フォト
無料ブログはココログ

« ジャック彗星 韋駄天ぶり | トップページ | M33 再処理 »

2014年8月26日 (火)

M31 再処理

8月も終わりに近づき、やり残したことだらけ、というかやりたくても

出来ない状態でした。

そこで心新たに秋の星空を迎え撃つために秋の代表M31を

再処理してみる。

目的はこのブログで皆様から得たフラット補正、トーンカーブの使い方

その他諸々です。

でも!結果は無残、進歩なし、新たな課題として飽和を改善できる方法を

身に着けなければ・・・・・・・・・・



元画像は昨年8月に戦場ヶ原で撮影

下はステライメージ6.5にDPPとフラットエイドを追加して再処理

New13113810si_dpp
タカハシFS60CB 5分6枚 総露出30分 ISO1600 
2013.8.10 23h05m33s~

背景はブルーが強く輪郭を出すためコントラスト強調すると飽和が増し

この飽和を改善する方法を見つけなければ!

 『どなたか ヒントを』



下は同じ夜の3分4枚 ISO1600ステライメージだけで昨年処理した画像、

縮小のサイズがちょっと違いますがご勘弁。

背景は下の画像の方が違和感ないですね。総露出時間30分と12分の差が

どこに出ているのか分からないです。



New1m31_180x4iso1600_13810aa

まだまだ勉強を続け9月はM31を綺麗に撮りたい!


機材説明

M31  戦場ヶ原
2013.8.10 22h41m50s~

主鏡   タカハシFS60CB F6 フラットナー
ガイド  ORION D80㎜ F5 NEXGUIDE
赤道義 VIXEN SXP 直焦点
カメラ  CANON EOS X2 改SEO-SP3
露出   3分×4枚 ISO1600
ステライメージ6.5 ダーク レベル トーン他


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

« ジャック彗星 韋駄天ぶり | トップページ | M33 再処理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

M31はなかなか処理の難しい対象ですよね。
中心部と淡い腕の輝度差がとても大きいし、微妙な色合い調整にも悩みます。
でもかなり良い具合いに仕上がっていると思いますよ。

ところで処理にはマスクを使われていますか?
飽和を抑えながらコントラスト強調するにはマスクを使うのが有効だと思います。
この場合のマスクは、画像をモノクロ化して白黒反転させたようなものです。
背景のブルーを抑えるのも、同じようなマスクを使えばできます。

でも私はステライメージでもマスクの作り方や使い方は分かりません。
ごめんなさいね。

いい感じなアンドロメダじゃないですか。
淡いところもしっかり出てますねー。
やまねももんがさんのおっしゃる通り、マスク処理がいいと思います。
もし、されてないのでしたら「ステライメージ、マスク処理」で検索するとたくさん出てきますよ。
私もステライメージではマスク処理しないもので(^_^;)
背景のブルーはレベル補正でRGBをいじって左側の山を揃えるか、もしくはトーンカーブでBを少しだけ下げるか ですね。
やまねももんがさんのおっしゃるように銀河に影響が出ないようにマスクをかける方がベストだと思います。

テナーさんも8月は成果なしだったようですね。(まだ終わっていませんが・・)
ステライメージVer7になると、オートストレッチでいとも簡単に背景を合わせられるのですが、
それ以前はトーンカーブのRGBに背景レベルのポイントを打って、各レベルを合わせていました。
マスク処理はマルチバンドシャープ処理にしか使った事はないのですが、
総露光時間(撮影枚数)をもっと増やす事により、各種処理に耐える元画像を得られると思います。

やまねももんがさん
M31は写しやすいが処理は難しいですね。
マスク処理は気になっていたんですが未だかつてマスクはしたことありません。
これを機会に試してみます。
ソフトもステラだけなので皆さんのブログををたどれば解決できるでしょう。

おりおんさん
9月に向けて画像処理の練習にM31を取り上げましたが実はM33と迷いました。
M33を選択しなくて良かった、何故っておりおんさんのこてこてM33を見てしまうとね!

