素晴らしい星空になりましたが風が強く気温は3度。


M90 おとめ座
M90_j1
2015年4月18日 00h16m16s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
Canon Eosx2改 LPR-Nフィルター 
Raw ISO1600 300秒X5枚 
SI6.5 DPP フラットエイド使用
撮影地 県民の森

8枚撮影したが風の影響か使えない画像が3枚

9.4等級とやや暗いがしっかり写ってくれたのはシーイングの良さからなんでしょう。

銀河団だけあって小さい銀河が写っているようだが、見えますか?


少し拡大して

M90_j

短焦点で賞見期限が来る前にもう一度撮っておこう。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月14日 (火)

M94 賞見期限が来る前に

3月の画像を整理していたら未処理の銀河がひとつありましたので

賞見期限が来る前に画像処理をしてみました。

りょうけん座のM94 8.1等級 視直径14’×12’とけっこう大きい

りょうけん座にはM51子持ち銀河、M63ひまわり銀河など特徴のある銀河が

ありますが、このM94はフェイスオン銀河としては渦巻きの腕にメリハリは無く

何度か繰り返して処理をしましたが難しい対象です。


M94 りょうけん座 渦巻銀河
M94tr1_14314231532
2014年3月14日 23h37m51s~
VIXEN R200SS F4 コマコレ3
Canon Eos×2 Seo-Sp3 LPR-Nフィルター
Raw ISO1600 180秒×4枚
SI6.5  DPP  フラットエイド使用
*フラットエイドの使い方に難があり画像に出てますね。
撮影地  県民の森


渦巻きの腕が明確に出ないのは露出と枚数不足でしょう。

何度か処理し直しましたが、やるだけやって大人の「妥協」

どこかで聞いたフレーズですが、この辺が落としどころでしょう。


少しトリミングして
M94tr2_14314231532

機会があれば再度総露出を増やして撮り直してみたいです。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月 9日 (木)

NGC4631  棒渦巻銀河

りょうけん座の棒渦巻銀河です。

視等級9.8  視直径 15’.5x2’7 結構暗く形状も棒状で表面積は少ないが

写りは良いようだ。

この銀河の脇に伴銀河NGC4627があり、NGC4631に大きな影響を与え中心部では

スターバーストが盛んに起こっている。

離れた位置にあるNGC4656との間にはガスの存在があり衝突?した可能性も

考えられる。

NGC4631 りょうけん座 棒渦巻銀河
Ngc4631jj
2015年3月3月28日 03h19m35s~
VIXEN R200SS コマコレ3
Canon Eosx2Seo-Sp3 LPR-Nフィルター
Raw ISO1600 300秒x5枚
SI6.5  DPP フラットエイド使用
撮影地  県民の森

クジラとかさんま、または腐った魚のようなど言われますが腐っても鯛です!

銀河同士の接近、衝突などでお互い影響しあう壮大な銀河絵巻といったところ

でしょう。

少しトリミングして
Ngc4631j

地味な銀河だが調べてみるとドラマチックな銀河のひとつであり、

全天の銀河ひとつひとつに時間の物差しで測れないすごーい事が

起きているんですね。



さそり座が東の空から、土星も一緒に
Img_9275_1pp

次の新月期には撮りたいエリアです。






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月 5日 (日)

M83 南の回転花火銀河

今日 4月4日は皆既月食

あいにく関東地方は雲が広がりチャンスをものにできた方は

少ないでしょう。

テナーも準備万端用意しましたが迷ったら自宅待機

雲の途切れるその時を待ちましたが残念・・・・・・・・・

諦めて3月28日の画像を処理してみました。

前回は北の回転花火銀河M101、そして今回は南のようこ、よこはま、たそがれ!(笑い

ではなくて、南の回転花火銀河M83。


M83 渦巻銀河 INうみへび座 7.6等級 視直径11×10M83zz
2015年3月28日 00h49m37s~
R200SS F4 コマコレ3
Canon Eosx2Seo-sp3 LPR-Nフィルター
Raw 240秒×4枚 ISO1600 
SI6.5 DPP フラットエイド使用
撮影地 県民の森

還暦越えはしているのに嫌な予感がしたんですよ

越すに越されぬ子午線越え・・・・・車中で休んでいた為やらかしに気付かず。


少しトリミング
M83zzt

等級が7.6といえども南の低い位置にあり前回のM101の視直径の半分以下

星は流れてますが納得の範囲です。

綺麗な銀河ですね。

           *
           *
           *

時計は午後11時をまわり、アァ月食を見ることは出来なかった!



そこで 昨年の皆既月食を思い出して 《ブログ年賀状に使用》
Img_4593jpg
2014年 10月8日 19h59m  
撮影地  自宅ニワトリ


もうひとつ皆既月食ありましたね
20111210_0256zz
2011年12月10日 00h25m
撮影地  田圃畦道


あぁ それにしても本当に残念でした。

今回はツキが無かったようで2018年1月31日を楽しみに待ちましょう。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2015年4月 1日 (水)

M101 桜の後は回転花火

3月27日の夜遊び

月が落ちるのは24時ころか?

行かねばなるまい、行けば3時間は遊べると思うと迷わずGo!

現地に10時に到着、また今夜もお一人様かと思いきや平日なのに

月が落ちる頃お一人様到着。

挨拶だけでお話も出来ず失礼いたしました。


まだこの冬に撮っていない大型の銀河に鏡筒を向けてみる。


M101 おおぐま座 渦巻銀河

M101tr11
2015年3月28日 02h19m08s~
Vixen R200SS F4 コマコレ3
Canon Eos×2Seo-Sp3 LPR-Nフィルター
Raw 360秒×6枚 ISO1600 トリミング
SI6.5 DPP フラットエイド使用
撮影地  お二人様で貸切の県民の森


更に少しトリミング
M101tr222

大きい銀河はそれなりに難しいですね。

つい思い切って色彩豊かにすると違う銀河になってしまい

抑えに抑え我慢の処理でした。

沈む木星としし座
Img_9272_12






にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »