フォト
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

太陽 月 バッタ

今日は午後から太陽が顔を見せた。

昨日も夕方から晴れ間が見え月が顔を出しダメ元で65km先の撮影地に

出かけたが、 案の定、との当然、あの唖然、山の中で雨が降ってきた。

想定内のことなので130kmのドライブと思えば腹も立たない。

今日の夕方からの天気は昨日のパターンと同じようなので久しぶりに

ニワトリだ~~~

機材の設置が楽しい!  満足!満足 !

黒点が活動中のようなので金環日食以来の太陽撮影

フィルターは何処!!アダプターがない!あたふたあだぷたー!

今日はテンションあがってびっくりマークが多いです!


Img_4193
2014.8.31 15h50m16s 
タカハシ FS60CB F6 エクステンダーX2 700mm
VIXEN SXP 太陽追尾 ソーラーフィルター手作り
Canon Eos X2改Seo-SP3  EOS Utility
1/320  ISO200   
薄雲がかかる


明るい中でのピントは合わせにくいのでパソコンを持ち出しモニターで確認する。

ニワトリだからこそ出来る技。

イレギュラーおりおんショット?
P1040694


これはおりおんショットと呼んでいいのでしょうか?

おりおんショット認定いただけるのでしょ~~か?



見上げれば月齢5.5の月が雲間からうっすら見えるので鏡筒を向けるが

午後4時過ぎでは明るすぎて!

Img_4199
2014.8.31  16h12m39s
露出1/125  IOS200
機材は太陽と同じ

久しぶりに撮影出来ご機嫌、あたりが暗くなると月、土星&火星が見えるが

前の家のとんがり屋根に隠れて撮影が出来なかったのは残念。

おまけ 午前中一服場所で飛び跳ねていたオンブバッタ

オンブバッタ1号
P1040683

オンブバッタ2号
P1040698

2号はオンブバッタではないかも!


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただけると少し幸せ

2014年8月30日 (土)

M33 再処理

恨めしく夜空を見上げる日々が続いています。

画像再処理のトレーニングも効果が見えずというか他にやる事ないのか~~?

ないで~~す。

昨年8月、M31の後に撮影したM33を再処理

お〇お〇さんのこってりM33を参考にしてみるが技の差、赤ポチポチは

当然出ないのが当たり前! マイルド路線に変更して再処理


再処理 M33  3分×4枚 ISO1600 ステライメージ、DPP、フラットエイド
New4m33_si180x4_1600dpp_14829


再処理 M33 5分×3枚 ISO1600 ステライメージ、DPP,フラットエイド
New3m33_13811si_dpp300x3

下の画像の元データを使用してDPP,フラットエイドを加えて処理

5分x3枚より3分x4枚の方がマイルドで雰囲気は出ている。

昨年8月に画像処理した元画像 少しトリミング
New1m33drgbclt5313811


総露光時間をもっとかけて次は皆様にご教示いただいたマスク処理を

加えてみましょう。

再処理で得たものは????

機材はM31と同じ(省略)



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただくと少し幸せ

2014年8月26日 (火)

M31 再処理

8月も終わりに近づき、やり残したことだらけ、というかやりたくても

出来ない状態でした。

そこで心新たに秋の星空を迎え撃つために秋の代表M31を

再処理してみる。

目的はこのブログで皆様から得たフラット補正、トーンカーブの使い方

その他諸々です。

でも!結果は無残、進歩なし、新たな課題として飽和を改善できる方法を

身に着けなければ・・・・・・・・・・



元画像は昨年8月に戦場ヶ原で撮影

下はステライメージ6.5にDPPとフラットエイドを追加して再処理

New13113810si_dpp
タカハシFS60CB 5分6枚 総露出30分 ISO1600 
2013.8.10 23h05m33s~

背景はブルーが強く輪郭を出すためコントラスト強調すると飽和が増し

この飽和を改善する方法を見つけなければ!

 『どなたか ヒントを』



下は同じ夜の3分4枚 ISO1600ステライメージだけで昨年処理した画像、

縮小のサイズがちょっと違いますがご勘弁。

背景は下の画像の方が違和感ないですね。総露出時間30分と12分の差が

どこに出ているのか分からないです。



New1m31_180x4iso1600_13810aa

まだまだ勉強を続け9月はM31を綺麗に撮りたい!


