フォト
無料ブログはココログ

« 再画像処理 懲りずに北アメリカ | トップページ | 工作 2 保温グッズ »

2014年7月21日 (月)

工作 鏡筒フード

月齢22の週末、相変わらず曇り空、時々雷

こんな時はあまり得意ではない工作で気を紛らわすのが一番

前から気になっていた鏡筒フードを作成

『段ボール100均材料簡易湿気吸収型今風仕様』

段ボール、方眼紙、墨汁、無光沢ビニテープ、万能接着剤、のり

銀マットと少しの労力。

筒内の墨汁の臭いに子供の頃を思い出し、当時と同じように

指先は墨汁だらけ


ゴミ箱!?! R200SSの簡易段ボールフード
P1040591_2

鏡筒内部は墨汁で塗ってあるが遮光の程度はどの程度か次の

星空で確認
P1040594_2


全長が1.3倍になりました。  巨砲R200SSカッコいいです。

開口部は真円ではありませんが見た目より効果に期待

風に相当影響受けそうですが、風があるときは湿度も低いので

手持ち市販既存品で対応か装着しない。
P1040595_4

おまけ!?!
1040596_2


鏡筒にまかれた茶色のコードは水道管凍結防止ヒーター

一昨年ホームセンターで980円で購入、難点は電源が100V。

屈折60mmとガイド鏡80mm、カメラなどの結露対策グッズの

電源も考えると特に冬場は厳しい。

屈折とガイド鏡、カメラは12Vのパソコン周りの防寒グッズUSB仕様

をばらして加工、使用しています。

コストパフォーマンスは高いので次の機会に掲載いたします。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へここを押していただくとちょっと幸せ

« 再画像処理 懲りずに北アメリカ | トップページ | 工作 2 保温グッズ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

 長さがこれだけあれば天頂付近以外だと夜露は大丈夫じゃないですかねぇ?
場所にもよるのかなぁ。私は庭撮りですが、赤道儀、カメラ、などがビチャビチャの時に
主鏡面は大丈夫だったので、楽観はしてるのですが・・・。冬かぁ。
「パソコン周りの防寒グッズ」の利用。これは興味ありで、ガス。待ってます。

山口のじぃ様
今まで反射鏡の主鏡に結露で悩んだことないいんですよ

自作フードがおしゃれかな感覚で作りましたが、60mmと80mmの
屈折用に作った方が実利があるでしょうね。

何しろ早く夜遊びに行きたいです。

安くて立派なフードができましたね。
少し長めなので取り付け時に傾かないように注意ですね。
(斜めだとフードによるかげりが出るかも)
わたしはR200SS用だけは自作の露吸収フードでは無く市販品を使っています。
湿度の高い越後でも、なぜかR200SSの鏡が曇ったという経験はありません。
ヒーターは無しでいけると思いますよ。

雲上さん
そうなんですよ、まだ現地で主鏡が曇ったことがないいんですよ。
反射使っている人のブログで自作フード良く目にしオシャレてな感じで
連休の箸休めで作りました。普段は市販の物使ってます。
ソロソロ主鏡を洗浄したいのですが雲上さんの7年無洗浄を見習ってあと数年
洗浄は封印です。

白い巨塔・・・じゃなくて白い鏡筒に銀のフード。かっこいいですね。
私はずっと屈折派ですが、レンズに夜露の経験者です。
それ以来冬場のキリバイカイロは必需品になりました。

悠々遊さん
反射鏡用は気休めです。屈折の方が防露対策が必要ですね
キリバイ懐炉探しましたがget出来ず残念。
オリル懐炉をカメラに使ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2034580/56853898

この記事へのトラックバック一覧です: 工作 鏡筒フード:

« 再画像処理 懲りずに北アメリカ | トップページ | 工作 2 保温グッズ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31