矢張りマスクですか! ひとつ力入れてやって見ます。
レベルでは山と壁はきっちり合わせましたが、つい欲張ってトーンカーブでブルーをいじってますね。 反省です。
次の練習台はM33

雲上さん
やり残したことは1年後にとほぼ諦め状態です。
以前にもトーンカーブのポイント打ちを教えていただき実行してますが
それ以上に負の作業をやってしまっているようです。
それなりの画像作るには、より暗い撮影地をで枚数量産で総露光時間を増やし
しっかりしたライトフレーム作りでしょうね。
と言いながらも雲上さんのように市街地でしっかりした撮影されているのですから
画像処理の技を身に付けないと。

見応えのあるM31ですね。
ISO感度を抑えてたっぷり露光すると、きれいな姿を見せてくれるのですね。
マスク処理を習得してワンランク上を目指す意欲に拍手!
怠け者には眩しすぎる・・・。

悠々遊さん
人生ロスタイムに入ると色々急いでしまうのですよ!
今やっておかないと、と強迫観念のような物ですね。

秋の夜空の予行演習しておかないと不器用だからダメですね。

私もいつもはマスクはPhotoshopでやるのでステライメージでやったことがありません。
ステライメージ6.5でマスクをする方法を考えてみました。

画像を、「画像」→「複製」で複製します。
複製した画像を「画像」→「モノクロモード」でモノクロにします。
その画像に「フィルタ」→「ミニマム/マキシマム」のミニマムで適当に恒星を消します。(M31の中心部が残るように)
その画像を「階調」→「反転」で白黒反転させます。
で、処理したい元の画像に戻り、「選択範囲」→「選択マスク設定」で「選択マスクを使用するにチェックして、さっき作ったモノクロ画像を設定します。

これで、M31の中心部が選択マスクされましたので、他の部分の画像処理をすればOK!!

で、どうでしょうか?

まるこうさん
いやいや!ありがとうございます。
皆さんステラでマスク処理しないようですね。
テナーはステラしかないものでまるこうさんの処方箋で
試してみます。

天候回復しないと自習ばかりで良いのか悪いのか。

いーなぁ〜
うらやますぃなぁ〜
素人には大差がない画像で語れるのいーなぁ〜
仲間に入りたくてもわかんねーしなぁ〜
つかさ、6時過ぎで暗いし夏終わったね。
どんどん日の入りが早くなるのってどお?
晩年?
なんだかなぁ…
夜空見上げるのはやっぱ人肌恋しい季節がいんだよね?
ほぇ〜 黄昏感満載の毎日、やっぱ星観てデカイもんに包まれるのがいっかね。
禁煙してから ども調子わりぃ。
タバコ吸いて〜
酔っ払いで、すんまそん。

もんじゃばさん
そうですね、明るい時間が短くなり夜遊び人間にとっては
これからが本番。でも天気次第っていうのが悩みの種

禁煙継続中のようですがもうすぐ落ち着くでしょう。
秋の夜長は一杯やりながら星見が1番。

テナーは胃の検査で当分禁酒です。

こんばんは。
おりおんさんのBlogを出入りしている、なかなかいいというものです。

最近、連続して撮影に遠征したりして、今は画像処理に悪戦苦闘しておりますΣ(゚д゚lll)

なかなか諸先輩方のような綺麗な仕上がりにはならず、Blogを見せて頂いて、勉強中なんです。


アンドロメダ。

憧れの天体ですー

昨晩も、処理に勤しんでいましたが、到底このレベルに達するところまでは辿り着けず。。。

また、頑張って処理しよーっと、元気をもらえました*\(^o^)/*

なかなかいいさん
ブログにお立ち寄りいただき有難う御座います
テナーも皆様のブログから撮影、画像処理のヒントを頂きながら
夜遊びを続けています。
なかなかいいさんのブログ拝見させて頂いております。
すばるの画像処理の比較、馬頭星雲は素晴らしい出来映えですねえ。
近くに画像処理の先生がいらっしゃるのは羨ましい限りです。
これからもよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/57195405

この記事へのトラックバック一覧です: M31 再処理:

« ジャック彗星 韋駄天ぶり | トップページ | M33 再処理 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31