機材説明

M31  戦場ヶ原
2013.8.10 22h41m50s~

主鏡   タカハシFS60CB F6 フラットナー
ガイド  ORION D80㎜ F5 NEXGUIDE
赤道義 VIXEN SXP 直焦点
カメラ  CANON EOS X2 改SEO-SP3
露出   3分×4枚 ISO1600
ステライメージ6.5 ダーク レベル トーン他


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月24日 (日)

ジャック彗星 韋駄天ぶり

期待の週末も星空見えず

バッテリーもカメラのゴミも取り除き準備万端だが・・・・・・

ところで恥ずかしながら前回のジャック彗星のコンポジットがおかしかったので

確認してみると、やはりおかしかった。

再処理で後日ブログに


今回のジャック彗星は移動量が大きくな韋駄天彗星

前回30秒 12枚 総露出時間なんと6分  短~~い!



6分間の移動量を下の画像でわかるでしょうか! (拡大率200%)

3分毎の画像です。(インターバル有)




Img_4110aa
  

              ↓
              3分
              ↓

Img_4115

              ↓
              3分
              ↓


Img_4120

拡大しすぎて画像が悪くて分かるだろうか?


夏の最後の新月期、週末は晴れてほしい。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月22日 (金)

ジャック In田圃畦道

ジャック・バウワー まさか! ジャック・スパロウ とんでもない!

やっとご対面ジャック彗星

注:JackではないですねJacgues ブラジル人のお名前?

昨年11月23日にアイソン彗星を最後に写してから9か月目、新たな彗星に

会えてうれしい。

光害と高温多湿もなんのその・・・・・・田圃畦道へ

平日の夜遊びは時間限られ撮影は短時間露出、コンポジット枚数増

ノータッチでお急ぎ撮影に徹したが無残な結果を見る。

久しぶりのぐるぐる撮影も同時進行



ジャック彗星(C/2014 E2)
Cocosi2014819
どこに見えるの!ジャック彗星  どこ~

2014.8.19 23:49:59~
タカハシ FS60CB 355mm フラットナー
VIXEN SXP 
Canon Eos×2改Seo=Sp3
30秒×12枚 6分 ISO1600 ノータッチ
S I 6.5   DPP処理  彗星基準コンポジット 

処理後の画像よりカメラ裏液晶での確認画像の方がはっきり見えた。



そこでJpeg1枚物をDPPで処理
Coco4111
コンポジット画像と比較して大差ないですね。
Jpeg1枚の方が素直な感じ。

このJpeg画像を無理やりトリミング
Coco41112
荒れた画像になってしまった。

30秒の露出ではこの程度と納得しつつもウゥーム!!??

久しぶりの夜遊び3時間で気持ちは満たされたが

しっかりしたジャック彗星の雄姿を写さなければと心残りが後を引いてます。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月20日 (水)

光害ぐるぐる田圃畦道

8月19日の昼は雲ひとつ無い夏空が広がり、星空が期待できそう。

            遅くなったが帰宅後

機材を積み込み久しぶりの夜遊びに出かける。

            見上げれば星空

平日の夜遊びは避けていたが、今回はそんなことを言っている場合じゃないよ!!

行先は田圃畦道、街路灯、高層ビルの町明かり、光害、光害ここは大きな町の郊外

機材設置始めるとなんと頭上は雲に覆われ北極星も隠れウゥーム!

明日仕事だし帰るか!いやいや少し粘るか!湿度99%機材設置でシャツは

汗まみれ、ここが判断のしどころ・・・・・・・ダメ元でと思いきや!

北極星が見え始めた。

久しぶりにぐるぐるの準備をし光害、高湿度でもぐるぐるなら撮れるでしょう

Output_comp40d
2014.8.19 23:06~
Canon Eos40D無改造 SIGMA17-70 17mm ISO1600
露出30秒×120枚 60分 JPEG SiriusCompで比較明合成
DPPで調整 歯抜けのぐるぐるに見えますが元画像はきっちり
円周を描いています。

やはり光害と高湿度で冬のぐるぐるより星数が少ないですね!
まあ久しぶりの夜遊びに満足。

勿論直焦点でも撮影してます。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月17日 (日)

花火克服対策委員会

星空が見えませんね

2月の大雪から6か月、何回出撃しただろうか?


