フォト
無料ブログはココログ

« M35 & NGC2158 | トップページ | IC443 赤いマッシュルーム? »

2014年12月 4日 (木)

IC 2177 & 南極老人星

今年何回目のカノープスだろうか!

ラッキーと言うか何度も見ると逆にアンラッキーなのではと・・・・・・心配になってしまう。

湿度の高い夜空の割によく見えた。


今日のメインはテナーにとって画像処理難度AクラスのIC 2177 おおいぬ座の

散光星雲 通称『わし星雲』とか『かもめ星雲』と言われ頭のあたりはM42に似ている。

*ウィキペディア
 日本ではわし星雲  英語ではSeagull(かもめ)の愛称
  もう一つのわし星雲はM16 へび座 あの創造の柱がある星雲

そこらじゅうにコンドルが、イヤわしが飛んでいる・・・・・
 


今まで何度も処理するが滑らかな赤い星雲にはならない。

過去の処理に比べ少しはマシな画像になったとは思いますが?・・・・・・



IC 2177 わし星雲 おおいぬ座
New7sti141129tiffdppafltrjpco 
2014.11.30 01h53m19s~
タカハシ FS60CB F6 355mm フラットナー
VIXEN SXP
ガイド鏡 ORION D80 F4 NexGuide
Canon Eosx2改Seo-Sp3 180秒x8枚 ISO1600
LPR-Nフィルター
STI6.5 ダーク他 DPP フラットエイド ペイント
In DouDaira


この秋から3回目のご対面 南極老人星 何回もご対面すると長寿あやかり効果は

薄れてしまうのではと思いながらも‘見えた、見えた‘と大はしゃぎ!!


カノープス 
Img_9058a


カノープス 拡大
Img_9061
2014.11.30 01h59m31s 
CanonEos 40D 10秒 F4 50mm(Sigma17~70mm) ISO1600
KenKo Proソフトン  Jpeg1枚


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけるととても幸せ

« M35 & NGC2158 | トップページ | IC443 赤いマッシュルーム? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

♪かもめぇ~が飛んだぁ〜♪かもめぇ~が飛んだぁ〜♪
難易度Aとおっしゃりながら、みごとなかもめが飛んでるじゃないですかっ!
口のあたりの色合いや星雲の濃淡による立体感、星の色、すばらしいですね。
3分8枚でこれはすごい。構図も355mmでちょうどいい感じですねー。
カノープスほど見えてうれしい星ってないですよねぇ。

大きく羽を広げていいあんばいに仕上がってますね。
カノープスもよく見えて何歳まで生きるつもりですか?(笑)

かもめ星雲、FC60Bでちょうどいい構図でピントもばっちり。
わたしも望遠レンズで何回か撮ったことがあるのですが、ピンボケだったりで
未だ作品になっていない対象です。
ヨンニッパだと少しはみでそうですが、雲の切れ間があったら
優先して撮ってみようと思います。

いい仕事してらっしゃる。
色とりどりでカラフルな領域だと分かります。
以前に一度撮ったような気がしますが、画像が残っていません。
確か惨敗だったので消してしまったのでしょう。

赤いのがもぉ無いなぁ、と思っていたらIC 2177とな!
綺麗に羽を広げている、素晴らしい仕上がりで、ガスねぇ。
次回参考にさせてもらいます。

カノープス3回見たんですかぁ!
3×20で、あと60年寿命が延びました。はアッハハッハハ!!

 カノープス、見たことがありません。長生きしたいので、この冬のテーマにしてみようかな(笑。
 比良の丘はじめ、所沢近辺の撮影地は南(東京方面)が明るいので、IC 2177は無理そうです。遠征して撮りたい対象ですね。

おりおんさん
今、木に登って下りてきたところです。
甘露なコメントに感謝!
3年続けて撮っていますが満足のいく処理には至らず、
今回は抑えて抑えて我慢の処理、それでも赤だしが強すぎたかな?
泥沼に片足ヅッポリです。

びっけパパさん
丁度FS60CBの355mmに画角はピッタシでした。
カノープスは9月は4時、10月は3時今回は2時頃と南中のシャッターチャンスが
早くなっていますから湘南の海辺でトライして下さい。

雲上さん
IC2177は結構大きな散光星雲で写しやすいですが
滑らかな赤の色合い出すのが難しいですね。
是非、機材美豊かなドラム缶レンズで参考になる画像をお願いいたします。

悠々遊さん
シリウスが見えれば撮影方向は大丈夫ですね。
大きい星雲ですから45秒X二桁枚数で結構いけるでしょう。
年内の最後のターゲットはIC2177で締めくくって下さい。

山口のじぃ様
この時期赤物の代表はバラ星雲に目がいってしまいますが、
勿論クラゲも赤物の代表の一員。
クラゲで大成功されたじぃ様向きのターゲットIC2177だと思います。
この星雲見れば見る程、キングギドラそのものなんですがね〜!
あと60年、エェー60年・・・勿論頑張りますよ、じぃ様とご一緒に!

いっこうさん
この星雲は南天のシリウスの近くですが、シリウスが
余りにも明るいからその周囲は暗いのではと勘違いしてしまいますね。
今度遠征して数々の赤い星雲とカノープスを一網打尽にしましょう。

よく撮れてますよ。かっこいいな~。これも撮ってみたいです。
フラットナーを使うと、やっぱり違いますか?

ヤマボウシさん
拡大すると周辺は少し歪んでます。
ガイドが安定すればより効果が有るのかもしれません。
有り、無しで撮り比べてないので何とも言えませんが
信ずるものは何とやら・・・
参考にならなくてすみません。

こんにちは。
わし星雲。1枚にぴったり収まっていて素晴らしい構図ですね!

翼を広げて飛んでいるかのようです(^^;

シリウスの左くらいの場所ですよね。
今度挑戦してみます。

カニさん
リコメント遅くなりすみません。
FS60CBでちょうど良い画角ですが、この画像隅にゴミ付着のため若干
トリミングしてます。
カニさんの魔女の横顔ぐらいの露出をかければメリハリのある
かもめ星雲になると思います。
一度お試し下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/58177750

この記事へのトラックバック一覧です: IC 2177 & 南極老人星:

« M35 & NGC2158 | トップページ | IC443 赤いマッシュルーム? »