フォト
無料ブログはココログ

« M109 淡い銀河 | トップページ | M4 と言えば »

2015年3月18日 (水)

M106 大きくて明るい銀河だが・・・・

この日のメニューを見ると系外銀河の多い事!

この時期は銀河・星団に集中する以外ないですね。

東・南・西の3方向とも高度を下げるとやはり光害で期待できないので

天頂付近に焦点を合わせるとメニュー表にはM106が表記してある。

前回のM109のお隣さん、位置はおおぐま座の南側、りょうけん座に属する。


M106 渦巻銀河 8.3等級 視直径18-8
New2m106z2x
2015年 3月15日 00h09m21s~
Vixen R200SS F4 コマコレ3
Vixen SXP Nexguide ガイド鏡ORION  D80  F5
Canon Eosx2 Seo-Sp3 Raw 180秒x6枚 ISO1600
フィルター LPR-N
SI6.5 DPP フラットエイド
撮影地 氷点下になった堂平

大きく明るい銀河、南北に大きく広がる腕が2本あるが条件が良くないと

なかなか写らないそうです。

画像ではかろうじてというか心眼でググッと見えるかも!

小さなNGCナンバーも写り込んでいる。
New2m106z3x


少しトリミングして
New2m106zx


折角なのでおりおんショットも
Img_9226orion

3月15日 00H10m51s
Canon Eos40D Sigma17-70 19mm f2.8
18秒 ISO1600





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« M109 淡い銀河 | トップページ | M4 と言えば »

趣味」カテゴリの記事

コメント

わずか18分で素晴らしい写りですね。
暗くても大きさのある対象ならF4と明るいR200SSの得意分野です。
ほかにもいっぱいおもしろい銀河がありますよ。(ちっちゃいけど・・)
当方、やっと冬眠から覚めつつありますが、
雪穴から出たとたんにトラブルと格闘中です。

おはようございます。
この銀河はシャープな腕が特徴ですけど、写ってますね。短時間でこれだけなら、まだまだいけるんじゃないですか。近くにある銀河と一緒に撮ると、かっこいいですね。やっぱり冬の空はいいなぁ。もう春霞が出てきて残念ですが、冬は寒くて二の足を踏んでしまうんですよね。勝手なものです(苦笑)

淡い腕もしっかり写っていて、いい仕事してますねえ。
まわりにオマケ(銀河)が付いてくると、いっそう引き立ちますね(笑)。

雲上さん
高度を下げると霞に邪魔される時期になりましたね。
800mm,F4は中、小規模の銀河、星団向きなので
NGCナンバーの銀河にも食指が伸びます。
冬眠から覚めたらトラブルですか?
雲上さんのことですから直ぐに検証、解決の手立てが
見つかるでしょうね。

ヤマボウシさん
この銀河の腕をなんとかあぶり出したくて撮りましたが
もっと露光時間を伸ばさないと写りませんね。
天頂付近なので条件の良い時に撮りなおしたい対象です。
一緒に写っているNGC4217のエッジ部分に暗黒の帯が写っているのには
驚きです。

悠々遊さん
微小銀河が6、7個写っていることは後から気が付きました。
分かっていれば画角を縦位置か工夫したんですけどね。
次回撮る時はもう少し見栄えのする位置取りを
考えてみます。

これまた私好みの色彩!!蒼い銀河基地局(笑)
淡い腕も写ってて素晴らしいですねー。
大きな銀河のそばに小さな仲間達の構図っていいですね。

ふむふむ。
一度でたくさん楽しい領域。
SE120に頑張ってもらおうかな。
腕がいいですねぇ。

びっけパパさん
そうですよね!
同じ撮るならオマケの多い領域撮りたいし、
予想外の物が写っているとラッキーですよね。
SE120で頑張って撮ってくださいね。

おりおんさん
任意の局所だけブルーを強調する方法が少し分かりました。
今回と前回の銀河で試してなんとなく出来たのでは!
これからの画像処理は自然体の色彩を求めて作業します。
これで少しはおりおんさんに近づいたかも?!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/59317721

この記事へのトラックバック一覧です: M106 大きくて明るい銀河だが・・・・:

« M109 淡い銀河 | トップページ | M4 と言えば »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31