ネタ切れ状態の中、夏の風物詩 HANABI・・・・・・主役は琥〇朗君

彼は最近怖いものを知るようになり去年は花火を掴んで振り回していたが

今年は怖いものの一つにHANABIが組み込まれてしまった。

そこで、恐怖の花火克服対策委員会はガレージ大花火大会を開催

町内のBON-ODORIを見てから対策委員会は舞台をガレージに・・・・・

彼の花火恐怖心を取り除くことがはたして出来るのでしょうか
                ・
                ・
                ・
                ・
         
 
P1040630

はじめ逃げ回っていたが、そこは男の子慣れれば次から次へ

ドヤ顔で・・・・・玉屋~~~~

P1040639

おぉーどうしたどうした、煙・・・・・・・・・・

忍者はっとり君になった琥〇朗君はなおも花火を持ち続ける

根性をこの夏しっかり手に入れたのでした。


イヤーあちらの国の花火は火の吹き出しより煙の方が断然多く

どんより沈んだ外気に煙が停滞、道路の上をモクモクたなびく煙が

町内を包んでしまった。

消防車が来ないことを願って花火克服対策委員会の使命は目標達成。


   =星空取戻し対策委員会をどこかで設立願います=



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月14日 (木)

鳥か !

満月期を過ぎスーパームーンもペルセも不発に終わり8月は後半に

期待したいですね。

夏の朝は朝露に濡れた草花で迎えますが今年は大気の湿度が高いまま

朝となり草花に露がついていない状態。

夜遊びにも行けず、ストレス満タンで胃の痛みが治まらないのでアルコールも

控え目。

そこで、またまた箸休め!

チョット変わった鳥が!

P1040614

先日の台風余波で散らかったガレージを清掃、見上げるといつもの

アレも風雨に飛ばされることなく健在な姿が電線上に確認。

今は電柱の向こう側は駐車場になっていますが10年前まで杉などの林でした。

P1040616

正体は林を伐採するとき電線が杉の木を貫通したままの大ぶりの枝を

そのまま残したため、時々隣に鳩、シジュウカラ、スズメなどが並びます。

ネタ切れ状態で夜は寝たきり状態にならないよう寝ている場合じゃないテナーは

これからマイクロソフトICEの練習、教材の背景を公園に撮りに行きます。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただけると少し幸せ

2014年8月10日 (日)

残りの地味メシエ 

台風11号の被害がないよう願っております。

あのすばらしい夏の夜空は何処へ行ったんでしょうね。

台風の後は満月期、スーパームーン、ペルセウス流星群夏の

風物詩のイベントも湿りがち!!


掲載するには無理がある画像を箸休めということでアップしました。

勿論、地味天



M10  球状星団 へびつかい座  光度7.3等
M10_3999
Canon Eosx2改 60秒 ISO1600 JPEG 1枚出し
DPP 少しトリミング

構図しっかりずれている!




M12 球状星団 へびつかい座  光度7.6等
Kka_img_4003_120_1600
Canon Eosx2改 120秒 ISO1600 DPP トリミング
JPEG1枚出し 

へびつかい座にメシエ7個ある内の2個



M34 散開星団 ペルセウス座  光度5.5等
Xxm34si_dppimg_4034
Canon Eosx2改 120秒 ISO1600 JPEG1枚出し
SI6.5 DPP

ペルセウス座の星団ではOさんのブログにある2重星団(hχ)が有名で

M34は明るい割には地味天。

3点ともRAWで10枚撮っていますがガイド不足もありJPEG1枚の処理

に分があるがS I 6.5を使うと全体に赤みが広がる。

使用鏡筒 R200SS F4
2014年 7月24~26日





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ←ここを押していただくと少し幸せ

2014年8月 6日 (水)

メシエハンター M52・・・

週末に見事な漆黒の夜空が見ることができません。

7月25.26日のJPEG1枚出し 田圃畦道で大気状態の悪さ

ガイド使えずのやっつけ撮影、ぐだぐだの画像最終版

M52 + NGC7635
M52cocom5214726
Canon Eosx2改 120秒 ISO1600 JPEG1枚出し

構図にも気を使わずテンションの低さを物語る

赤い星雲を強調すると画像全体に赤が広がり露出がもう少しほしいところ


M13  小さめのM13
M13cocoimg_3986_2
Canon Eosx2改 60秒 ISO1600 JPEG1枚出し
少しトリミング

M15  もっと小さめのM15
M15cocoimg_3907dpp14725
Canon EosX2改 30秒 ISO1600 JPEG1枚出しDPP

ノータッチ 短時間でのメシエ集めもしっかりガイドし露出をかけないと

いけませんね。3点ともR200SS使用 露出の違いが一目瞭然


満月期が近づき夜遊びもひと休み状態になりますが、先週から

体内にアルコールを浸み込ませるとチョット違和感

アルコールを遠ざけての満月期 じっと我慢???

お盆も来ることだし少しぐらいは良いでしょう。


















にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31